急に売れ始めた人が変えた「あること」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八百屋さん、スイーツショップなど、
どんなものを扱っているのか、
売っているのか、わかりやすいですね。

その一方で、どんな仕事なのかが
その仕事に関わっていない人には
理解されにくい、というものもありますよね。

そういうお仕事では、
あることを変えただけで「売れ始める」ことが起こります。

売れるコツ・1
「お客さんが使う言葉」を使う

 

たとえば、わたしがやっている、コンサルティング。

多くの方にとっては、
実際にはどんなことをするのか、よくわからない。
ちなみに、わたしの家族は、
今でもわたしの仕事内容を理解していません(^-^;

「コンサルティングを受けよう」と
最初から考えるのではなくて、
「●●について相談したい」が一般的な表現ですよね。

だから、私の場合であれば
会社の業績アップのご相談を受けています、とか
起業をうまく進めるためのアドバイスをしています、とか。

こんな感じで表現すると、
コンサルティングというよりも、
提供している内容を理解してもらいやすい。

 

売れるコツ・2
「専門用語」を使わずに、
仕事内容を説明する

 

カウンセラーやコーチ、●●アドバイザー、
セラピスト、▲▲コーディネーターなども、
何をしている人なのか、お客さんには伝わりづらいですね。

もちろん、いろいろな士業・専門家も同じ。
(たとえば、税理士と会計士の違いを知っている人、少ないですよ。)

自分ではわかっていても、
お客さんには、その仕事の内容や
どんなことをするのか、がよくわからない。

わからないと難しそう・・・と思ったり
わたしには関係がない、とスルーされたり。

仕事内容がわからないから、
どんなときに仕事を依頼すればいいのかも、
もちろん、わからないんです。

そうなると、
お申込が入らない、集客できない状況に
なってしまいかねません。

 

そういうときには、
肩書や資格の名前にこだわるよりも、
【どのような結果や成果】が得られるのか、を伝えると、いいですよ。

  • ●●についての、悩みが解決する
  • ▲▲の適切な選び方が分かる
  • ◆◆の分野に詳しい

など、具体的な表現がいいですね。

 

あなたのお仕事の内容を
さらにわかりやすくするには、
どんな表現がいいのか。

ぜひ、しっかり考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強引ではなく、お客さまの心を動かして 新規のお客さまを増やしたいと思いませんか?



集客に悩んでいます。お客さんが増えなくて困っています。
こんなご相談を聞くたびに、起業の楽しさ、醍醐味をもっと知ってもらいたいと思います。

最近、女性起業家さんのブログなどを見ていると、売上アップ・集客ということをためらっている方、迷っている方、やはり多いですよね。

あるいは、小手先だけのノウハウに振り回されてしまって、時間をムダにしている方が増えているように感じます。

「新規のお客さまを増やしたい、女性のための集客力アップ・メール講座」をお届けしています。このメール講座は、起業相談(有料)や数カ月間の起業サポートのなかでお伝えしていることがベース。無料ですが、集客のために知っておきたいことを、たっぷりお伝えしています。
​​
より多くの女性起業家さんに、役に立つ情報を知ってもらう機会を増やしたい。
​せっかくの起業で、悩んだり、苦労を感じる時間をできるだけ短くしてもらいたい。
​このように考えて、本来は有料でご提供していたものを、今回は、無料・プレゼントとしています。

今すぐ、こちらのボタンをクリックして、メール講座の内容をチェックしてくださいね。


 

集客力アップ・メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*