経営者の視点をもつ、たった一つのポイント。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が起業する場合、スタート時点から
たくさんの従業員・スタッフを雇うというケースは、そう多くはありません。

自分ひとりでやっている(=ひとり起業)か、
2~3人くらいのスタッフさんがいるというパターンがほとんど。

少人数でやっている事業の場合、
「経営者」、「社長」と言われても、ピンと来ないかもしれないのですが。。。

 

大きな会社をイメージしてみてください。

 

たとえば、トヨタ自動車のような大きな会社をイメージすると、
社長さん(経営者)がいて、従業員・スタッフさんがいる。

そうすると、営業活動や経理業務などの実務的なこと、
現場の仕事は、従業員・スタッフさんがやっています。
社長が、それをやっていることはないだろうなーと、思いますよね?

言いかえれば、従業員でもできる仕事は、
本来の社長(経営者)としての仕事ではない、ということ。

社長は、「社長にしかできない仕事」をする必要があるのです。

 

「社長にしかできない仕事」とは?

 

社長・経営者にとって、最も重要な仕事は、
会社を継続的に発展させていくにはどうすればいいか、を考えて
手を打っていくこと。

売上を・利益をどうやって伸ばしていくか?
新商品としてどのようなものが必要か?
事業展開として何をするか? などなど。。。

従業員・スタッフは、
毎日・毎週の売上をどうするか?を見ている。
一方、社長・経営者は、
数年先のことを考えて、どのように手を打つかを考えている。

つまり、社長と従業員では、「事業や物事を見る視点」が違うのです。
社長の視点は、「未来志向」「戦略思考」だといえるでしょう。

 

「起業する=経営する」を自覚する

 

実は、女性が起業したあとに伸び悩むケースの多くは、
「経営者としての仕事」をしていないことが要因となっています。

「目の前のこと」に追われてしまいがちで、
将来のこと、未来のために手を打つことが、後回しになってしまうのです。

ひとり起業や少人数の事業であっても、
自分でビジネスをやっているのであれば、
「経営者」としての自覚をもつことが大切。

経営者としての視点を養うために、
まずは、「将来のために、今、何をすべきか?」を
考える時間をもつようにしてくださいね。

【セミナー開催情報】
わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら。わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*