経営戦略 の記事一覧

3年後のために「今できること」を考える

このブログ記事を書いているのは、2017年8月。

3年後の今日は、
東京でのオリンピックが終わり、パラリンピックが開催されています。
※オリンピック:2020年7月24日~8月9日
 パラリンピック:2020年8月25日~9月6日

その頃、自分はどうしているかな?と考えたことはありますか?

続きを読む

意外に知らない!?マーケティングの基本

女性起業コンサルタント/中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

以前、ホームページ制作会社の社長と話をしていたとき、
「マーケティングが大事ですよね・・・」という話になりました。

が・・・なんとなく、話がかみ合わない感じがしたので、失礼かとは思ったのですが。。。
「マーケティング、どういう意味で使われていますか?」と、質問してみました。

そうすると、「え?調査のことですよね?」と。

そうなんです、マーケティングという言葉は、さまざまな使われ方をしています。
人によって意図していることは、
「リサーチ・アンケート調査」や「広告宣伝」、「データ分析」など、さまざま。。。

あなたも、マーケティングという単語を、耳にされたことがあると思います。
なんとな~く知っているけれど、
実は、その意味するところは、よくわからない・・・という人も多い単語です。

 

マーケティングとは?

 

Wikipediaでは、以下のように定義されていました。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

 

カンタンにいうと。
お客様に「買ってください!」と、こちらから「売り込まなくても」、
お客様が「自然に買いたくなる状態」をつくることがマーケティングの目的、ということ。

そのためには、

  • お客様のニーズに合った商品を、
  • 適切なターゲットに向けて
  • 発信していくことが大事です。

マーケティングとは、
結局、「売れる仕組み」をつくること

 

マーケティングの全体像は
商品開発から販売戦略の策定、広告宣伝、効果検証までの一連のプロセスを、
一貫して計画し、実行・管理すること。

アンケート調査やグループインタビューなどの
リサーチや調査、そのデータ分析をすることが、「マーケティング」ではないんです。
ターゲットの人たちを集めたイベントをすることが、マーケティングではないんです。

※これ、勘違いされている方、多いですよね。。。
うちは、マーケティングの仕事をしています、と言われているけれど、
実は、調査だけ、イベントだけ、なんてことが多々あります。

つまり。。。商品・サービスが「売れる仕組み」をつくることが、
マーケティングの全体像だといえるのです。

これから、マーケティングのこと、続けてご紹介していきますね。

 

起業って、自分の「好きなこと」「やりたいこと」だけにフォーカスしてもうまくいかないんですね。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

秋は、起業についての講座やセミナーが多いんですね。なので、わたしも、ほかの季節以上に、起業準備中・起業直後の方とお話する機会が増えます。

起業したい、自分で始めたい・・・となると、自分の「好きなこと」「やりたいこと」に気持ちが集中します。特に、女性起業家さんには、その傾向が強いように感じます。男性は、儲かるかどうか・・・に意識が向かう人も、けっこうおられる。そういうところにも、女性と男性のビジネスに対する違いが垣間見えて、興味深いんですよ。

話をもとに戻します。

 

「好きなこと」「やりたいこと」だけでは、うまくいかない

 

実は、「好きなこと」「やりたいこと」って、自分目線なんですね。
主語となっているのは、「わたし」。

  • 「わたし」が「好きなこと」で起業したい。
  • 「わたし」が「やりたいこと」をビジネスにしたい。

そう言っている・そう考えている、ってことに気づいてました??

つまり、この時点では「お客さん不在」なんですよ。

  • お客さんが必要としてくれるのか?
  • お客さんにとって、本当に役にたつのか?

その視点が不足しているんです。

あえて厳しい言い方をするならば、
(未来の)お客さんに、
わたしが「やりたいこと」を押し付けているだけ、なんです。

 

起業がうまくいかない原因は・・・

 

 

起業したいな~、これをビジネスにしたいな~と思った時点で、
実は、あなたの知識、知っていること、ノウハウは、
お客さんが持っている知識などを大きく上回っているんですね。

あなたとお客さんでは、見えているものが違うんです。
(↑ ここ大事なポイントですよ!!)

あなたは、これがあったらいいのに!!とか、
ビジネスになるはず!!と思って、
起業しよう、起業したいと考えている。。。

でも、残念なことに、お客さんは、そこに気が付いていません。
あるいは、お客さん自身にとって「関係のあるもの」とは思っていない。

この話、目新しい商品・サービスに限った話ではないですよ。
たとえば、エステに行かない人にとって、
エステは、「自分には関係ないものグループ」に入っているんですもの。

お客さんの側は、
あなたが思っているほど「必要性」を感じてくれていない
んです。

「必要性」を感じてもらえないから、興味も、もたれにくく。。。
結果として、売れないし、集客ができない・・・という現実がやってきます(T_T)

 

起業をうまく進めるには、ニーズのあるところから始める

 

とはいうものの、やっぱり、
わたしが「好きなこと」「やりたいこと」で起業して、
うまくいく・・・が理想ですよね(*^-^*)

もちろん、それを否定しませんよ。

大事なことは、お客さんに、
それ欲しい、それが必要!と思ってもらえることから始めること。

 

であるならば・・・、2つの方法が考えられますね。

 

ひとつは、あなたが起業しようと思っているビジネスに対して
「必要性」を感じてもらえるように伝えて、
「必要性」に気づき、欲しい!と言ってもらう方法。

 

もう一つは、お客さんに欲しい!と言ってもらえるものから始めて、
お客さんを獲得したあとに
あなたが、本当に提供したいものを売るという方法です。

どちらを選ぶか・・・は、あなた次第なんですが。。。

 

ビジネスのセオリーは、
相手が欲しい!と思っているものを提供すれば、売れる、です。

 

となると、ビジネスとしてやりやすいのは、後者のほうですよね。
ニーズが見えている、気づいているのですから。。。
わたしが主宰する「女性のための経営実践塾」でも、
後者の方法をオススメしています。

それに、売れなかったり、集客ができなかったり・・・が続くと
心が折れてしまう人もいるし、お金も続かなくなりますよね。

順番を入れかえるだけで、うまくいくことがありますよ。
もし、期待したほど成果が得られていない・・・と、感じるならば
順番を見直してみるのも、ひとつの手ですよ。試してみてくださいね!!

 

自分の目指すところを決める

ビジネスには、成長段階別のステージがあります。

どこを目指すか・・・によって、やるべきことが変わります。
ある段階までは、これまでの延長線上にあるけれど、
その先の段階に進むには、ビジネスの形を転換させる必要があるのです。

ビジネスのカタチを転換させるときには、
仕事の進め方、ビジネスの仕組み、戦略などを
根本的に変化させる必要があります。

ですが、頑張って続けれていれば、
いつかは次のステージに移っていける・・・と
勘違いされている方が多いように感じます。

 

売上・利益の伸びを抑制するもの

 

例として、手作りアクセサリーを販売しているケースで考えてみましょう。

自分で商品をつくり、ネットショップやイベント出展などで売っている。
ネットショップもカンタンに始められるようになったので、
こういう、「手作り」で何かを作って、売るという方も増えていますね。

ただし、手作りできる数には限界がありますね。

1個を作るのに、1時間かかっているのであれば
1日に5時間働いて5個作れます。
それを、いくらで売るか・・・で、収入が決まります。

作る時間をどれくらい確保できるかで、収入が変わるのですが、
時間には限りがあるので、結局、収入はある程度のところで伸び悩みます。

つまり、時間が、売上・利益の伸びを抑制してしまうことになります。

 

2つの方向性

 

手作りアクセサリーを、
「自分でデザインし自分で作り、自分で売る」という
ビジネスの形(ビジネスモデル)では売上に限界がきます。

では、その限界を超えて、
さらに売り上げを増やしたい・・・と考える場合、
どうすればいいのでしょう?

売上の公式(売上=商品単価×販売個数)にあてはめて考えると
目指す方向として、2つの方向があります。

  1. 商品単価を上げる
  2. 販売個数を増やす

 

1つめの方向性:商品単価を上げる

 

「手作り」を重視するのであれば、商品単価を上げるのがいいでしょう。

極端な例をあげれば、
今まで、ひとつ3,000円で売っていたネックレスを
3万円で売れるようにするには、どうするか?を考えるということです。

言い方を変えると。。。
「この作家さんのネックレスだったら3万円でも欲しい」と
思ってもらえる必要があるということ。

つまり、商品単価を上げるということは、
あなたの知名度をあげて、いわゆる「有名作家」を目指す方向ということ。

あなた自身をブランド化するイメージなので、
そのためには、何をすればいいのか?を考えて、
活動内容を変えていく必要がありますね。

 

2つめの方向性:販売個数を増やす

 

もう一つの方向として、「販売個数を増やす」を考えてみましょう。

時間が、売上の限界を決めているのですから
時間を増やせばいいのですが・・・。

あなた自身の時間を増やすことには限りがあるので、
外注・外部委託を考えることになります。
デザインは考えるけれども、
製造そのものは、外部委託するという形です。

これ、今までの
「自分でデザインし、自分で作って、自分で売る」という
ビジネスの形ではなくなったことに、気づきましたか?

これが、「ビジネスの形を変える」ということ。

実は、この段階に進むには、勇気がいるかもしれません。
「変える」という意思をもたなければ、進むことはできないのですから。

 

ここまで、「手作りアクセサリー」を販売しているケースを
例にあげて説明してきましたが、基本的に、どんなビジネスでも同じです。

自分自身ですべてを動かしているビジネスは
あなた自身が活動できる時間によって、売上・収入の限界がきます。

売上、収入の頭打ち、伸び悩みを感じたら、
ビジネスの形を変える段階に近づいたというサインです。
自分自身は、どちらの方向を目指したいのか?を考えてくださいね。

(起業する前の方は、どちらを目指したいのかを考えてくださいね)