起業の心構え~自分が商品だと意識する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をするうえで、外見は重要です。

見た目がよければ、うまくいく、とは言えないけれど、
見た目がよくないと、
うまくいく確率は確実に下がります。

もちろん【見た目】というのは、
美人だとか、スタイルがいい、とか
そういうことではありませんよ・・・。

起業では「自分が商品」と自覚する

 

特に、起業して、
自分で仕事をつくっていくのであれば
自分自身が【商品】と自覚するほうがいいでしょう。

たとえば、
エステティシャンさんのお肌の状態が
ニキビや吹き出物だらけだったら・・・
お肌のお手入れをお任せしたい、とは思わないですよね。

あまりにもヨレヨレのスーツを着た税理士さんには
大事なお金のことを任せるのは、
大丈夫かな・・・と不安になってしまいそうです。

 

女性起業家が外見を整えるポイント
その1・お客さまのために装う

 

仕事のために、外見を整えることは
自分が「着たいものを着る」のではなく、
「お客さまのために装う」という意識をもつこと。

男性の場合は、とりあえずスーツやネクタイという
わかりやすいビジネススタイルがあるのですが、
女性の場合は、そのあたりが曖昧ですよね。

だからこそ、TPOに合わせた装いを心がけたいものですね。

 

女性起業家が外見を整えるポイント
その2・仕事に対する「自信」が感じられる

 

美人であるかとか、スタイルがいいとか、
そういうことではないのですが・・・
表情、外見から、自分の仕事に対する
自信がにじみ出ているほうがいいですよね。

そのためには、次のことを意識してくださいね。

  • 姿勢をよくする
  • 目線をあげる
  • 笑顔を絶やさず、柔らかい表情

せっかく、いい商品・サービスを提供していても、
その良さを知ってもらう前に
外見で損をしないように、どうぞお気をつけくださいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*