事業をうまく進めるには、コレを意識する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日から長崎に出張中です。
昨年11月から今月まで3社のコンサルが進行中。今月が最終回です。

毎月1回2時間程度の面談。
そのときには、現状のヒアリングやデータ分析をして、改善すべき点を抽出し、次回までの取組み内容を決定します。

翌月の面談では、その進捗状況を確認し、さらに改善に取り組む・・・。
この繰り返しです。

言葉にすると、たったこれだけ?って感じなのだけど。。。

あるお店では、平均単価がアップ。
また、別の会社では新規のお客様が倍増・・・と、しっかり成果がでています♪

 

コンサルを受けると、なぜ、成果があがりやすいのか?

 

実は、コンサルを受けていただくと、
どの会社・お店でも、ある程度は成果がでてしまいます(*^^*)
もちろん、程度の違いはあるし、
成果がでるまでに必要となる時間も違いはありますよ。

とはいえ、ある程度の期間でみれば、何らかの成果は出るのです。

そして、ほとんどの方が、
ずーっとやろうと思っていて手をつけていなかったのに、
することができた、終わらせることができた、とお話されます。

この理由、わかりますか?

コンサルタントが優秀だから?
すごいアドバイスをしたから?

・・・というよりも、
次回までにやらなくては!!!と行動が促されるから。

つまり、締切効果が働くんです。

 

行動するときには、必ず期限を設定する

 

成果をあげる、事業をうまく進めるためには、コンサルが必要・・・ということではなく、
締切効果が働くようにするために、
自分で取り組むときにも、必ず期限を設定するといいのです。

  • いつまでに
  • 何をする

これを決める。
そして、自分との「約束」として守る。

 

行動内容は、具体的に決める

 

  • いつまでに
  • 何をする

を決める。。。という話は、
セミナーや講座などでもお伝えしているのですが。。。

ほとんどの方が、何をする(=行動)が
抽象的な内容となっているケースが多いです(>_<)
だから、実際の行動につながらない。。。

例をあげると、
「7月に、チラシをポスティングする」という行動内容。

これ、一見、OKに思えます。
一応、いつまでに(=7月)、
何を(チラシをポスティング)と決めているように思えますね。

でも、実際に行動するとなると・・・できないでしょ?
どのような内容のチラシを、どこの地域に、何枚・・・と
まだまだ決めることが、たくさん残っていますね(^^;

具体的に決める、というのは、
「そのまま、即、行動できるレベル」に落とし込む、ということ。

コンサルのときには、このレベルのところまでお話をするんです。
だから、成果がでやすくなるんですよ~。

とはいえ、「考えを深めること」が苦手な人には、
最初は、とても苦しいんだそうです。
でもね、こういうことは習慣というか、慣れなんです。
続けていけば、ラクラクできるようになりますよ(*^^*)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*