自宅で起業しているときの、経費の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

女性起業家さんのなかには、
自宅を事務所としている方、自宅でエステサロンなどのサービス提供(いわゆる自宅サロン)をされている方などもおられますね。

そういう場合、家賃や光熱費の一部を経費にすることができます。
これは、自宅起業・自宅サロンのメリットの一つですね。

 

経費とは・・・

 

経費とは、ザックリというと、仕事のために使ったお金のこと。
ちなみに、収入から経費を引いた残りが「所得」。
(収入-経費=所得)

税金は、所得に対してかかります。(=所得税)
これを課税所得といいます。
税金の対象となる「所得」という意味ですね。

収入(=売上)に対して、税金がかかるのではないんです。
もちろん経費に対しても、税金はかかりません。

とはいえ、税金を少なくしたいから
経費を増やし所得を抑えるというのは、ビジネスの発想としては本末転倒。
必要のないものまで買ってしまって、
結果的に手元にお金が残らない・・・ということにもなりがち。

適正な経費の範囲を心がけましょう。(ちょっと話が脱線したので、もとに戻しましょう)

 

経費の種類には、何がある?

 

  • 交通費:出張や移動にかかった交通費
    (電車、バス、タクシー、宿泊代など)
  • 通信費:携帯電話やパソコンなどのインターネット料、切手代など
  • 新聞図書費:仕事で必要となる本、雑誌など
  • 会議費:打合せのときのお茶代など
  • 事務用品費:仕事で使用する文房具、コピー用紙など
    (消耗品費にするケースもあり)

などなど。。。いろいろなものを「経費」とすることができます。
ただし、経費扱いとするには、その経費を使ったという証明が必要です。
領収証を受け取ることを習慣にしていきましょう。

もちろん、仕事で使ったものが対象ですので、
家計と混同しないように気をつけてくださいね。

 

 

自宅サロン・自宅事務所の場合の家賃・光熱費は?

また、自宅サロン・自宅事務所で忘れてはいけないのが、
家賃と水道光熱費(電気代、ガス代、水道代)。

家賃は、仕事で使用している面積分が対象です。
全体面積と、仕事で使用している面積分の割合を出します。
これを「使用割合(仕事で使用している面積÷全体面積)」といいます。

また、光熱費も、使用割合分を経費扱いとすることができます。

「使用割合」は、むやみに変更するものではありません。
昨年は1/10だったけれど、今年は1/5にしよう・・・なんてことは避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国6カ所・女性起業家セミナー~お客さまが途切れないビジネスをつくる方法

​​​お客さまが途切れない、ビジネスをつくる方法に興味はありますか?

年間100人以上の起業に関わってきて、
ほとんどの方が同じ要因で
伸び悩んでいるな、と思います。

【つまづきポイント】が同じ。

せっかく起業しているんだから、
本当は、自分が望む形に
なってくれると、嬉しいですよね。

実は、【つまづきポイント】の
いちばんの要因は、集客・・・・ではなくて、
そもそも、ビジネス全体のカタチが整えられていないこと。

 

女性起業家セミナーの目的は、2つです

ひとつめは、セミナー時間内に、
「お客さまが途切れない、ビジネス全体の流れ(設計図)」を組み立てること

ふたつめは、あなたに
【愛されて・賢く・稼ぐ】女性起業家への第一歩を踏み出してもらうこと​。

 

小手先のテクニックに振り回されず、あなたのビジネスをうまく進めるための「ビジネスの設計図」を、わたしと一緒につくりましょう。

たった2時間のセミナーですが、セミナーが終わるころには、「あ!今は、これをすればいい!!」ということがわかり、【愛されて・賢く・稼ぐ】女性起業家になる第一歩を踏み出せることでしょう。

 

今すぐ、女性起業家セミナーの内容を確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*