目標と計画をたてるコツと注意点

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。

2017年が始まって、今日が6日目。
新年を迎えたときのシャキッとした気持ちが、そろそろ緩み始めるころではないでしょうか^^

 

毎年、目標は立てているんだけれど、実現できたことない、
いつも途中までで達成できていない・・・なんて声もよく聞きます。

そこで、今年の大みそか(←気が早い??)を、
「あー今年はいい1年だった♪」と笑顔で迎えられるように
目標&計画をたてるときのコツと注意点を書いてみたいと思います。

続きを読む

起業あるある~失敗から学ぶ人・失敗で終わる人

女性起業コンサルタント/中小企業診断士の千葉真弓です。

起業や経営のご相談・コンサルのなかで
なかなか行動が伴わないというケースがあります。

うまくできそうにないから。。。
失敗したくないから。。。
自信がないから。

そうですよね。その気持ち、よーくわかります。

続きを読む

起業準備は、創業塾・起業塾への参加がオススメ

おはようございます。女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

ここ数年の傾向として、秋~冬になると、
全国各地の商工会議所・商工会・行政などが主催する
創業塾・創業セミナー・起業講座などが開催されています。

わたしも、今年は、10カ所の創業塾で講師をさせていただきます。

自分が担当しているから・・・というわけではなく、起業準備として、こういう創業塾や起業講座の受講はオススメです。

続きを読む

女性の、ひとり起業が伸び悩む原因と対策

中小企業診断士・「ビジネスきらり塾」主宰の千葉真弓です。

ここ数年、毎年10~12月は、各地で起業塾・創業セミナーなどが多く開催されるようになっています。わたしも、今年は7カ所で講座を担当いたします。(10月・11月は、土日のお休みがありません(>_<))

担当する講座のなかには女性限定の講座もありますが、多くは性別問わず・・・の起業講座です。とはいえ、年々、女性の受講者さんは増加傾向のよう。起業すること、自分のビジネスを始めることが、女性の働き方の選択肢として認識が高まっているようでうれしいですね。

ただ、女性起業では、一人で起業する、いわゆる「おひとりさま起業」が多く、せっかく起業しても伸び悩む人が多いのも現実。。。

続きを読む

テーブルコーディネートと中小企業診断士!?

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。
今日は、ちょっとわたし自身のことを書いてみようと思っています。

中小企業診断士は、経営コンサルタントの国家資格と言われていて、資格取得者の95%が男性で、女性は5%程度という、男性中心?男社会的な資格です。
受験勉強をしていたとき、資格のスクールにも通ったのですが、女性は数えるほど。。。(^-^;

そんな資格なので、ずーっとバリバリ仕事をしてきた人。
いわゆるバリキャリに見られがちです。

が、実は、まったく違います。

今(2016年9月23日)ちょうど、博多阪急さんのイベントホールで、
「波佐見焼&My Dear LIFEフェア」というイベントが行われています。

食空間プロデューサーの丸山洋子先生やその生徒さんたちの、
波佐見焼を使ったテーブルコーディネートが8作品、展示されていて、それらの商品をご購入できるという企画です。
(トップの写真は、丸山洋子先生と撮っていただきました)

続きを読む

スタートするときは、「質」より「量」が大事。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。

起業の初期段階(起業から3年以内)の方のご相談では、
「集客が・・・」と言われる方が多いのです。
セミナーや教室への参加者が少ない。
サロンのお客様が増えない・・・

では、集客のために、どんなことをしているか・・・と質問すると
ブログ記事を1回、投稿した
Facebookで告知した、といった感じです。

続きを読む

「うまくいく方法」を探す前にやるべきこと

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

世の中の多くの方が、
もっと成功したい・・・
もっと収入を増えたら嬉しい・・・と考えていますね。

だから、どうすれば「うまくいく」のだろう、と考え、
もっと「うまくいく」方法を知りたい・・・と行動しています。

具体的にいうと、セミナーや研修に参加する、本を読んで知識を増やす、などの行動をしています。

 

成功のための知識やノウハウを増やしているのに、
うまくいかないのは、なぜ?

 

そうであるにも関わらず、
満足できる状態になれないのには、理由があります。

実は、「うまくいく方法」を探しているから。

皮肉に感じるかもしれませんが、
「うまくいく方法」を探す・・・という行動が、うまくいかない原因となっているのです。

なぜなら、うまくいく方法「だけ」を取り入れる(=追加する)のは、
実は、うまくいきません。

 

新しい「うまくいく」方法を取り入れる前に、やるべきこと

 

あなたが、セミナーや研修、本などで知った、
新しい「うまくいく方法」を取り入れる前に、
現在の、うまくいかない原因、現状を引き起こしている原因を取り除く必要があります。

たとえば、ダイエットをする場面を考えるとわかりやすいでしょう。

これを飲めば、誰でもダイエットできる!といわれるような、
とても効果のあるサプリを新たに見つけたとします。

あなたは、よし、このサプリを飲めば、
ラクラク、ダイエットができそう(*^^)v・・・と思って、そのサプリを飲むことにしました。
※これが、新しい「うまくいく」方法を取り入れるということ。

だけど。。。太ってしまった原因(たとえば、食生活、ライフスタイルなど)を
改善しない限り、そのサプリを飲まなくなったら、
また、元の状態に戻ってしまうだろう・・・と、想像ができますよね?

起業やビジネスも、同じです。

うまくいく方法を探したり、試したりする前に
現状の分析をして、
うまくいっていない原因を取り除いたり、改善できることに取り組む方が大事
なのです。

でも。。。これ、ほとんどの人がやろうとしません。
だって、ワクワクしないから。。。なんか、地道な作業って感じですし。
新しいことをするほうがワクワクするし、ちょっと派手な感じですし。

だけど、ビジネスは、地道が近道ですよ。

「とと姉ちゃん」で出会った、お客さんの心理を理解する一言。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

朝は、時計代わりにテレビをつけるって方も多いですよね。

わたしも、先日の出張先で、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を見るのではなく、聞きながら・・・荷物の片付けなどをしていました。

で、聞こえてきたセリフに、思わず、手が止まり・・・
慌ててメモをしたのが、今回ご紹介するセリフ。

 

「そうか、僕が買っていたのは、
ただの商品じゃなくて、希望だったのか」

 

どういうシーンだったか、補足すると。。。

少し前までは、戦争で、何も手に入らなかったのに。。。
今は、たくさんの電気製品がお店に並んでいる。
それを見ると、嬉しくて、素通りできなかった。

と、男性社員が、トランジスタラジオを買ったときの気持ちを語っています。

そして、そのあとに続くのがこの一言だったのです。
「そうか。僕が買っていたのは、ただの商品じゃなくて、希望だったのか」

これ、まさに、お客さんが商品・サービスを買うときの心理です!!

 

お客さんが、本当に買っているものは、何?
顧客心理を理解する

 

わたしたちは、商品・サービスにお金を払うとき、
単にそのモノを手に入れたくて買っているワケではないのです。

その商品を手にすることで得られる満足感、
何かが解決できるであろうという期待、といった「未来」のためにお金を払っています。

たとえば、エステサロンであれば、エステをうけることで、
お肌の調子がよくなるかも。。。とか
最近、少し疲れているので、肌がくすみを取りたいな、とか。

そのような「希望」を感じることができて、
得られる未来を期待して、エステサロンに足を運んでいます。

 

あなたのお客さんが、あなたに期待しているのは
どんな希望・どんな未来?

 

あなたは、あなたの商品・サービスを通して、
あなたのお客様に、どのような「希望」をお届けしていますか?

お客様は、どのような「希望」を感じて、
あなたの商品・サービスを選んでいるのでしょうか?

ここ、しっかり考えてみましょう(*^-^*)

 

集客活動や営業活動で大事なことは、
お客さんに「未来」を伝えること

 

ブログをしっかり書いているのに、集客ができない。
営業活動を頑張っているのに、販売成績が伸びない。などなど。

そういう方に共通しているのが、
商品・サービスの特徴やスペック、性能。
あるいは、材料は・・・つくり方が・・・といった自分自身の「こだわり」
などを、話したり、書いたりして、伝えているケースが多いのです。

マニアなお客さんであれば、それも必要かもしれませんね。

ただ、一般的には、そういったことよりも、
その商品・サービスを使うことで得られる「未来」を伝えるほうが大事なんです。
どうなれるのか、どう変わるのか、
どんな気持ちを感じることができるのか・・・などの「未来」です。

そして、その商品・サービスをもったとき、使ったときの
「未来」をイメージでき、「希望」を感じてくれたときに
「それ、欲しい!!」に変わります。

お客さんが買っているのは、「ただの商品じゃなくて、希望」です(*^-^*)

追伸♪
NHKの連続テレビ小説は、ビジネスやマーケティングのヒントがたっくさんありますね。
侮りがたし♪

 

売上アップを実現する質問

中小企業診断士で、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

売上を増やしたい、お客さんを増やしたい・・・
そういうご相談に対して、アドバイスをするのがわたしの仕事です。
(もちろん、それ以外にもありますが。。。)

ヒアリングのときに、必ずでるのが、この質問。。。

 

売っているものは、何か?

 

それは、「あなたが、本当に売っているものは何?」

この質問をすると、

  • カフェで料理を提供しています
  • アロマテラピーサロンで、トリートメントをしています
  • スイーツを売っています

このように、答えられます。
何を聞いているんだろう・・・?と怪訝な顔をしながら。

 

スターバックスが売っているものは?

 

たとえば、スターバックスは、
美味しいコーヒーの「味」だけを売っているわけではありません。

スターバックスのコンセプトは「サードプレイス」。
家(1つ目の空間)、職場・学校(2目の空間)に続く、
3つ目の空間を提供する、ということ。

つまり、スターバックスは、
コーヒー(商品)やコーヒーの味だけを売っているのではなく、
快適な空間や時間を提供する「サードプレイス」も売っているのです。

その結果、(単なる液体としての)コーヒーを売っているライバルたちよりも
高い人気を得ることができました。

 

お客さんは、何にお金を払うのか?

 

あなたが、「本当に」売っているものは、何でしょうか?

お客さんが、あなたの商品やサービスにお金を払う「本当の」理由は何でしょうか?

この質問の答えは、すぐに出てこないかもしれません。
答えは、一つではないかもしれません。

ぜひ、じっくり考えていきましょう。