女性 の記事一覧

女性が起業するときに気を付けたいこと~ビジネスマナーを守る

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

創業塾でお会いした、ある女性のこと。
グループに分かれての自己紹介タイム。お一人が自己紹介を終えられると、即座に「おいくつですか?」と質問をしています。
質問された方も、えっ?(*_*;と困惑顔・・・

めったにしないのですが。。。思わず、注意しました。
「それ、マナー違反ですよ」

続きを読む

「起業」がゴールになっていませんか?

コンサルティングを依頼される方を見ていると、
起業後(お店やサロン、教室などをオープン)されてから
2~3年というケースが、とても多いです。

起業した理由を聞くと、ほぼ全員が
「いつかは自分のお店を持ちたかった」と言われます。

なかには、独立前の勤務先で
店長の経験がある人もおられます。

でも、なぜか、起業前に考えていたほどには
うまく進んでいない・・・という状況。

せっかく、「自分のお店をもつ」夢を
かなえたはずなのに、悔しいですよね。。。

でも、残念ながら、そこに落とし穴があったのです。

 

お店を開けばうまくいく、という思い込み

 

たとえば、美容師さんが、
独立されて、自分の美容室をオープン。

お店がオープンすると、
意外に、お客さんが増えなかった、どうしよう・・・。
(実際、こういう状況からのご相談、多いです)

こういうケースのとき、
今までに店長経験もあるし、お客さんもついている、
だから、自分のお店もうまくいくはず・・・と
思っていることが、多いです。

「思っている」と書きましたが、
明確に、そのように思っているというよりも、
無意識に思っているというほうが、より正確かも。

 

起業は、スタート地点にたつこと

 

自分のお店(美容室、カフェ、サロン・・・)をもつことが夢、というのは、素敵です。

だからこそ、オープンしたあと・起業したあとに
どうなりたいのか?
3年後、5年後の姿をイメージしてくださいね。

起業はゴールではなく、スタートです。
目的地ではなく、
あなたの人生を豊かにするための「手段」のひとつです♪

 

お客様のリピート率を高める、2つのポイント

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

どんなビジネスでも、お客様がいなくては成り立ちませんよね?
特に、ビジネスを成長させていくためには
リピートしてくださるお客様の存在が不可欠。

お客様にリピートしていただく、
つまり、リピート率を高めるには、二つのポイントがあります。

ポイント1:
商品・サービスの「満足度」を高める

お客様がお金を払ってくださること=売上、です。

お金を払ってもよい、と思えるものでなくては、
そもそも売れるワケがありませんよね?
当たり前の話です。

ただし、「満足度」とは、商品・サービスの質がよければ
それだけで高まるワケではなく・・・

たとえば、問い合わせ時の対応、
商品・サービス提供時の対応(会話や態度など)、
アフターサービスやアフターフォローなど、
すべてのプロセスが大切になります。

 

ポイント2:
お客様との「接触頻度」を増やす

会う回数や話した回数が多い相手に対して
好感ををもつものです。

顧客フォローが大切、ということは知っていても
実践していない起業家や経営者がほとんどです。

やらない理由には、
手間が増える、面倒、効果があるかどうかわからない・・・
など、いろいろあるようですが。。。

他社があまり積極的にやっていないのであれば、
チャンスですよね?

あなたは、しっかりやればいいだけです。

「接触頻度」を増やすといっても、難しく考える必要ありませんよ。

たとえば、

  • 電話をする
  • お礼のはがきを送る
  • メールマガジン
  • ニュースレター
  • ランチ会やお茶会などを開催する などなど

実際、わたしも、クライアントさんやお会いした方々に
近況をお知らせするメールマガジンをお送りしています。

久しぶりにお会いする場合でも、
メルマガの内容をキッカケとして話が弾んだり、
仕事の依頼をいただく・・・ということも、よくありますよ。

あなたのビジネスに合わせて
取り組みやすいものからでも、始めてみてくださいね。

 

 

女性起業コンサルティングに力を入れる理由

起業コンサル、創業支援の中でも、
特に女性起業家のサポートに力を入れているという
話題になったとき、ときどき質問されます。

「なぜ、起業コンサルに力を入れているのですか」と。

女性の起業サポートに力を入れている理由

質問をされた方(同業者、コンサルタントで、男性が多いのだけど)の意図としては、
起業コンサル•創業支援はあまりお金にならない、
単価が低い等の考えがあるのだろうと思います。

考えてみれば当たり前のことで、
起業準備中、起業直後の方をコンサルするよりも、
ある程度の規模の企業をコンサルする方が
コンサル料を多くいただくことができます。

企業であればコンサルタントへの報酬や顧問料として
10万、20万を払うことは、大きな負担に感じないかもしれません。
(わたし自身も企業のコンサルティング・顧問契約の際には、ある程度の報酬をいただいています)

でも、これから起業する方や起業直後の方には大きな金額になりますよね。

だから、コンサルタント側からみれば、
創業支援や起業サポートは、大きな売上につながらない、と考えている人はいます。
あまり積極的に引き受けない人も、意外に多いのです。
(そういう背景があるので、なぜ?という質問になるのでしょうね。)

働く時間・コンサルティングにかかる時間が同じであれば
時間単価の高いほうを優先するのは、ある意味、当然の判断です。
なので、「なぜ、起業コンサルに力を入れるのか?」という
質問はもっともだなと感じます。

わたしにとっての女性起業サポートの意義

そういうとき、「ライフワークですかねぇ」と答えます。

こうとしか答えようがないし、
何を言っても納得や共感は得られないだろうなぁと思うから。

女性が働くこと、働き続けることには、まだまだハードルがあります。

そうしたなかで、自分のビジネスを立ち上げたい
自分の仕事で社会に関わりたいと思う女性を応援したい。

男性とくらべると、
ビジネス経験も少なく、ちょっと危なっかしいところがある女性起業家をサポートすることで、
一人でも多くの女性起業家に
「起業してよかった」「楽しく充実して仕事ができている」と
思ってもらえるといいな、と考えています。

 

起業の各ステップに応じた
サポートができるのは、わたしの強み

起業コンサルをしていると、
・前に、●●さんと話したんですが・・・
・起業講座に行ったことがあるんだけど・・・
などの、話題がでることがあります。

セカンドオピニオン的に
話を聞きたいということなのかしら?と思って、
詳しく聞いてみると、

せっかく起業講座に行っても、
そこで学べることはスタートアップ段階だけで
ビジネスとして成長し始めると、物足りない、ということでした。

起業して軌道に乗るまでには、いくつかのステップがあります。

ざっくりいうと・・・
●起業準備段階
●始めたばかりのスタートアップ段階
●ビジネスの確立段階
●成長・拡大段階 などなど。

それぞれのステップで、力を入れるポイントが違っているし
やるべきこと、その手順も違います。

女性の起業講座やコンサル、ママ起業講座などでは、
起業準備段階~スタートアップ段階までを
お教えされていることが多いようです。

そこから先は・・・となると、
意外に、されていないんですね。

お教えされていない理由を考えてみると、
●教えている人も、その段階にとどまっている、
●その先のステップのコンサルをしたことがない
あたりが原因ではないかな?と推測しています。

 

起業してよかった!と思える、
女性起業家をひとりでも多く誕生させること。

それが、わたしのミッション

ありがたいことに、わたしの場合は、
中小企業診断士として、
起業準備段階~スタートアップ、成長段階、拡大段階・・・と
いくつものパターンのコンサルを経験してきました。

業種業態もさまざまなものを経験してきました。
小売業、サービス業(サロン、美容室)、飲食店、
メーカー、観光関連など多岐にわたっています。

また、わたし自身も、会社員時代には
管理職もしましたし、
取締役として会社経営にも関わってきました。

このような経験があるからこそ、
幅広く女性の起業をサポートできます。

これまでのわたしの経験・知識を活かして
ひとりでも多くの女性に、
「起業してよかった!」と思える状態に
なっていただく。

それが、わたしのミッションだと、改めて想いを強くしています。