自宅で起業しているときの、経費の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

女性起業家さんのなかには、
自宅を事務所としている方、自宅でエステサロンなどのサービス提供(いわゆる自宅サロン)をされている方などもおられますね。

そういう場合、家賃や光熱費の一部を経費にすることができます。
これは、自宅起業・自宅サロンのメリットの一つですね。

 

経費とは・・・

 

経費とは、ザックリというと、仕事のために使ったお金のこと。
ちなみに、収入から経費を引いた残りが「所得」。
(収入-経費=所得)

税金は、所得に対してかかります。(=所得税)
これを課税所得といいます。
税金の対象となる「所得」という意味ですね。

収入(=売上)に対して、税金がかかるのではないんです。
もちろん経費に対しても、税金はかかりません。

とはいえ、税金を少なくしたいから
経費を増やし所得を抑えるというのは、ビジネスの発想としては本末転倒。
必要のないものまで買ってしまって、
結果的に手元にお金が残らない・・・ということにもなりがち。

適正な経費の範囲を心がけましょう。(ちょっと話が脱線したので、もとに戻しましょう)

 

経費の種類には、何がある?

 

  • 交通費:出張や移動にかかった交通費
    (電車、バス、タクシー、宿泊代など)
  • 通信費:携帯電話やパソコンなどのインターネット料、切手代など
  • 新聞図書費:仕事で必要となる本、雑誌など
  • 会議費:打合せのときのお茶代など
  • 事務用品費:仕事で使用する文房具、コピー用紙など
    (消耗品費にするケースもあり)

などなど。。。いろいろなものを「経費」とすることができます。
ただし、経費扱いとするには、その経費を使ったという証明が必要です。
領収証を受け取ることを習慣にしていきましょう。

もちろん、仕事で使ったものが対象ですので、
家計と混同しないように気をつけてくださいね。

 

 

自宅サロン・自宅事務所の場合の家賃・光熱費は?

また、自宅サロン・自宅事務所で忘れてはいけないのが、
家賃と水道光熱費(電気代、ガス代、水道代)。

家賃は、仕事で使用している面積分が対象です。
全体面積と、仕事で使用している面積分の割合を出します。
これを「使用割合(仕事で使用している面積÷全体面積)」といいます。

また、光熱費も、使用割合分を経費扱いとすることができます。

「使用割合」は、むやみに変更するものではありません。
昨年は1/10だったけれど、今年は1/5にしよう・・・なんてことは避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなことを一生懸命やっていれば、成功できる」そんな勘違いをしていませんか?

誰にとっても、起業は、初めてのことの連続です。

はじめてのことだから、悩んだり、迷ったり、不安になったり・・・それは仕方がないこと。

​●自分の好きなことを仕事にしていこうと思っているのに、具体的な進め方がわからない、

●何をやればいいのか、あれこれと迷っている・自信がもてない

●いろいろやってみたけれど、イマイチ手応えがつかめず、これでいいのかな?と不安になる

●ブログやSNSで情報発信をしているけれど、お客さんが増えなくて伸びなやみ​

●「うまくいっていそうな」人の、SNS投稿をみて、とっても悔しい気持ちになる、見るのがツライ

●売上の浮き沈みが大きくて、このまま、お客さんが来なかったら・・・と気持ちが落ち込むことがある

もしも、ひとつでも当てはまるものがあったら。。。ぜひ、こちらのサイトをチェックしてください。

せっかく起業しているのであれば、遠回りせずに「うまく進める道」を知っておきたいですよね?

今すぐ、ビジネスきらり塾をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*