ビジネススキル の記事一覧

起業と資格の関係を考えるポイント

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日のブログ記事の続きです。
※昨日のブログ記事あなたの資格が仕事につながらないのには、ワケがある。

せっかくとった資格を活かしたい!資格を使って起業したい・・・でも、どう使えばいいのかわからないというご相談。

起業するときに、資格をどのように活かしていくか、ちょっと考えていきましょう。

 

資格にこだわりすぎない

 

その資格がなければできない仕事ってありますよね?
たとえば、お医者さん、美容師さん、税理士さんとか。。。

そのような仕事を目指す、
そのような分野での起業を考えているのでなければ、
資格を活かすという発想をいったん横に置いてみてほしいんです。

ちょっと逆説的な考え方に思われるかもしれませんが、
資格を活かすことにコダワリすぎるから、
ビジネスが窮屈になってしまうこともあるんです。

まずは、どのようなビジネスをしたいか、を考えることの方が先ですよ。

 

資格の活かして起業するには、
今までの実務経験がベースとなる。

 

起業の失敗確率を下げるには、今までの実務経験を活かすことがポイントです。

実際に、自分でビジネスを立ち上げるとなると、
資格の有無よりも、実務経験の有無の方が重要なんです。

実務経験を、資格で補強する。
この考え方が、資格を活かしやすい方法です。

 

資格はあるが、その分野での実務経験がない場合は・・・

 

今までにお会いした女性起業家さんの例でいうと。

  • 経理の仕事をしていた人が、ネイリストの資格をとって自宅サロンを開業
  • 営業事務の人が、フードコーディネーターの資格をとって独立
  • 会社員の方が、野菜ソムリエの資格をとって活動開始
  • 同じく会社員の方が、自宅でアロマテラピーサロン(副業)

女性の場合、こういった「キャリアの断絶」のような形で
資格取得⇒起業を目指す人が、けっこうおられますよね。
好きだから、そちらの方が素敵だから・・・。

実は、このような「キャリアの断絶」での起業、
つまり、今までの実務経験とはまったく関係のない分野でスタートすると、
失敗確率が高くなってしまいます。

ですから、資格単独で考えるのではなく、
今までの実務経験との掛け合わせで、事業内容を組み立てることも考えてみましょう。

たとえば、

  • 語学ができるのであれば、外国人を対象とした料理教室をする。
  • アパレル勤務の経験を生かして、ファッションアドバイスの仕事をする
  • 保育士の経験を生かして、ベビーマッサージ教室&子育てアドバイザー

こういう形であれば、実務経験を活かしやすいですよね。

あるいは起業したいと考えている業界に、
いったん転職して経験を積んでみる、というのも一つの方法です。
お給料が下がることは、もちろん仕方がないことですが、
起業の失敗確率を下げると思えば、いい手ですよ。

わたしの知人の野菜ソムリエ・料理研究家さんは、
こだわりの食品スーパーに転職(パートだったかも)して、
1年間、野菜売り場で働いたあとに、独立していましたよ。

彼女いわく、野菜の流通のこと、産地や生産者さんの情報など
本で読んでいてもわからなかったことを、たくさん知ることができた!と言っていました。

実は、成功している人のなかには、
こんな感じで、わざと回り道をしているケースもありますよ。

 

ご注意いただきたいのは、
資格があれば起業がうまくいく、
起業の成功が約束されているワケではないということ。

資格は、道具のひとつに過ぎないのです。
起業してビジネスをうまくすすめるには、
さまざまな要素が絡みます。

それに、起業すると、他の人も同じ資格をもっているので、
資格があることは、強みや特徴ではなくなってしまいますね。

繰り返しますが、資格は道具のひとつ。
それがあれば起業できる、起業が有利になるものではなく、
資格+「あなたらしさ」で、事業内容を組み立てていきましょう。
「あなたらしさ」の部分が重要なのは、言うまでもありませんよね♪

あなたの資格が仕事につながらないのには、ワケがある。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

起業のご相談でよく出てくる話の一つに、
「資格をとったから、それを活かしたい」というものがあります。

資格をとったけれど、それをどう活用すればいいのかがわからない。資格はあるけれど、仕事に結びついていない。こういう悩みの方、多いです。

 

資格をお金に換えられない理由・1
「資格をとることが目的になってしまった」

 

先日、お話したAさん。
資格をとるために、毎月、東京まで通っていたそうです。
(段階的に資格があるそうで、上級クラスになると東京でしかやっていないとか・・・)

そんなこんなで頑張ってとった資格。
でも、イマイチ、仕事になっていない・・・と。

こういうケース、趣味的な資格に多い話。
資格をとったあとに、どのように活用するか、を考えずに
資格をとることが目的になってしまったのです。

実は、これには、わたし自身も経験がありまして。。。

かなり前のことですが、テーブルコーディネートや
カラーコーディネートの勉強をしていたことがありました。
その頃は、勉強していること自体が楽しくて
それをどうやって仕事につなげていくか・・・を、まったく考えていませんでした。。。

テーブルコーディネートのデュプロマや、カラーの資格も持っていますが、
今の仕事では、直接的には活用できてないんです。
その頃の経験や人とのネットワークが今に生きているので、それも良しですが、
それにしても、相当な時間とお金をつぎ込んだものです。。。(苦笑)

 

資格をお金に換えられない理由・2
「需要が少ない資格をとっている」

 

資格をとるときに、
人気があるから、好きだから、なんとなくよさそう・・・など、
イメージが先行して資格を選んでいる人が大半かと。。。

資格としての人気と、仕事があるか、とは別もの。
人気はあるけれども、仕事につながらない資格は、けっこう多いです。

資格をとってみたものの、実際の仕事は、資格取得講座の講師が中心で、
資格を活かしてビジネスをすることができていない、
ということも、よく聞く話のひとつ。
●●●協会のような民間資格では、特にその傾向が。。。

資格を「人生を変える武器」にしたいのであれば、
その資格に対する需要の有無をチェックしたいところですね。

たとえば・・・

  • 資格を取った人がどんな仕事をしているのか
  • 世の中の動きとして、その資格を必要としているだろうか、
  • 求人情報などで、資格が評価されているか

    まずは、そのあたりをチェックしてみてくださいね!

需要・・・という点でいえば、
「難しい資格」=稼げる資格・仕事がある資格、とも限りません。
その点も要注意ですね!

とはいうものの。せっかく取った資格。
なんとか、活かしていきたいと思いますよね。
その点について明日のブログ記事でご紹介していきますね!

補助金・申請書類の作成ポイント~目的・目標・計画を区別する。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日、「小規模事業者持続化補助金」の公募期間中であることをご紹介しました。(こちらの記事です⇒「補助金情報・小さな会社や起業間もない方にもチャンスです」

クライアントさんや「ビジネスきらり塾」メンバーさんのなかで、補助金申請をしたい・・・という方がおられたので、ここのところ、申請書類の作成をサポートしています。

また、その他にも、補助金・申請書類を読ませていただくことが、続いています。

補助金・申請書類には、事業計画がつきものですが。。。目的・目標・計画が区別されていないケースがたくさんありました。ご本人の想いとしては、こんなことをしたい・・・というのがあったとしても、書類にその想いや考えが反映されていないと第三者(審査員)に伝わらず、残念な結果になりがち。。。

そこで、補助金・申請書類を作成するうえでも重要な、目的・目標・計画の区別についてご紹介します。

 

目的とは

 

辞書的な言い方をすれば、
目的とは、実現しようとしてめざす事柄。行動するうえでの、ねらい

起業・ビジネスでは、事業目的とか、起業の目的といった使い方をしますが、
「何のために頑張るのか」ということ。
あなたが起業・ビジネスを通して、実現したいと考えていること。

「経営理念」というのは、事業目的に近いですね。

 

目標とは

 

目的に向かって進んでいく、行動を進めるにあたって
実現・達成を目指す水準のこと。
目的に向かって進んでいくために、設定した当面のゴール。

目標は、「当面のゴール」なので、
目的までの道しるべのような感じです。

目標設定のポイントは、測定可能(メジャラブル)であること。
数値化して測定できないと、目標の達成度合がどの程度なのかがわかりません。
そのため、改善もできず、結局、目標を掲げただけ、で終わってしまいます。

具体的にいうと、
「顧客満足度の向上」「お客様に喜んでいただく」を目標設定とするのではなく、
「セミナー後のアンケートでの満足度を●●%以上とする」や
「リピート率を●●%にする」のように、数字に置き換える形にするのです。

 

計画とは

 

計画とは、目標を達成するための具体的な行動、のこと。
目標を達成するための、方法や手順などを決めること。
つまり、「何をするのか」をハッキリさせること

補助金・申請書類などでは、
事業計画をできるだけ具体的に記述してください、と書かれています。
ですが、実際に、作成中の申請書類を読ませていただくと、具体的でないケースがほとんど・・・。

「もう少し具体化しましょう」とアドバイスをするのですが、
多くの方は、「具体化って??」「具体的に考えるって??」と
たくさんの????が浮かんでいる様子。

具体的な計画というのは、
計画立案のときに「6W2H」を入れていくのです。

  1. What:何を行うか
  2. Why:その「What」を行う理由
  3. When:いつ、いつからいつまで に行うか
  4. Where:場所
  5. Who:誰が行うか
  6. Whom:誰に対して行うか
  7. How:どのように
  8. How much:予算、数量

「チラシをポスティングする」は、What(何をするか)だけが表現されたもの。
「7月に、●●市●●町を中心とした5,000世帯にチラシをポスティングする。
その際には、アルバイト2名に依頼する」とすると、具体性が出てきます。

Whatだけでなく、When(7月に)、Where・Whom(●●市●●町の5,000世帯)、
Who(アルバイト2名)、How much(5,000世帯)が加わっています。
さらに、チラシの印刷代やアルバイト2名分の人件費などを計算すれば、
どの程度の費用がかかるのか、もハッキリしますね。

補助金(特に、「小規模事業者持続化補助金」)の申請書類は、
計画の具体性がポイントです。
上に書いたくらいの表現ができるといいですね。

もちろん、補助金・申請書類に限ったことではなく、
起業・ビジネスについて考えるときには、
できるだけ具体的な内容に落とし込むことがポイント。

参考にしてくださいね!

 

伝わる「ビジネスメール」のコツ

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

起業していると、お客様や取引先とメールでやりとりをすることがありますよね。

メールを送るときには意識していないかもしれませんが、そのメールによって、ビジネスに対する姿勢や能力などを評価されている可能性も・・・。

続きを読む