ビジネスアイデア の記事一覧

起業がうまくいかない原因~好きなこと・やりたいこと呪縛

先日、あるところでお話しした方。
すでに、ご自身で活動をされているけれど、悩んでいらっしゃる様子でした。

  • いくつかやりたいことがあって、そのどれもが好き
  • 人に相談すると、Aがいいとか、Bが向いているとか、いろいろと意見をもらうけれど決めきれない
  • どうしたらいいだろう・・・

そんな話がグルグルと続いていて、ずっとそのことで悩んでこられたんだろうな・・・と感じました。

と同時に、いちばん大事な視点が欠けている、とも思いました。

だから、決めきれない、踏ん切りがつかないのではないかしら?と。

続きを読む

何かやりたい、起業したい・・・でも、どうしたら?で迷ったときの考え方あれこれ。

先週末の土日で、「女性のための起業入門講座」を担当しました。

半数くらいの方が
「やりたいこと、好きなことがいくつかあって、絞り込みたい」
自己紹介されていました。

やりたいこと、好きなことがあるけれど、
それを「ビジネスの形」に【変換する】にはどうすればいいのか・・・。
ここで悩んでいて、一歩を踏み出せない人、多いですよね?

では、どうすればいいのか・・・。
そのあたりの考え方・方法をご紹介したいと思います。

続きを読む

女性の、ひとり起業が伸び悩む原因と対策

中小企業診断士・「ビジネスきらり塾」主宰の千葉真弓です。

ここ数年、毎年10~12月は、各地で起業塾・創業セミナーなどが多く開催されるようになっています。わたしも、今年は7カ所で講座を担当いたします。(10月・11月は、土日のお休みがありません(>_<))

担当する講座のなかには女性限定の講座もありますが、多くは性別問わず・・・の起業講座です。とはいえ、年々、女性の受講者さんは増加傾向のよう。起業すること、自分のビジネスを始めることが、女性の働き方の選択肢として認識が高まっているようでうれしいですね。

ただ、女性起業では、一人で起業する、いわゆる「おひとりさま起業」が多く、せっかく起業しても伸び悩む人が多いのも現実。。。

続きを読む

今までと違う成果を求めるならば、まずはココを見直す。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

仕事柄、起業や経営のご相談、お悩み・・・をたくさん聞きます。
売上が増えない、以前よりも減ってきている、
お客さんが減っている、新規が増えない、などなどのお悩み。

悩んでます、困っています・・・と言われるものの、
そういう方に限って、ず~~~っと同じ方法を続けていたり、
そもそも何もやっていなかったり、という方が多いんですよね。

なぜなんだろう???

今までと違う成果が欲しいのであれば、
今までの行動を見直して、今とは違う行動をする。

ただ、それだけのこと、だと思うんだけどな。

たとえば、チラシをポスティングしているけれど、
お問い合わせがない場合の、見直しポイントだって、たくさんありますよ。

  • チラシの内容を見直す
    (キャッチコピー、ビジュアル、文章のわかりやすさ、オファー内容などなど)
  • チラシの形態を見直す(サイズ、紙質など)
  • ポスティングのエリア
  • ポスティングの回数
  • ポスティングの時期と頻度
  • ターゲットに対してポスティングは有効なの??

ザックリあげただけでも、こんな感じ。

検討したうえで修正して、やり方を変えてみる。
いろいろと考えて、試して、検証して、繰り返す。
そのなかで、わたしにとってうまくいく方法を見極めていく。

人がやってうまくいく方法と、
あなたがやってうまくいく方法、が、必ずしも同じとは限らないもの。

今、成果を上げている人、うまくいっている人たちも
あれこれと試行錯誤の時期を通ってますよ。
その人たちは、その試行錯誤の時期に
「や~めた!」をしなかったから、今があるんだと思うの。

一度でうまく進めよう、絶対に失敗をしたくない、と思わずに、
起業してうまくいくには、試行錯誤の時期を通る必要があるのよね、と思っておけば
気持ちにも余裕がもてるんじゃないかな(^_^)

 

 

あなたの資格が仕事につながらないのには、ワケがある。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

起業のご相談でよく出てくる話の一つに、
「資格をとったから、それを活かしたい」というものがあります。

資格をとったけれど、それをどう活用すればいいのかがわからない。資格はあるけれど、仕事に結びついていない。こういう悩みの方、多いです。

 

資格をお金に換えられない理由・1
「資格をとることが目的になってしまった」

 

先日、お話したAさん。
資格をとるために、毎月、東京まで通っていたそうです。
(段階的に資格があるそうで、上級クラスになると東京でしかやっていないとか・・・)

そんなこんなで頑張ってとった資格。
でも、イマイチ、仕事になっていない・・・と。

こういうケース、趣味的な資格に多い話。
資格をとったあとに、どのように活用するか、を考えずに
資格をとることが目的になってしまったのです。

実は、これには、わたし自身も経験がありまして。。。

かなり前のことですが、テーブルコーディネートや
カラーコーディネートの勉強をしていたことがありました。
その頃は、勉強していること自体が楽しくて
それをどうやって仕事につなげていくか・・・を、まったく考えていませんでした。。。

テーブルコーディネートのデュプロマや、カラーの資格も持っていますが、
今の仕事では、直接的には活用できてないんです。
その頃の経験や人とのネットワークが今に生きているので、それも良しですが、
それにしても、相当な時間とお金をつぎ込んだものです。。。(苦笑)

 

資格をお金に換えられない理由・2
「需要が少ない資格をとっている」

 

資格をとるときに、
人気があるから、好きだから、なんとなくよさそう・・・など、
イメージが先行して資格を選んでいる人が大半かと。。。

資格としての人気と、仕事があるか、とは別もの。
人気はあるけれども、仕事につながらない資格は、けっこう多いです。

資格をとってみたものの、実際の仕事は、資格取得講座の講師が中心で、
資格を活かしてビジネスをすることができていない、
ということも、よく聞く話のひとつ。
●●●協会のような民間資格では、特にその傾向が。。。

資格を「人生を変える武器」にしたいのであれば、
その資格に対する需要の有無をチェックしたいところですね。

たとえば・・・

  • 資格を取った人がどんな仕事をしているのか
  • 世の中の動きとして、その資格を必要としているだろうか、
  • 求人情報などで、資格が評価されているか

    まずは、そのあたりをチェックしてみてくださいね!

需要・・・という点でいえば、
「難しい資格」=稼げる資格・仕事がある資格、とも限りません。
その点も要注意ですね!

とはいうものの。せっかく取った資格。
なんとか、活かしていきたいと思いますよね。
その点について明日のブログ記事でご紹介していきますね!