起業の一歩を踏み出したい人が、 変えるべき、たった一つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

いつかは起業したいと思い始めて、数年が経ってしまったという方にお会いすることがあります。

起業したい分野もある、○○をやってみたい。
でも、起業の一歩が踏み出せない・・・。そういう方、けっこうおられます。

その一方で、起業する!と決めて、さっさと始めてしまう人もおられます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

 

起業の一歩が踏み出せない人に、共通していること。

 

起業したいと思っているのに、なかなか、その一歩が踏み出せない。
思っているばかりで行動できない、という方、実は多いです。

そういう方のお話を聞いていると、
起業が現実的なものではなくて、
まだイメージ・想像のなかのものとなっているケースが多いです。

こうなったらいいな・・・という夢や希望を描いている感じ。

 

さっさと起業した女性起業家さんに、共通していること

 

起業する!と決めて、さっさと始めた女性起業家さんたちを思い返してみると、
気づいたことがあります。

わたしがお話をしてきた方に限ったことかもしれないのですが、
ほぼ全員の方が、ご実家がお商売をされていました。
規模の大小はさまざまですが、
ご両親が何らかのビジネスをされているという共通点があったのです。

ご両親・ご実家はそうではないけれど、という場合は
ご主人が会社員さんではなく、
会社を経営されている、自営業であるなどのケースが多いです。

え?わたしは、そのどちらにも当てはまらないわ・・・
起業はムリってこと?なんて、ガッカリしないでくださいね。

ご両親やご主人が、商売をしている、経営者であるということは、
別のいい方をするならば、すでに起業している人が身近にいるということ。
起業が、「想像のもの」ではなくて、
「現実に」接しているものということ、なのです。

 

起業の一歩を踏み出したい人が、
変えるべき、たった一つのこと。

 

起業の一歩が踏み出せないのは、実は、起業が身近ではないから。

起業したらどうなるのか、自分でビジネスをするとはどういうことなのか、
現実的なものとして感じられていないので、不安のほうが大きくなってしまうのです。

不安が大きければ、踏み出したい気持ちがあっても、なかなか行動はできないですよね。
起業したい!というアクセルと、
でも・・・というブレーキを同時に踏んでいる状態ですもの。

起業したい、自分で何かをやりたい、と本気で考えているならば
変える必要あるのは、自分の「環境」
もちろん、起業や経営についての知識や学びも、必要ですが。。。

まずは、「起業を身近に感じられる環境」に身をおくようにしてはどうでしょうか。

たとえば、実際に起業している人の話を聞き、

  • どのような時間の使い方をしているのか
  • どんなことを考えているのか
  • どのような行動ルールや基準をもっているのか
    などに、触れてみてください。

今は、創業スクールや起業塾など、起業した人が体験を話してくれる場がありますよね。
そういうところで、実際の話を聞く機会を増やす、のもオススメです。

そして、起業を考えている仲間をつくってください。
これも、自分の環境を変えるにはオススメの方法です。

起業を、頭のなかやイメージで捉えるのではなく、
起業の現実をつかみ、身近なものに感じられる環境に身をおくこと。
自分の環境を変えること。

そうすることで、起業の一歩を踏み出す勇気が湧いてきますよ。
頑張っていきましょう♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*