スタートするときは、「質」より「量」が大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。

起業の初期段階(起業から3年以内)の方のご相談では、
「集客が・・・」と言われる方が多いのです。
セミナーや教室への参加者が少ない。
サロンのお客様が増えない・・・

では、集客のために、どんなことをしているか・・・と質問すると
ブログ記事を1回、投稿した
Facebookで告知した、といった感じです。

 

起業初期は、とにかく動く!

大量行動が、起業の成功への道を開いてくれる。

 

これって、告知の数が少なすぎます。

集客できない、集客が課題・・・と、
感じているのであれば、
もっと人に会う、もっと情報発信をする、など、
「量」を増やすこと。

仕事の内容も同じです。
たくさんの量をこなすことが、
いつしか「質」を高めることに転じます。

起業の初期段階(起業から3年以内)は
「質」よりも「量」をこなすことが重要です。

量をこなす。
つまり、経験を重ねることで、チカラがついていくのです。

起業初期の大量行動が、
あなたの起業の成功への道を開いてくれますよ。

 

わかっていても、行動ができないとしたら・・・

 

実は、多くの人が、
最初から「うまくやりたい」と考えがち・・・

「うまくやりたい」ということは、
別の言い方をすれば
「失敗したくない」「失敗するのが怖い」という気持ちの表れ。

そのために、行動したほうがいい、とわかっていても
行動することを避けてしまおうとします。

集客・売上アップのためには、
たくさんの人と会う方が効果的、とわかっているけれど
断られるのが怖くて、別のことにチカラを入れてしまったり。。。

たとえるならば、
営業職の人が、お客さんと面談せずに、
資料の手直しを延々とやっている。。。みたいな感じ。
これでは売上があがる見込は薄いですよね?

最初は、「うまくできなくても当たり前」くらいの
気持ちでやってみてはどうですか?

思い切って動いてみると。。。
案外、うまくいった。。。ということは、よくあること。

さあ、思い切って、一歩を踏み出しましょ(*^-^*)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*