集客力アップ の記事一覧

なぜ、あなたのお店は口コミされないのか?

女性起業コンサルタントの千葉です。

起業のコンサルティングのとき、こういう話がよくでます。

「まずは、サロンを立ち上げて、
それから、クチコミで広げていきたいです」

サロンが、お店やサービスに置き換わっているだけで
多くの起業準備中の方が、このように言われます。

クチコミだけでお客さんが増えていけば
広告宣伝のお金もあまりかからず、ありがたいですね。

といっても、そう簡単にクチコミが広がっていかないのも、事実。

 

口コミは、カンタンではない。

 

あなた自身のことを考えてもらいたいのですが。。。

「お知り合いにも勧めてください」と、
お店の人に言われたから、
お友達や家族など、まわりの人に紹介したという経験はありますか?

ない、という人が多いと思うのですね。

わたしは、以前、あるお店に行っていたとき、
「お友達に紹介してください」と、毎回しつこく言われて、
それが苦痛になり、そのお店に行かなくなったことがあります。

わたしが紹介した友人が、そのお店に行ったら、
その人も同じようなことを言われて、苦痛に感じるかもしれません。
大切な友人に、そんなことはできません。

自分自身がやらないことを、
お客様にやってほしい・・・というのは、おかしな話です。

クチコミは、思ったほど、カンタンではないのです。

 

口コミは、本来、自然発生的なもの

 

あなたは、家族やお友達に、●●の▲▲▲が
よかったよ~
美味しかった~~
素晴らしかった!などと話をすることがありますよね?

美味しかったから、人に話したい。
素晴らしいサービスに感動したから、お友達にも紹介したい。

このように、口コミは、
本来は、自然発生的に起こるものです。

 

 

口コミのために、必要なこと

 

もし、わたしのお店は、口コミされないな・・・と感じるのであれば、
実は、口コミしたくなる要素が欠けているのかもしれません。
あるいは、その要素はあるけれど、お客様に知ってもらえていないのかもしれません。

口コミをしてもらうためには、
人に話したくなる、伝えたくなるには、どうすればいいか?を考える必要があります。

 

たとえば、一時期、飲食店で「メガ盛り」といって、
ビックリする量を出すことがありました。
こういうのは、写真にとって、人に見せたい、と思いますね。

あるいは、開発のストーリーかもしれません。
30年かかって開発した成分が入った・・・・なんて、
化粧品の広告にありそうですよね。

あなたのお店やサロン、商品を、
とにかく人に伝えてくれればいい・・・ではなく、
人に話したくなるのは、どういうときかな?と考えてみてください。

それが、口コミのキッカケをつくることになりますよ。

売上アップには、お客様に「行動」してもらう必要があります。

素敵な商品でも、素晴らしいサービスでも、
お客様に選んでもらわなくては、売上にはなりません。

売上は、お客様が払ってくださったお金の合計額。

つまり、売上を増やしたい、お客様を増やしたい・・・のであれば、
お客様に、買う(お金を払う)という「行動」をしてもらう必要があるということ。

 

売上は、お客様の「行動」量の集計

 

あなたが教室をされているのであれば、レッスンに申し込んでもらう。
アロマセラピーサロンであれば、サロンに来店いただき、施術を受けていただく。
あなたがカフェをやっているのであれば、お店に来てランチを頼む。

これらは、ひとことでいえば、お客様が「行動」してくださった、結果です。

売上が伸びない、お客さんが少ない・・・ということは、
見方を変えれば、お客様の「行動」を引き出せていない、ということ。

 

お客様に「行動」してもらうには・・・

 

古典的な名著である「人を動かす」(デール・カーネギー)には、
こんな一節があります。

「人を動かす秘訣は、まちがいなく、ひとつしかないのである。
すなわち、みずから動きたくなる気持ちを起こさせることーこれが秘訣だ」

人は強制されること、押し付けられること、がキライです。
あなたも、そうですよね?

お客様を増やしたい、売上を増やしたい・・・のであれば、
どういうことをすれば、お客様に動いていただけるか?を
深く考えていきましょう。

また、その行動を妨げているもの(お金や時間など)を
取り除くことも、お客様が行動しやすくなるといえます。

人が行動を起こす要素は、2つ

 

  1. もっと欲しい、得をしたいという欲望
    もっと欲しいものは、お金やモノだけでなく、
    健康や美、賞賛、幸せ、仲間なども・・・。
  2. 損はしたくない、失敗したくないという、恐怖心
    病気、苦痛、などもそうです。

具体例をあげると・・・
あなたのサロンで施術を受けることで
健康な体を維持できるのであれば、それを伝えればいいのです。
(伝え方を工夫する必要はありますが。。。)

ビフォーアフターや、お客様の声なども紹介してください。
つまり、未来のお客様に「わたしも、そうなりたいな・・・」と
思っていただけると、いいのです。

売れないお店の共通点

おはようございます。
女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

経営相談で、小売店さんに行くことがあります。

相談内容は、売上アップ・収益改善が大半です。
何軒ものお店に行っていると、共通点があることに気づきます。

売れないお店の共通点とは?

一言でいえば、お店や商品に対する愛情が感じられないのです。

具体的にいうと、、

  • 掃除が行き届いておらず、清潔さが感じられない。
  • なんとなく雑然とした印象がある、散らかっている。
  • 商品に埃がついている、などなど・・・。
    (共通点は他にもありますが。。。)

大事なものであれば、きちんと手入れをするでしょう?
ホコリが付かないようにするし、汚れていたらキレイにします。

でも、経営者にとってビジネスの要となる、
お店や商品が雑然としていても、キレイにしようとしていない。。。

お店がひとつしかなければ、そのお店で買い物をするでしょう。

でも、今は、多種多様なお店があるし、
インターネットでも買い物ができる。
あえて、そのお店で買い物をしよう、と思う人は
少ないんじゃないでしょうか。

商品は、未来のお客様からの「預かりもの」

それに。。。
商品は、今はお店のものかもしれないけれど、
いずれは、お客さまにお渡しするためのもの
未来のお客さまからの「預かりもの」ともいえます。

それなのに、ホコリをかぶっている、管理されていない。
商品を見せるための場である、お店が掃除されていない。
となれば、あえてそのお店で買い物をする必要はなく、
他のお店を選ぶことになりますね。

整理・整頓を徹底しただけで
売上アップしたケースも

販促策や集客策をあれこれと考える前に、
まずは、お店の基本(5Sや接客など)を徹底することから始めてみてください。

支援先の小売店で、商品の並べ替え(整理・整頓)をしただけで
売上が1~2割アップしたケースもあります。

お店の基本の徹底は、
地味な取組み・・・と感じられるかもしれませんが、思った以上の効果を生みますよ。

※小売店さんの話として書いていますが、
美容室やエステなどのサロン系のビジネスも考え方は同じですよ!

お客様のリピート率を高める、2つのポイント

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

どんなビジネスでも、お客様がいなくては成り立ちませんよね?
特に、ビジネスを成長させていくためには
リピートしてくださるお客様の存在が不可欠。

お客様にリピートしていただく、
つまり、リピート率を高めるには、二つのポイントがあります。

ポイント1:
商品・サービスの「満足度」を高める

お客様がお金を払ってくださること=売上、です。

お金を払ってもよい、と思えるものでなくては、
そもそも売れるワケがありませんよね?
当たり前の話です。

ただし、「満足度」とは、商品・サービスの質がよければ
それだけで高まるワケではなく・・・

たとえば、問い合わせ時の対応、
商品・サービス提供時の対応(会話や態度など)、
アフターサービスやアフターフォローなど、
すべてのプロセスが大切になります。

 

ポイント2:
お客様との「接触頻度」を増やす

会う回数や話した回数が多い相手に対して
好感ををもつものです。

顧客フォローが大切、ということは知っていても
実践していない起業家や経営者がほとんどです。

やらない理由には、
手間が増える、面倒、効果があるかどうかわからない・・・
など、いろいろあるようですが。。。

他社があまり積極的にやっていないのであれば、
チャンスですよね?

あなたは、しっかりやればいいだけです。

「接触頻度」を増やすといっても、難しく考える必要ありませんよ。

たとえば、

  • 電話をする
  • お礼のはがきを送る
  • メールマガジン
  • ニュースレター
  • ランチ会やお茶会などを開催する などなど

実際、わたしも、クライアントさんやお会いした方々に
近況をお知らせするメールマガジンをお送りしています。

久しぶりにお会いする場合でも、
メルマガの内容をキッカケとして話が弾んだり、
仕事の依頼をいただく・・・ということも、よくありますよ。

あなたのビジネスに合わせて
取り組みやすいものからでも、始めてみてくださいね。