アイデアを出したいときは、この方法がオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

先日、インタビューを受けました。

なぜ、コンサルタントとして独立したのか、
なぜ、女性の起業サポートに力を入れているのか、
これからやっていきたいこと、などなど。。。

質問という形で聞かれることで
ふだん、あまり意識していないことまで
意識して考えようとするものですね。

 

「考えるスイッチ」を入れる

 

「自分で、自分に質問する」のは、
アイデアを出すときの、いちばんやりやすい方法です。

たとえば・・・
やりたいことは何だろう?
売上を増やすために、できることは何ですか?
お客さんを増やすために、できることは何ですか?というように。

自分自身に質問することで、
頭のなかの「考えるスイッチ」が入ります
これ、脳科学的に言われていることですよ。

売上を増やさなきゃ!とプレッシャーを感じながら考えるよりも、
何ができるかな?と、リラックスした感じで、質問をなげかけていくと、
さまざまなアイデアが浮かびやすくなりますね。

 

アイデアを出すときは、5W2Hで。

 

質問の投げかけ方としては、一般的には、5W1Hがあります。

  • Who(Whom):誰が?誰に?
  • When      :いつ?
  • Where     :どこで?
  • What               :何を?
  • Why                :なぜ?
  • How                :どのように?

ビジネスの場合は、
この5W1Hに加えて、「How much?」も考えるといいですね。
どれくらいの価格で?とか、どれくらいの費用で?などのように。

How muchを加えると、5W2Hで考えることになりますね。

 

効果的な、5W2Hの使い方は?

 

まず、5W2Hの項目ごとに、思いつくアイデアを出していきます
頭のなかで考えるのではなく、紙に書き出すことがポイントです。

それと、最初は、「数」を出すことだけに集中してください。
できれば、これは無理よね?と感じるような
突拍子もないアイデアも出すといいですね。

あえて、項目ごとにアイデアを出していくのは、
考えの偏りや抜けが起こらないようにするためです。

クライアントさんのお話を聞いていると、
「何・What」をやりたいのか・・・のアイデアはあるけれど、
それをどうやってやっていくのか(How)や、
誰(Who)を対象としたビジネスなのか・・・などが抜けていることが多いのです。

ですから、面倒がらずに、5W2Hのそれぞれに書き出していきましょう。

書き出しがおわったら、
そのなかから実行できそうな要素の組み合わせを考えて
実行プランに落とし込んでいきます。

こうやって、アイデアを出し、考えをまとめることを続けていくと
ビジネスの可能性を広げていくことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*