女性が起業するときに気を付けたいこと~ビジネスマナーを守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

創業塾でお会いした、ある女性のこと。
グループに分かれての自己紹介タイム。お一人が自己紹介を終えられると、即座に「おいくつですか?」と質問をしています。
質問された方も、えっ?(*_*;と困惑顔・・・

めったにしないのですが。。。思わず、注意しました。
「それ、マナー違反ですよ」

 

起業すると、誰も注意しない・指導しない

 

会社や組織で仕事をしていると、組織としてのルールがあります。
また、上司や同僚がいて指導や注意をしてくれることもあり、
ビジネスマナーやビジネス上のルールも身に付きます。

でも、起業すると、自分を律してくれる人がいません。

特に、自分ひとりでサロンをやっているような「ひとり起業」の場合、
注意してくれる人がいないので、
気づかずにビジネスマナー違反やルール違反をしている・・・なんてこともあり得ます。

わたしも、継続的にお会いするクライアントさん・メンバーさんに、
気になったことを指摘させていただくことはありますが、それ以外では、ほぼありません。
(なので、創業塾での出来事は「めったにないこと」なのです。ただ、その女性の場合は、「ビジネスマナー」というよりも、「人付き合いのマナー」のような気もしますが。。。)

 

意外に、女性に多い・・・ビジネスマナー無視

 

ビジネスマナーやルールを無視している人、守らない人は、
女性のほうが多いように感じます。
ビジネス経験の少なさが要因かな。。。とも思うのですが。。。

たとえば、ある人を紹介したけれども、
その後の音沙汰なし、報告なし・・・なんてことは多いです。
紹介した側としては、そのあとどうなったのかな??と気になるもの。
とはいえ、「どうなりましたか?」とお尋ねするのも、タイミングを考えてしまう・・・。

あるいは、紹介したわけではないのに、連絡をして、お願いごとをされている・・・。
(勝手に、名前を出されていて「○○さんは、知り合いですか?」なんて、先方からご質問がきたり・・・(>_<))

 

最低限のビジネスマナーは、守りましょう

 

起業する=自分のビジネスをする、ということ。
ビジネスマナーなど、ビジネスの基本ができていないと、
経営者やビジネスの質・レベルへの評価が下がります。

わざわざ、自分のほうから、
評価を下げるようなことをする必要はありませんよね(^-^;

女性の起業が増えている・・・とはいえ、
ビジネスシーンでは、まだまだ女性は少数です。

「これだから、女性は・・・」と
評価を下げられることがないように、どうぞお気をつけくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*