起業準備 の記事一覧

起業と資格の関係を考えるポイント

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日のブログ記事の続きです。
※昨日のブログ記事あなたの資格が仕事につながらないのには、ワケがある。

せっかくとった資格を活かしたい!資格を使って起業したい・・・でも、どう使えばいいのかわからないというご相談。

起業するときに、資格をどのように活かしていくか、ちょっと考えていきましょう。

 

資格にこだわりすぎない

 

その資格がなければできない仕事ってありますよね?
たとえば、お医者さん、美容師さん、税理士さんとか。。。

そのような仕事を目指す、
そのような分野での起業を考えているのでなければ、
資格を活かすという発想をいったん横に置いてみてほしいんです。

ちょっと逆説的な考え方に思われるかもしれませんが、
資格を活かすことにコダワリすぎるから、
ビジネスが窮屈になってしまうこともあるんです。

まずは、どのようなビジネスをしたいか、を考えることの方が先ですよ。

 

資格の活かして起業するには、
今までの実務経験がベースとなる。

 

起業の失敗確率を下げるには、今までの実務経験を活かすことがポイントです。

実際に、自分でビジネスを立ち上げるとなると、
資格の有無よりも、実務経験の有無の方が重要なんです。

実務経験を、資格で補強する。
この考え方が、資格を活かしやすい方法です。

 

資格はあるが、その分野での実務経験がない場合は・・・

 

今までにお会いした女性起業家さんの例でいうと。

  • 経理の仕事をしていた人が、ネイリストの資格をとって自宅サロンを開業
  • 営業事務の人が、フードコーディネーターの資格をとって独立
  • 会社員の方が、野菜ソムリエの資格をとって活動開始
  • 同じく会社員の方が、自宅でアロマテラピーサロン(副業)

女性の場合、こういった「キャリアの断絶」のような形で
資格取得⇒起業を目指す人が、けっこうおられますよね。
好きだから、そちらの方が素敵だから・・・。

実は、このような「キャリアの断絶」での起業、
つまり、今までの実務経験とはまったく関係のない分野でスタートすると、
失敗確率が高くなってしまいます。

ですから、資格単独で考えるのではなく、
今までの実務経験との掛け合わせで、事業内容を組み立てることも考えてみましょう。

たとえば、

  • 語学ができるのであれば、外国人を対象とした料理教室をする。
  • アパレル勤務の経験を生かして、ファッションアドバイスの仕事をする
  • 保育士の経験を生かして、ベビーマッサージ教室&子育てアドバイザー

こういう形であれば、実務経験を活かしやすいですよね。

あるいは起業したいと考えている業界に、
いったん転職して経験を積んでみる、というのも一つの方法です。
お給料が下がることは、もちろん仕方がないことですが、
起業の失敗確率を下げると思えば、いい手ですよ。

わたしの知人の野菜ソムリエ・料理研究家さんは、
こだわりの食品スーパーに転職(パートだったかも)して、
1年間、野菜売り場で働いたあとに、独立していましたよ。

彼女いわく、野菜の流通のこと、産地や生産者さんの情報など
本で読んでいてもわからなかったことを、たくさん知ることができた!と言っていました。

実は、成功している人のなかには、
こんな感じで、わざと回り道をしているケースもありますよ。

 

ご注意いただきたいのは、
資格があれば起業がうまくいく、
起業の成功が約束されているワケではないということ。

資格は、道具のひとつに過ぎないのです。
起業してビジネスをうまくすすめるには、
さまざまな要素が絡みます。

それに、起業すると、他の人も同じ資格をもっているので、
資格があることは、強みや特徴ではなくなってしまいますね。

繰り返しますが、資格は道具のひとつ。
それがあれば起業できる、起業が有利になるものではなく、
資格+「あなたらしさ」で、事業内容を組み立てていきましょう。
「あなたらしさ」の部分が重要なのは、言うまでもありませんよね♪

あなたの資格が仕事につながらないのには、ワケがある。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

起業のご相談でよく出てくる話の一つに、
「資格をとったから、それを活かしたい」というものがあります。

資格をとったけれど、それをどう活用すればいいのかがわからない。資格はあるけれど、仕事に結びついていない。こういう悩みの方、多いです。

 

資格をお金に換えられない理由・1
「資格をとることが目的になってしまった」

 

先日、お話したAさん。
資格をとるために、毎月、東京まで通っていたそうです。
(段階的に資格があるそうで、上級クラスになると東京でしかやっていないとか・・・)

そんなこんなで頑張ってとった資格。
でも、イマイチ、仕事になっていない・・・と。

こういうケース、趣味的な資格に多い話。
資格をとったあとに、どのように活用するか、を考えずに
資格をとることが目的になってしまったのです。

実は、これには、わたし自身も経験がありまして。。。

かなり前のことですが、テーブルコーディネートや
カラーコーディネートの勉強をしていたことがありました。
その頃は、勉強していること自体が楽しくて
それをどうやって仕事につなげていくか・・・を、まったく考えていませんでした。。。

テーブルコーディネートのデュプロマや、カラーの資格も持っていますが、
今の仕事では、直接的には活用できてないんです。
その頃の経験や人とのネットワークが今に生きているので、それも良しですが、
それにしても、相当な時間とお金をつぎ込んだものです。。。(苦笑)

 

資格をお金に換えられない理由・2
「需要が少ない資格をとっている」

 

資格をとるときに、
人気があるから、好きだから、なんとなくよさそう・・・など、
イメージが先行して資格を選んでいる人が大半かと。。。

資格としての人気と、仕事があるか、とは別もの。
人気はあるけれども、仕事につながらない資格は、けっこう多いです。

資格をとってみたものの、実際の仕事は、資格取得講座の講師が中心で、
資格を活かしてビジネスをすることができていない、
ということも、よく聞く話のひとつ。
●●●協会のような民間資格では、特にその傾向が。。。

資格を「人生を変える武器」にしたいのであれば、
その資格に対する需要の有無をチェックしたいところですね。

たとえば・・・

  • 資格を取った人がどんな仕事をしているのか
  • 世の中の動きとして、その資格を必要としているだろうか、
  • 求人情報などで、資格が評価されているか

    まずは、そのあたりをチェックしてみてくださいね!

需要・・・という点でいえば、
「難しい資格」=稼げる資格・仕事がある資格、とも限りません。
その点も要注意ですね!

とはいうものの。せっかく取った資格。
なんとか、活かしていきたいと思いますよね。
その点について明日のブログ記事でご紹介していきますね!

起業の一歩を踏み出したい人が、 変えるべき、たった一つのこと

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

いつかは起業したいと思い始めて、数年が経ってしまったという方にお会いすることがあります。

起業したい分野もある、○○をやってみたい。
でも、起業の一歩が踏み出せない・・・。そういう方、けっこうおられます。

その一方で、起業する!と決めて、さっさと始めてしまう人もおられます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

 

起業の一歩が踏み出せない人に、共通していること。

 

起業したいと思っているのに、なかなか、その一歩が踏み出せない。
思っているばかりで行動できない、という方、実は多いです。

そういう方のお話を聞いていると、
起業が現実的なものではなくて、
まだイメージ・想像のなかのものとなっているケースが多いです。

こうなったらいいな・・・という夢や希望を描いている感じ。

 

さっさと起業した女性起業家さんに、共通していること

 

起業する!と決めて、さっさと始めた女性起業家さんたちを思い返してみると、
気づいたことがあります。

わたしがお話をしてきた方に限ったことかもしれないのですが、
ほぼ全員の方が、ご実家がお商売をされていました。
規模の大小はさまざまですが、
ご両親が何らかのビジネスをされているという共通点があったのです。

ご両親・ご実家はそうではないけれど、という場合は
ご主人が会社員さんではなく、
会社を経営されている、自営業であるなどのケースが多いです。

え?わたしは、そのどちらにも当てはまらないわ・・・
起業はムリってこと?なんて、ガッカリしないでくださいね。

ご両親やご主人が、商売をしている、経営者であるということは、
別のいい方をするならば、すでに起業している人が身近にいるということ。
起業が、「想像のもの」ではなくて、
「現実に」接しているものということ、なのです。

 

起業の一歩を踏み出したい人が、
変えるべき、たった一つのこと。

 

起業の一歩が踏み出せないのは、実は、起業が身近ではないから。

起業したらどうなるのか、自分でビジネスをするとはどういうことなのか、
現実的なものとして感じられていないので、不安のほうが大きくなってしまうのです。

不安が大きければ、踏み出したい気持ちがあっても、なかなか行動はできないですよね。
起業したい!というアクセルと、
でも・・・というブレーキを同時に踏んでいる状態ですもの。

起業したい、自分で何かをやりたい、と本気で考えているならば
変える必要あるのは、自分の「環境」
もちろん、起業や経営についての知識や学びも、必要ですが。。。

まずは、「起業を身近に感じられる環境」に身をおくようにしてはどうでしょうか。

たとえば、実際に起業している人の話を聞き、

  • どのような時間の使い方をしているのか
  • どんなことを考えているのか
  • どのような行動ルールや基準をもっているのか
    などに、触れてみてください。

今は、創業スクールや起業塾など、起業した人が体験を話してくれる場がありますよね。
そういうところで、実際の話を聞く機会を増やす、のもオススメです。

そして、起業を考えている仲間をつくってください。
これも、自分の環境を変えるにはオススメの方法です。

起業を、頭のなかやイメージで捉えるのではなく、
起業の現実をつかみ、身近なものに感じられる環境に身をおくこと。
自分の環境を変えること。

そうすることで、起業の一歩を踏み出す勇気が湧いてきますよ。
頑張っていきましょう♪

 

セミナーでの学びを、自分のビジネスに活かす3つのポイント

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

セミナーや講座を受講されることは、多いですか?少ないですか?

わたしの場合、講師としてセミナーでお話させていただくこともあれば、自分自身の学びのために受講することもあります。

せっかく時間とお金を使ってセミナーや講座を受講しているのですから、自分のビジネスへの生かし方を知っておきましょう!

 

ポイント1:
受講の目的をハッキリさせる

 

そのセミナーや講座を受けるのは、
何を知りたいのか?何に対する学びが欲しいのか?を
意識して、受講しましょう。

それを意識しておくだけで、学べるポイントや気づきが増えます。

 

ポイント2:
自分のビジネスで実践するには?という視点で聞く

 

セミナーや講座を受講するときに、
「そんなこと、知っている」「知っていることばかりだ」という
態度で聞かれている方がおられます。

とはいうものの、知っていること・聞いたことがあるのと、
実践して成果を出しているのでは、段階が違います。

知っている・聞いたことがあるけれども、
まだ、自分のビジネスに取り入れていないのであれば、
それを実践するには、どうすればいいかな?という意識をもっていきましょう。

 

ポイント3:
学んだことは、即、実践する

 

セミナーや講座をたくさん受講しているけれど、
なかなか成果が出ないという話を聞くことがあります。

いちばんの原因は、実践していないから。

ひとつ、ふたつでもいいので、まずは即、実践しましょう。
実際にやってみないと、うまくいくかどうか・・・なんて、わかりませんもの。

ちなみに、わたし自身が講師をするときには、
学んだこと・気づいたことを、ひとつでもいいので、
48時間以内に実践しましょう!とお伝えするようにしています。

セミナーや講座を受講したら、その日のうちに(←ここポイントです!)
コレとコレをやってみよう!と手帳などに書き出しておくといいですよ。

わたし自身は、セミナーや講座からの移動時間(電車や飛行機の中など)に、
いつも持ち歩いている「ふせん」に
気づいたこと、試してみることを書き出すようにしています。

その日のうちに書き出すと、記憶・気づきが薄れないですものね。

 

セミナーや講座で学んだことを、実行する人は1割くらい・・・と言われています。
せっかく時間とお金を使っているのですから、あなたはその「1割の人」になりましょう。

「起業したいのだけれど、モチベーションが続かない」というご相談。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

「起業したいのだけど、モチベーションが続かない」とご相談を受けました。
そういうときは、無理にモチベーションを上げようとしなくても、いいのでは?と答えたのですが。。。

 

モチベーションとは?

 

モチベーションという単語、目にする機会が増えたように感じます。

モチベーションとは、一般的には「動機づけ」「やる気」と表現されますが、
人が行動を起こすときの原因、また、その行動を維持する働きを意味しています。

モチベーションは、「外発的動機付け」「内発的動機付け」の2つで構成されると考えられています。

外発的動機づけは、「誘因」によって行動を起こさせるものであり、
内発的動機づけは「動因」により、モチベーションアップを目指します。

 

モチベーションが続かない原因は?

 

「起業に対するモチベーションが続かない」といわれた方は、
周りの方が起業している、起業して活躍されているのを見て、
ご自身も起業したいと思われたのかもしれません。

これ、「外発的動機づけ」ですよね。

でも、モチベーションが続かない・・・ということは、
自分自身のなかに、
起業したい、起業することの「動機」が弱いのかもしれません。

つまり「内発的動機づけ」が弱いため、気持ちが続かない。
もう一度、本当に起業したいのか?なぜ、起業したいのか?を
見つめ直すといいかもしれませんね。

起業したいと思ったのは、
もしかすると、本当に起業したいのではなく、
今の現状を変えたいという気持ちの表れかもしれません。

 

モチベーションは、上げる?上がる?

 

モチベーションを上げる、ということもあれば
モチベーションが上がる、ということもあります。

上げる・上がる、一文字違うだけなのですが。。。

個人的には、モチベーションを上げるという言い方には
違和感を感じています。

なんだか、無理に上げようとしている感じがしてしまう。

それよりも、モチベーションが上がる、の方が自然かな、と。
モチベーションを、無理に(不自然に)上げようとするのではなく、
自然に「上がり」、維持されている状態が理想です。

特に、起業に関していえば、起業することは目的ではなく、
起業して自分のビジネスを長く続けていくことが大事。

モチベーションを上げて、取り組まなくてはならないことを
自分のビジネスにしてしまうと、苦しいです。

それよりも、内発的に(自然に)、モチベーションが上がり、
それを維持することができることを、自分のビジネスにしていきたいですね。

 

 

事業計画のつくり方5つのステップ

昨日のブログ記事で、事業計画には2つある、とお伝えしました

ひとつは、金融機関などから資金調達をするときに見せるもの。
つまり外部の人に、あなたの事業を説明するためのものですね。

もうひとつが、あなた自身のために作るもの。

では、事業計画を考えるには、
どこから手をつければいいのでしょうか。

 

事業計画づくりステップ1
起業の動機、事業の目的をはっきりさせる

 

何のために、起業したいのか、自分自身のビジネスを通して、
どのようなことを実現したいのかを説明できますか?

いいことばかり、楽しいことばかり、ではないのがビジネス。
なんとなく・・・では続けることが辛くなるかも。。。

 

事業計画づくりステップ2
全体の構想・事業イメージを固める

 

あなたの起業したい分野(市場)は、どのような分野でしょうか?
その分野は、これからも成長する分野でしょうか?
このようなことを調べるのが、市場性の調査といわれるものです。

調査ばかりしていても、前に進まないのですが。。。
市場が伸びているのか、
それほどでもないのかは調べてみましょう。

そして、ザックリとでいいのですが、
どのような人を対象として、
どのようなビジネスをやろうと考えているのかを説明できるようにしてみましょう。

 

事業計画づくりステップ3
具体的な内容を固める~売上計画や仕入計画も立案

 

あなたが提供する商品やサービス、技術そのものや、
あるいは、それらの提供方法にどのような特徴があるのか、
どれくらいの価格で提供しようと考えているのか、を表現してみましょう。

また、対象とする顧客のニーズに
マッチしているものかどうか、を、再度、考えてみましょう

やりたいことがたくさんあったとしても、
時間もお金も限りがあります。
どこから手をつけるか、何から始めるかの
優先順位を考える必要があります。

優先順位を考えるうえでオススメしているのは、
やりたいことと、お金を稼ぎやすいもの(=売りやすいもの)を分けて考えること。

やりたいことだけで、ビジネスを組み立てていくと、
意外に売れない、お客さんが必要としてくれない、ということも起こりえます。
好きなことで起業するときに、起こりがちな話です。
※この点については、こちらの記事(起業で、うまくいかない人が陥りがちな3つの勘違い)も参考にしてくださいね。

売上がゼロでも構わない、大丈夫・・・というのであれば
やりたいことだけでビジネスを組立ててもいいのです。

ですが、起業したら、すぐにでも売上が必要というのであれば
稼ぎやすいもの・売りやすいものからスタートして
ビジネス・起業の感覚をつかむ方が、結果的にはうまくいきます。

ある程度、ビジネスの感覚をつかんだうえで
次の段階として、やりたいことのウエイトを高めていくのも一つの手です。

 

事業計画づくりステップ4
資金計画をたてる

ビジネスとしてスタートするには、
どの程度の資金が必要となるのかを見積もってみましょう。

たとえばエステサロンやネイルサロン、カフェなどの
実店舗をもつビジネスであれば、初期投資が必要ですよね。

お店を借りる・自宅サロンでするのかにもよりますが、
内装や備品、設備の購入、最初の仕入
スタート時の挨拶状、名刺、広告・・・など、
目に見えるもの、見えないものを含めて、どの程度になりそうかを考えていきます。

また、スタートから軌道にのるまでの間の運転資金も加算しておきます。

【関連記事】
起業のお金は、どうする?

事業計画づくりステップ5
収支計画をたてる

 

起業直後の収支と、事業が軌道にのったときの収支を考えてみます。

収支とは、収入と支出のことです。
つまり、ビジネスによってどれくらいのお金が入ってきて、どれくらいのお金が出ていくことになりそうか・・・を考えてみるということ。

もちろん、起業前であれば、
ここでの数字は予測(というか期待)です。
シミュレーションにすぎません。

ただし、資金計画と収支計画を考えることで
ビジネスとして成り立ちそうなのか、事業の見込などが見えてきます。

このプロセスは、一度、作ったから終わりではなく、何度も考え、何度も練り直していくもの。
そうやって何度も考えて、何度も練り直すことによって
あなたが本当にやりたいこと、事業の成功見込みなどがハッキリとしてきます。

事業計画、持っていますか?

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

中小企業の経営者や、女性起業家さんに、
事業計画(ビジネスプラン)を持っていますか?と質問すると・・・

  • つくり方がわからない
  • 作ってもその通りに進まないから、つくる必要がない
  • 銀行からお金を借りるときに作っただけ

と言われることがほとんど。

事業計画の役割

 

事業計画をつくるのは、
銀行からお金を借りるため、だけではありません。

実は、事業計画には、もっと大事な役割があります。

事業計画は、
ビジネスの全体像をハッキリさせるために必要なものなのです。

これから起業するのであっても、
すでに事業を行っているのであっても、
ビジネスを進めるうえで必要となるのが
全体を俯瞰する力・全体像をつかむこと。

事業計画を考えることで、
ビジネス全体を俯瞰する力を鍛え、
起業をうまく進めることができます。

 

事業計画は、自分自身のためにつくる

 

事業計画書には、大きく分けると二つあります。

ひとつは、銀行などの金融機関、あるいは投資家などの
外部の人たちに見せるためのもの。

数値計画(売上や利益などの目標数値)が
メインとなっているもの。

一般的には、事業計画というと、
こちらのほうをイメージされることが多いですし、
本屋さんに並んでいる「事業計画のつくり方」の本も、
ほとんどが、こちらの事業計画について解説されています。

そして、もう一つは、自分自身のためのもの。

創業塾などで、「事業計画・ビジネスプラン」の講義を
担当することがあるのですが、
これは、自分自身のために作ってもらうもの、です。

 

自分のための事業計画・ビジネスプランとは

 

自分のための事業計画では、
数値計画を作ることだけ、が目的ではなく、
あなた自身の起業(ビジネス)の全体像を作ることが目的です。

  • 何のために、起業するのか・ビジネスするのか
  • どこを目指しているのか。
  • あなたのお客さんは、どんな人たちで、
  • あなたが提供する商品・サービスはどんなものか、
  • 商品・サービスには、どんなか特徴をもっているのか。

などなど・・・を一つ一つ、整理していくことで、
ビジネスの全体像を構築していきましょう。
それが、あなた自身の事業計画になっていきます。

 

 

起業の失敗を避けるために、考えておくこと。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

起業したい、起業しよう!と思っているのに、
なかなかその一歩を踏み出せない・・・

そういう話をよく耳にします。
あなたも、そうですか?

一歩を踏み出せない理由、たくさんあると思うのだけど
そのひとつが、失敗が怖い。失敗したらどうしよう・・・というものですよね。

 

あなたが思う起業の失敗って、何ですか?

 

こういう質問をすると、返ってくる回答は、

  • 売上が増えないこと
  • お客さんが来ないこと
  • 利益がでないこと・・・

実は、こういうことは、失敗ではないんです。

そうなることを避けるために
何をすればいいか、を考えて手を打っていけばいいのだから。

はじめに考えていたような売上となっていないとしたら、
それは「失敗」ではなくて、
売上を増やすための活動や工夫が不足しているということ。

その起業が失敗だったかどうかの判断は、続いたかどうか。
続いているのなら、それは失敗ではないのです。。

 

 

起業の失敗を避けるには?

 

ビジネスの形を考える基本は

  1. 誰に
  2. 何を
  3. どのように

の3つの視点です。

せっかく起業したけれど、続かなかった・・・というケースを見ていると
「事前に考えておくべき視点」が抜けていることが多いのです。

それは・・・
「お金を払ってでも、必要」といってくれる人がいるかどうか。
これは、「1.誰に」の視点ですね。

そして、必要としている人とあなたとの接点を、どうやって作っていくのか。
これは、「3.どのように」の視点です。

起業の失敗を避けるためには、
「お金を払ってでも、必要とされているか?」
「その人との接点をどうやって作っていくか?」も考えて、
あなたの起業を組み立てていきましょう。

 

個人事業を始める手続き:青色申告って何だろう?

個人事業をスタートするときは、
ぜひ、税法上、有利な特典を受けられる「青色申告」を選びましょう。

 

青色申告とは?

 

青色申告は、所得税の税額を計算するときに関わるお話なので、
まずは、所得税についての説明をしますね。

所得税とは、その名のとおり、所得に対して課税される税金です。
1月1日~12月31日の1年間の、所得額が対象となります。
※所得:売上から経費などを引いて計算します。

所得税は、事業主が自ら所得や税金額を計算して、
納税する申告納税制度となっています。これが、確定申告手続きです。

では、青色申告は、何かというと・・・。

所得税を計算するときに、
税法上の有利な特典を受けることができる制度のことです。

 

青色申告と白色申告

 

税法上の有利な特典を受けられるなら、嬉しい!となるのですが
それには、条件があります。

その条件とは、
「正規の簿記の原則」にしたがって記帳すること。

正規の簿記の原則というと、難しく思えるけれど
複式簿記で正しく帳簿をつけるということです。

えー簿記なんて、やったことがない・・・という方でも、
大丈夫ですよ。

今は、便利な会計ソフトがあるので、
簿記をやったことがない人でも、キチンと帳簿をつけられますよ。

それに、その年に開業した人を対象として、
税務署などでも帳簿のつけ方を教えてくれる講習会などが開催されています。
そのほかにも、お近くの商工会議所・商工会などでは、
「記帳指導」として、帳簿のつけ方などを教えてもらうこともできますよ。

ちなみに、白色申告は、青色申告ではない申告のことをいいます。

 

青色申告のメリットは?

 

青色申告の特典(メリット)は、節税効果が高いこと
もちろん、正確に記帳することで業績も把握しやすくなるので
数値管理などもできるようになります。

青色申告の特典のなかから、代表的なものをご紹介しますね。

1.青色申告特別控除が受けられる。
これが、いちばん知られているメリットです。
一定の要件をみたせば、最大で65万円を所得から控除できます。
所得税の対象となる所得額を65万円分、少なくできるので、
節税効果があるということです。

2.青色事業専従者給与が認められる。
青色申告の事業者さんが、
その事業に従事していた奥さん等に給与を支払った場合、
一定の要件を満たせば、その全額を経費扱いにできます。
白色申告の場合は、配偶者は86万円まで等の制限があります。

3.純損失の繰越控除や繰戻還付が受けられる。など・・・

 

青色申告には、どういう手続きが必要?

 

青色申告を選択する場合には、
青色申告をしようとする年の3月15日までに
「青色申告承認申請書」を税務署に提出し承認を受けます。
※3月15日が確定申告の期限だから、ですね。

その年の1月16日以降、新たに開業した場合には
開業日から2カ月以内に提出します。

なんだか、面倒そう・・・と思いましたか?

会社員の場合は、すべて会社が手続きをしてくれているので
税金を納めていることを意識する機会が少ないですよね。
起業すると、税金のこと、社会保険のこと・・・
さまざまな制度が動いていることを知る機会が増えますよ。

起業の注意点:必要な許認可を受けていますか?

開業したい・・・と思った場合、業種によっては行政の許認可が必要となる場合があります。

たとえば、カフェを開業する場合には、飲食店営業許可が必要です。
また、許可を受けるためには、施設基準に合ったお店をつくる必要がありますし、
食品衛生責任者の資格をとる必要もあります。

 

開業するときの許認可の種類は?

 

許認可は、公衆衛生や公安上の理由から必要とされています。

許認可には、大きく分けると

  1. 届出:開業後に提出すればよい(特に審査はない)
  2. 許可:開業前に申請し、審査・承認されて営業ができる
  3. 登録:開業間に申請し、審査・登録が承認されて営業ができる
  4. 免許:開業前に申請し、審査・承認されて、免許が下りると営業できる

があります。

あなたが起業したい事業に、

  • 許認可が必要かどうか
  • 必要な場合はどんな書類が必要か
  • 許認可をとるまでに、どれくらの時間がかかるのか
    ・・・などを事前に調べておきましょう!

 

許認可を必要とする主な事業

 

開業のときに、許認可を必要とする事業は、かなり多いです。
1,000種類を超えているという話もあるほど・・・。

いくつかご紹介しておきますね。

理容室・美容室:届出(最寄りの保健所)

飲食店:許可(最寄りの保険所)
菓子・惣菜・弁当製造販売:許可(最寄りの保健所)
食料品等の販売:許可(最寄りの保健所)

中古車販売やリサイクルショップなど、
中古品を扱う業種:許可※古物商の営業許可が必要(所轄の警察署)

酒類の販売:酒類販売業免許(税務署)
※ネットショップの場合も、免許が必要です。

意外に、たくさんあるでしょう?

ある程度、事業構想が固まった時点で、管轄の役所に行って、
現状で考えているもの(たとえばレイアウトや設備など)が、
許認可の要件を満たしているかどうか・・・を確認するようにしてください。

開業日がきたのに、許可が取れていなくて
オープンできない・・・なんてことにならないように、
しっかりスケジュールをたててくださいね!