目標設定 の記事一覧

3年後のために「今できること」を考える

このブログ記事を書いているのは、2017年8月。

3年後の今日は、
東京でのオリンピックが終わり、パラリンピックが開催されています。
※オリンピック:2020年7月24日~8月9日
 パラリンピック:2020年8月25日~9月6日

その頃、自分はどうしているかな?と考えたことはありますか?

続きを読む

目標と計画をたてるコツと注意点

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。

2017年が始まって、今日が6日目。
新年を迎えたときのシャキッとした気持ちが、そろそろ緩み始めるころではないでしょうか^^

 

毎年、目標は立てているんだけれど、実現できたことない、
いつも途中までで達成できていない・・・なんて声もよく聞きます。

そこで、今年の大みそか(←気が早い??)を、
「あー今年はいい1年だった♪」と笑顔で迎えられるように
目標&計画をたてるときのコツと注意点を書いてみたいと思います。

続きを読む

事業をうまく進めるには、コレを意識する。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日から長崎に出張中です。
昨年11月から今月まで3社のコンサルが進行中。今月が最終回です。

毎月1回2時間程度の面談。
そのときには、現状のヒアリングやデータ分析をして、改善すべき点を抽出し、次回までの取組み内容を決定します。

翌月の面談では、その進捗状況を確認し、さらに改善に取り組む・・・。
この繰り返しです。

言葉にすると、たったこれだけ?って感じなのだけど。。。

あるお店では、平均単価がアップ。
また、別の会社では新規のお客様が倍増・・・と、しっかり成果がでています♪

 

コンサルを受けると、なぜ、成果があがりやすいのか?

 

実は、コンサルを受けていただくと、
どの会社・お店でも、ある程度は成果がでてしまいます(*^^*)
もちろん、程度の違いはあるし、
成果がでるまでに必要となる時間も違いはありますよ。

とはいえ、ある程度の期間でみれば、何らかの成果は出るのです。

そして、ほとんどの方が、
ずーっとやろうと思っていて手をつけていなかったのに、
することができた、終わらせることができた、とお話されます。

この理由、わかりますか?

コンサルタントが優秀だから?
すごいアドバイスをしたから?

・・・というよりも、
次回までにやらなくては!!!と行動が促されるから。

つまり、締切効果が働くんです。

 

行動するときには、必ず期限を設定する

 

成果をあげる、事業をうまく進めるためには、コンサルが必要・・・ということではなく、
締切効果が働くようにするために、
自分で取り組むときにも、必ず期限を設定するといいのです。

  • いつまでに
  • 何をする

これを決める。
そして、自分との「約束」として守る。

 

行動内容は、具体的に決める

 

  • いつまでに
  • 何をする

を決める。。。という話は、
セミナーや講座などでもお伝えしているのですが。。。

ほとんどの方が、何をする(=行動)が
抽象的な内容となっているケースが多いです(>_<)
だから、実際の行動につながらない。。。

例をあげると、
「7月に、チラシをポスティングする」という行動内容。

これ、一見、OKに思えます。
一応、いつまでに(=7月)、
何を(チラシをポスティング)と決めているように思えますね。

でも、実際に行動するとなると・・・できないでしょ?
どのような内容のチラシを、どこの地域に、何枚・・・と
まだまだ決めることが、たくさん残っていますね(^^;

具体的に決める、というのは、
「そのまま、即、行動できるレベル」に落とし込む、ということ。

コンサルのときには、このレベルのところまでお話をするんです。
だから、成果がでやすくなるんですよ~。

とはいえ、「考えを深めること」が苦手な人には、
最初は、とても苦しいんだそうです。
でもね、こういうことは習慣というか、慣れなんです。
続けていけば、ラクラクできるようになりますよ(*^^*)

起業って、自分の「好きなこと」「やりたいこと」だけにフォーカスしてもうまくいかないんですね。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

秋は、起業についての講座やセミナーが多いんですね。なので、わたしも、ほかの季節以上に、起業準備中・起業直後の方とお話する機会が増えます。

起業したい、自分で始めたい・・・となると、自分の「好きなこと」「やりたいこと」に気持ちが集中します。特に、女性起業家さんには、その傾向が強いように感じます。男性は、儲かるかどうか・・・に意識が向かう人も、けっこうおられる。そういうところにも、女性と男性のビジネスに対する違いが垣間見えて、興味深いんですよ。

話をもとに戻します。

 

「好きなこと」「やりたいこと」だけでは、うまくいかない

 

実は、「好きなこと」「やりたいこと」って、自分目線なんですね。
主語となっているのは、「わたし」。

  • 「わたし」が「好きなこと」で起業したい。
  • 「わたし」が「やりたいこと」をビジネスにしたい。

そう言っている・そう考えている、ってことに気づいてました??

つまり、この時点では「お客さん不在」なんですよ。

  • お客さんが必要としてくれるのか?
  • お客さんにとって、本当に役にたつのか?

その視点が不足しているんです。

あえて厳しい言い方をするならば、
(未来の)お客さんに、
わたしが「やりたいこと」を押し付けているだけ、なんです。

 

起業がうまくいかない原因は・・・

 

 

起業したいな~、これをビジネスにしたいな~と思った時点で、
実は、あなたの知識、知っていること、ノウハウは、
お客さんが持っている知識などを大きく上回っているんですね。

あなたとお客さんでは、見えているものが違うんです。
(↑ ここ大事なポイントですよ!!)

あなたは、これがあったらいいのに!!とか、
ビジネスになるはず!!と思って、
起業しよう、起業したいと考えている。。。

でも、残念なことに、お客さんは、そこに気が付いていません。
あるいは、お客さん自身にとって「関係のあるもの」とは思っていない。

この話、目新しい商品・サービスに限った話ではないですよ。
たとえば、エステに行かない人にとって、
エステは、「自分には関係ないものグループ」に入っているんですもの。

お客さんの側は、
あなたが思っているほど「必要性」を感じてくれていない
んです。

「必要性」を感じてもらえないから、興味も、もたれにくく。。。
結果として、売れないし、集客ができない・・・という現実がやってきます(T_T)

 

起業をうまく進めるには、ニーズのあるところから始める

 

とはいうものの、やっぱり、
わたしが「好きなこと」「やりたいこと」で起業して、
うまくいく・・・が理想ですよね(*^-^*)

もちろん、それを否定しませんよ。

大事なことは、お客さんに、
それ欲しい、それが必要!と思ってもらえることから始めること。

 

であるならば・・・、2つの方法が考えられますね。

 

ひとつは、あなたが起業しようと思っているビジネスに対して
「必要性」を感じてもらえるように伝えて、
「必要性」に気づき、欲しい!と言ってもらう方法。

 

もう一つは、お客さんに欲しい!と言ってもらえるものから始めて、
お客さんを獲得したあとに
あなたが、本当に提供したいものを売るという方法です。

どちらを選ぶか・・・は、あなた次第なんですが。。。

 

ビジネスのセオリーは、
相手が欲しい!と思っているものを提供すれば、売れる、です。

 

となると、ビジネスとしてやりやすいのは、後者のほうですよね。
ニーズが見えている、気づいているのですから。。。
わたしが主宰する「女性のための経営実践塾」でも、
後者の方法をオススメしています。

それに、売れなかったり、集客ができなかったり・・・が続くと
心が折れてしまう人もいるし、お金も続かなくなりますよね。

順番を入れかえるだけで、うまくいくことがありますよ。
もし、期待したほど成果が得られていない・・・と、感じるならば
順番を見直してみるのも、ひとつの手ですよ。試してみてくださいね!!

 

【動画】あなたの行動を邪魔する「ブレーキ」の外し方

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

いつか起業したいけれども、資格が取れてからにしよう。
いつか自分のお店をもちたいけれども、お金が貯まってからにしよう。
旅行に行きたいけれど、時間ができてからにしよう。

そう思って、やりたいと考えていることにフタをしていることってありませんか?

そういうとき、実は、あなたの心のなかでは、
●●をやってみたい、というアクセルと
▲▲ができたら・・・というブレーキを、同時に踏んでいるような状態。

本当にそうなの??という疑問符を自分自身に投げかけてみると、
案外、新しい方法が見つかるかも、しれませんよ!!

正しい目標設定・間違った目標設定

年末やお正月になると、
「新しい年には、これをしよう!」「こうなれるように頑張ろう!」と
目標を立てたことが、あると思います。

では、その目標を達成できたか、実現できたかというと、
「やろうと思ったけれど・・・」になりがちです。

 

目標達成を妨げるもの

 

理由はカンタンです。
目標がアバウトすぎるのです。

「目標は?」と聞いていると、

  • いつかは起業したい
  • 売上を増やしたい
  • 新規のお客様を増やしたい
  • お客様に喜んでもらいたい
  • スピーディーな接客を実現する などなど・・・

これ、残念ながら、間違った目標設定。
文字にすると、
目標というよりも「願望」という感じに見えてきますね。
(残念ですが、これでは「思考は現実化」しない、のです)

 

目標設定の基本とは

 

目標設定の基本は、測定可能であること。
(メジャラブル、という言い方をすることもあります。)

目標を、できるだけ数値化するのです。

あなたは、「売上を増やしたい」と考えているとします。
月の売上が30万円のところを、
半年後に50万円にしたい、1年後には・・・と。

漠然と、50万円にしたいな~と考えているだけでは、
何も変わりませんよね?

偶然、たくさん買ってくださるお客様が現れれば、
その月だけは売上が増えるかもしれないけれど、
翌月は元の状態に戻ります。

当たり前の話でしょ、と思いましたか?

案外、こんな感じで経営をしているお店やサロンさん、多いですよ。

リピートが減っている・・・と感じていても、
具体的な対策をしていない美容室さんとか。
新規来店が少ない、と気づいていても
何もせずに、新規が来てくれればいいなぁと思っている飲食店さんとか。

 

正しい目標設定の方法

 

先ほど、
目標設定の基本は、数値化すること、と書きました。

売上30万円を50万円にする、は、
目標としては「数字」になっているけれど、それだけでは不十分。

正しい目標設定の方法は、
売上や利益等の数値目標を設定することに加えて、
その目標を達成するための行動目標・個別目標も数値化します。

たとえば、美容室やサロンさんで、再来店率が70%。
それを90%にまで引き上げる。
漠然と「売上を増やしたい」と考えているよりも、数値化されています。

そうすると、再来店率を上げるための対応策を考えればよいのです。
たとえば、顧客リストから休眠客をピックアップして、レターを送る
来店直後のお礼ハガキを送るだけでなく、
3週間後にも、そろそろですよ、のハガキやメールを送ってみる。

具体的な策を考えることができるように、なりますね。

漠然とした目標設定ではなく、
数字を使った測定可能な目標設定。
そして、そのための行動目標をつくる。

それによって、目標達成ができるようになりますよ。
ぜひ、今年のあなたの目標設定を見直してみてくださいね!