「起業したいのだけれど、モチベーションが続かない」というご相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

「起業したいのだけど、モチベーションが続かない」とご相談を受けました。
そういうときは、無理にモチベーションを上げようとしなくても、いいのでは?と答えたのですが。。。

 

モチベーションとは?

 

モチベーションという単語、目にする機会が増えたように感じます。

モチベーションとは、一般的には「動機づけ」「やる気」と表現されますが、
人が行動を起こすときの原因、また、その行動を維持する働きを意味しています。

モチベーションは、「外発的動機付け」「内発的動機付け」の2つで構成されると考えられています。

外発的動機づけは、「誘因」によって行動を起こさせるものであり、
内発的動機づけは「動因」により、モチベーションアップを目指します。

 

モチベーションが続かない原因は?

 

「起業に対するモチベーションが続かない」といわれた方は、
周りの方が起業している、起業して活躍されているのを見て、
ご自身も起業したいと思われたのかもしれません。

これ、「外発的動機づけ」ですよね。

でも、モチベーションが続かない・・・ということは、
自分自身のなかに、
起業したい、起業することの「動機」が弱いのかもしれません。

つまり「内発的動機づけ」が弱いため、気持ちが続かない。
もう一度、本当に起業したいのか?なぜ、起業したいのか?を
見つめ直すといいかもしれませんね。

起業したいと思ったのは、
もしかすると、本当に起業したいのではなく、
今の現状を変えたいという気持ちの表れかもしれません。

 

モチベーションは、上げる?上がる?

 

モチベーションを上げる、ということもあれば
モチベーションが上がる、ということもあります。

上げる・上がる、一文字違うだけなのですが。。。

個人的には、モチベーションを上げるという言い方には
違和感を感じています。

なんだか、無理に上げようとしている感じがしてしまう。

それよりも、モチベーションが上がる、の方が自然かな、と。
モチベーションを、無理に(不自然に)上げようとするのではなく、
自然に「上がり」、維持されている状態が理想です。

特に、起業に関していえば、起業することは目的ではなく、
起業して自分のビジネスを長く続けていくことが大事。

モチベーションを上げて、取り組まなくてはならないことを
自分のビジネスにしてしまうと、苦しいです。

それよりも、内発的に(自然に)、モチベーションが上がり、
それを維持することができることを、自分のビジネスにしていきたいですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*