ブログからお申込がこない!?その理由とは。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

先日、「ネット集客スタートセミナー」を開催しました。
同じセミナータイトルで、2月にも開催したので、今回が2回め。

2回したことで、ある程度、ご参加者の傾向が見えてきました。
おそらく、このブログを読んでくださっている方のなかにも、
同じ悩みを感じている人は多いのでは・・・と思うので、ブログ記事としてお伝えしますね。

このセミナーの対象者として
これからインターネットを使って集客に取り組みたい方を想定しているのですが。。。

実際には、ほぼ全員が、ブログ、FacebookなどのSNSをされていて、
さらにうまくいく方法を知りたい、
もっと効果的なやり方で取り組みたい、という熱心な方が多いです。

なかには、続けている割には、思ったほど手応えがなくて・・・とか
まったくお申込がないんです・・・(T_T) と、言われる方もおられます。

そこで。。。どんなことをブログ記事に書いているのか、など、
いくつか質問してみると。。。
お申込や問い合わせがない理由が見えてきました。

 

ブログからのお申込がない!?その理由・1
ブログ読者が絞り込まれていない

 

お話を伺うと、どんな人に読んでもらいたいのか?が固まっていないケースが多いです。

たんに、日々の出来事を書く、あなた個人の日記としてのブログではなく、
ビジネスに活用(=集客、お申込につなげる)する目的であれば、
ブログ読者を設定する必要がありますね。

どんな人に読んでもらいたいのか、
どんな人に興味をもってもらいたいのか。
まずは、絞り込みをしていきましょう。

 

ブログからのお申込がない!?その理由・2
内容がわかりにくい

 

よくある例をご紹介すると。。。
メニュー内容がわかりにくい、説明が不足している、ことは多いです。

先日、お話をした方は、
「トータルケアコース90分 ○○○○円」と書かれていて、
そのほかにも、60分コースや120分コースもありました。

「トータルケアコース」って何をするんですか?と質問をして、
60分、90分、120分で、それぞれ何が違うんですか?と質問をして。。。

ようやく、その内容を理解することができましたが、
これも、対面で質問をしたから、わかったのです。
(残念ながら、ブログには、その説明はありませんでした(>_<))

そのほかにも、専門用語が多かったりすると、
ブログ記事の内容がわかりにくくなります。

あなたにとっては、当たり前のコトバ、単語でも、
読み手にとっては、???となることは、よくあります。

お客さんとお話をしているときに、
「???」という顔をされたら、表現を変えて伝えたりするでしょう?

対面だと、そういうことができるけれど、
ブログだと、できませんよね。

つまり。
ブログからの集客やお問い合わせが欲しいのであれば、
ふだん、対面でお客さんにお話しているときよりも、
さらに丁寧に説明したり、表現を変えたりする必要がある、ということです。

 

ブログからのお申込がない!?その理由・3
お申込やお問い合わせフォームが設置されていない

 

意外に思われるかもしれませんが。。。
ブログを頑張って書いているのに・・・という方のなかには
お申込やお問い合わせのフォームが設置されていない、
設置しているけれども探さないと見つからない、なんてケースもありました。

せっかく、行ってみようかな、申し込んでみようかな・・・と
気持ちが傾きかけたときに、
あれ?どこから申し込めばいいのかわからない・・・では、
行く気もなくなりますよね。残念・・・(T_T)

あるいは、お申込がお電話のみ、というケースも多いです。
電話となると、ちょっと気持ちのハードルが上がります。

ビジネスの内容にもよる、とは思うのですが、
できれば、入力フォームか、
メールでお問い合わせをするほうが気持ちがラクですよね?

フォームズなど、無料で使えるメールフォームサービスもあるので、
お申込フォームやお問い合わせフォームを設置しておきましょう。

 

いかがでしたか?
ちょっとしたことに気をつかうだけでも、反応が変わってきます。
見直しをしてみてくださいね♪

うまくいく人と伸び悩む人、たった一つの違い。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

毎年100人以上の、起業家・経営者と話をしています。
正確に数えた数字ではありませんが、
お会いした起業家・経営者の人数は1,000人近いです。

経営のご相談でお話することが、ほとんどですので、
うまくいっている方、成功している方、伸び悩んでいる方などなど。。。
さまざまな状況を見てきたのです。

そして、常に気になることは、
結局のところ、ビジネス・商売がうまく・うまくいかないの違いを
決定づけるものは何だろう?ということ。

そして、やっぱり、コレだけだな、と思うのです。
聞いてみれば、な~んだ、と思うはずです。

 

うまく行く人と、いかない人のたった一つの違い

 

ビジネス(起業)で設定した目標を、
必ず達成する!と決めているか、どうか。

「決めている」「決意」

突き詰めれば、ただそれだけ、なのです。

そして、目標を達成するために必要なことを
ただ、ひたすら取り組んでいる。行動している。

決めているから、行動できるんです。

決めていなければ、「何を」「いつまでに」取り組むか、
行動の中身も固まらないですものね。
行き当たりばったりになってしまう。。。

ね?
な~んだ、と思ったでしょう?

だけど実際のところ、決めている「つもり」でいるけれど、
決めきれていない人、って多いですよ。

 

 

女性起業家さんの、弱み。

 

特に、女性起業家さんの場合、
あまり無理はしたくない、
頑張っているように見られたくない、
必死で集客しているように思われたくない、とか。

ブログで見かけた●●さん、
そんなに必死に頑張っているように見えないけれど、なんだかうまく行ってそう・・・。
だから、わたしにもできるハズ・・・。

そういうマインドで、ふわっとスタートしている人がけっこういます。

つまり、必ず達成する!と「決めて」、行動していないんです。

 

見えているところだけで、判断しない

 

もしかすると。。。そのブログで見かけた●●さんは、
ブログに書いていないところでは、
めちゃくちゃ必死に頑張っているかも、しれないですよ。

お客さんにお手紙を出したり、挨拶に回ったり。
ご紹介をお願いしたり。。。
とてもきめ細かく、さまざまなことに取り組んでいるかもしれませんよ。

湖をスーっと浮かんでいる、優雅な白鳥は
水面下では必死に足を動かしている・・・なんてたとえ話もありますよね?
(本当に白鳥ってそうなのかどうか・・・はわかりませんけど^^)

 

あなたは、どうしたいですか?

 

 

 

熊本地方の地震に関する中小企業支援策が出ています。

中小企業診断士・女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

熊本地方の地震が、大変なことになっています。

わたし自身、小学5年生~高校卒業までの8年間を
熊本県北部の、玉名市で過ごしました。
今も、多くの友人・知人が熊本在住です。
それだけに。。。被災された方のことを思うと、心が痛みます。

中小企業庁などから、熊本地震関連の中小企業支援策が発表されていますので、このブログでもご紹介します。
もし、この情報がお役にたてるようでしたら、遠慮なくシェアしてください。
支援策などは追加発表されると思いますので、修正等を加えていただいても問題ありません。

今後、事業活動が復興していくなかで、できるだけ多くの方に必要な情報が届きますように。。。


中小企業庁・熊本地震関連情報のまとめサイト


<経産省、中小企業庁>
平成28年熊本県熊本地方を震源とする地震に対する被災小規模事業者対策(追加対策)を行います(小規模企業共済災害時貸付の無利子化等)

経済産業省は、小規模企業共済契約者に対する貸付制度について、一段の金利引き下げ等の措置を講じ、危急の事業資金の確保のための支援を拡充します。

熊本県熊本地方の地震の発生に伴い、下請かけこみ寺に「特別相談窓口」を設置します

熊本県熊本地方を震源とする地震の発生に伴い、親事業者の工場が操業を停止したため納品ができない、といった下請事業者の取引上の様々な影響が生じる恐れがあります。このため、中小企業庁では、本日、全国48か所の「下請かけこみ寺」に「特別相談窓口」を設置しました。

平成28年熊本県熊本地方の地震に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います(追加情報:4月16日)


<日本政策金融公庫>

熊本県・大分県の各支店では、特別相談窓口が設置されています。
日本政策金融公庫のHP

 

<熊本県信用保証協会>

平成28年熊本県熊本地方の地震に係る災害に関する特別相談窓口の設置について

<大分県信用保証協会>

平成28年熊本県及び大分県で発生した地震に係る災害に関する相談窓口の設置について


<金融庁/九州財務局>

平成28年熊本県熊本地方の地震に係る災害に対する金融上の措置について

平成28年(2016年)熊本地震に関連する有価証券報告書等の提出期限に係る措置について


<九州経済産業局>

「平成28年熊本県熊本地方の地震に関する特別相談窓口」を設置

平成28年熊本県熊本地方の地震に係る大分県における被害に関する相談窓口を設置

熊本県内における営業中SSについて公表しました


 

創業補助金(平成28年度)の募集要件の変更点について

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

毎年、話題となっている「創業補助金」

創業すると、200万円がもらえる。。。
という話を聞いたことがある、という方もいらっしゃることと思います。(あ、これ、大きな誤解ですからね~)

今年の募集は、まだですか??と、ご質問をいただくことも多いのですが。。。
平成28年度は4月初旬から募集となるようですよ。
現時点(2016年3月25日)では、まだ募集が始まっていません。

平成28年度の創業補助金については、
2月15日に、中小企業庁から募集要件について公表されまています。

「本事業については、創業希望者の方や創業支援者の方からのご関心が高く、多数お問い合わせをいただいておりますが、現在、本事業の管理運営事務局を募集しているところであり、今後、事務局決定後、4月初旬に補助金事業の募集を開始する予定です。」

だそうです^^

 

創業補助金(平成28年度)の募集要件は、変更されています

 

公表された募集要件を読むと、大きな変更点があります。
昨年までの制度との大きな違いは、認定支援機関による支援は応募要件から外されたこと。
その代わりとして、創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者による支援が必須要件となったことです。

また、創業時期についても、注意が必要です。
以下、その内容を説明しますね。

 

中小企業庁が公表している募集要件のポイント

 

募集要件・1:創業時期に注意!
新規創業の場合は、募集開始日~補助事業終了日の間に創業予定の方が対象
つまり、募集が始まる「4月初旬」以降に創業する人ということです。
※これは、昨年までと同様です。
ただし、昨年の募集開始は3月でしたが、今年は4月初旬。ご注意くださいね。

募集要件・2:対象者について
平成28年度創業・第二創業促進補助金における補助対象者については、
産業競争力強化法に基づく支援を受けた者へ重点化を図ることとし、以下のとおりと致し ます。

対象者は、以下の2点を満たす必要があります。

  1. 産業競争力強化法に基づく認定市区町村で創業、第二創業を行う者
  2. 創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者による認定特定創業支援事業を受ける者

認定市区町村とは・・・?
産業競争力強化法に基づく認定市区町村産業競争力強化法では、市区町村を中心とした創業支援事業の取組みが促進されるよう市区町村において創業支援事業に関する計画を作成し、この計画を国が認定、支援するという仕組みになっています。
計画の認定を受けた認定市区町村では、商工会・商工会議所や金融機関等と連携し、当該地域の創業者・創業希望者の支援を行っています。

結局どうすればいいの?って感じなんですが・・・

まずは、創業を予定している市区町村が、認定市区町村であるか?を、確認しましょう。
確認するには、ここから→【認定市区町村及び支援内容の紹介】

次に、市区町村と商工会・商工会議所や金融機関などが開催している認定特定創業支援事業に参加

具体的にいうと。。。
「創業塾」などを受講
創業計画書の作成
市区町村による創業計画書の認定と支援を受ける
という流れになります。(なんだか、ヤヤコシイ??(@_@))

実は、昨年、あちこちで「創業塾」が開催されていたのですが、
ほぼ、この制度にのっとったものだったのです。。。

えーー?昨年の創業塾、受けてない(>_<)という方でも、大丈夫です。

募集要件をよく読むと・・・

「まだ認定特定創業支援事業を受けていない者であっても補助事業期間中に受ける見込みがある場合は、申請可能とします。その場合、創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者による確認書の添付が必要となります。ただし、補助事業期間が終了した時点で、認定特定創業支援事業を受けたことが確認できない場合は、補助金交付の対象者から外れますので、予めご注意ください。」

とあります。

ですから、創業補助金を申請して、採択された場合、支援を受けて「確認書」を受け取れるようにすればよい、ということですね。
(そのあたりは、採択されたあとに説明会がありますので、しっかり説明を聞きましょう!)

 

創業補助金の申請手続きって、結局、どうすればいいの?

 

ご自身の「創業計画書」「補助金申請書類」を作成するのは、当然・・・。
なので、書類関係の話は外します。(創業計画、しっかり作りましょう!)

手続きに関しては、
まずは、創業予定地の市区町村が認定市区町村であるか?を確認

手っ取り早いのは、創業予定地の市区町村に直接、問い合わせること。
そして、「認定特定創業支援事業を受ける」には、どうすればよいか?を聞きましょう。

とはいえ、今年は、創業補助金の予算がぐーーーっと絞られていて、
全国で120件程度の採択予定だそうです。県単位でみると2~3件・・・。

昨年までと違って、めちゃくちゃ狭き門。。。

その狭き門を通るには、「創業計画書」が重要です。

事業としての、独自性や新規性、将来の事業拡大の可能性、
地域経済への波及効果、雇用創出などなど。。。
それなりの事業規模が期待できる事業でないと、採択は厳しい感じがします。
(わたし個人の感想ですよ!)

それでもスタート段階で、200万円を補助していただけるのは心強いですね。
申請を予定されている方は、
しっかりと「創業計画」を練って練って練って・・・、準備を進めていきましょう!

事業をうまく進めるには、コレを意識する。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日から長崎に出張中です。
昨年11月から今月まで3社のコンサルが進行中。今月が最終回です。

毎月1回2時間程度の面談。
そのときには、現状のヒアリングやデータ分析をして、改善すべき点を抽出し、次回までの取組み内容を決定します。

翌月の面談では、その進捗状況を確認し、さらに改善に取り組む・・・。
この繰り返しです。

言葉にすると、たったこれだけ?って感じなのだけど。。。

あるお店では、平均単価がアップ。
また、別の会社では新規のお客様が倍増・・・と、しっかり成果がでています♪

 

コンサルを受けると、なぜ、成果があがりやすいのか?

 

実は、コンサルを受けていただくと、
どの会社・お店でも、ある程度は成果がでてしまいます(*^^*)
もちろん、程度の違いはあるし、
成果がでるまでに必要となる時間も違いはありますよ。

とはいえ、ある程度の期間でみれば、何らかの成果は出るのです。

そして、ほとんどの方が、
ずーっとやろうと思っていて手をつけていなかったのに、
することができた、終わらせることができた、とお話されます。

この理由、わかりますか?

コンサルタントが優秀だから?
すごいアドバイスをしたから?

・・・というよりも、
次回までにやらなくては!!!と行動が促されるから。

つまり、締切効果が働くんです。

 

行動するときには、必ず期限を設定する

 

成果をあげる、事業をうまく進めるためには、コンサルが必要・・・ということではなく、
締切効果が働くようにするために、
自分で取り組むときにも、必ず期限を設定するといいのです。

  • いつまでに
  • 何をする

これを決める。
そして、自分との「約束」として守る。

 

行動内容は、具体的に決める

 

  • いつまでに
  • 何をする

を決める。。。という話は、
セミナーや講座などでもお伝えしているのですが。。。

ほとんどの方が、何をする(=行動)が
抽象的な内容となっているケースが多いです(>_<)
だから、実際の行動につながらない。。。

例をあげると、
「7月に、チラシをポスティングする」という行動内容。

これ、一見、OKに思えます。
一応、いつまでに(=7月)、
何を(チラシをポスティング)と決めているように思えますね。

でも、実際に行動するとなると・・・できないでしょ?
どのような内容のチラシを、どこの地域に、何枚・・・と
まだまだ決めることが、たくさん残っていますね(^^;

具体的に決める、というのは、
「そのまま、即、行動できるレベル」に落とし込む、ということ。

コンサルのときには、このレベルのところまでお話をするんです。
だから、成果がでやすくなるんですよ~。

とはいえ、「考えを深めること」が苦手な人には、
最初は、とても苦しいんだそうです。
でもね、こういうことは習慣というか、慣れなんです。
続けていけば、ラクラクできるようになりますよ(*^^*)

お金をかけずに、新規のお客様を増やす、ちょっとした方法

おはようございます。女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

コンサルをしていると、多くの方が「お客さんを増やしたい」と言われます。

「売上=お客さんの数×客単価」です。
なので、単純にいえば、売上を増やすには、

  • お客さんの数を増やす
  • 単価を上げる

の、いずれかに取り組むことになりますね。

 

新規の患者さんが増えた、治療院さん

 

先日、治療院さんのコンサルティングでのこと。。。
「おかげさまで、新規の患者さまが増えてきました」と、
院長先生からご報告をいただきました。

その治療院さん、近くに治療院が一気に2つも増えて、
新規の患者さんが増えない状況が続いていました。

そこで、前回のコンサルのときに、ある方法を取り入れることを提案していたのです。

そのある方法とは。。。「紹介カード」を手渡しする、です。

え?それだけ??と思われるかもしれませんが。。。(^^;

はい。それだけ、です。

 

実は、「紹介カード」をやっているところは、少ない

 

取り入れたのは「紹介カード」を手渡しする、というシンプルな方法です。

実は、紹介カードを手渡しする、という
一見、単純に思えることを、キチンとやっている人は多くはありません。

あなたも、いろいろなお店、サロンに利用していると思うのですが、
「紹介カード」などを渡されたこと、
案外、数えるほどではないでしょうか?

つまり、新規のお客さんを増やしたい・・・と言っているけれども、
具体的な方法を実行している人は、とても少ないのです。
知っているけれども、やっていない、のが現状です。

 

新規のお客様を増やす「紹介カード」の3つの重要ポイント

 

「紹介カード」を使って、新規のお客さんを増やすには、
3つの重要ポイントがあります。

そのポイントは、次の3つです。

  1. 誰から、渡すか
  2. 手渡しのときに伝える内容
  3. そのあとのフォロー

ひとつずつ、説明をしますね。

1.誰から、渡すか

今回は治療院さんでしたので、
治療が終わったあとに、担当の先生(治療家さん)から手渡しをしてもらいました。

受付のスタッフさんが「紹介カード」を渡すのではなく、先生からです。

エステサロンさんの場合だと、
担当のエスティシャンさんから、になりますね。

 

2.手渡しのときに伝える内容

今回は治療院さんでしたので。。。
「ご家族やお知り合いの方で、○○に悩んでいる方がいらっしゃったら、
その方に、このカードをお渡ししてくださいね」というトークを設定しました。

このように「何を伝えるか」は、
キチンと台本(トークスクリプト)を作り、
大切なポイントの伝え忘れがないようにすると、いいですよ。

3.そのあとのフォロー

これは、紹介カードをお持ちいただいたあとの話になりますが。。。
紹介した側としては、どうだったかな?と気になるものですよね。

ですから、
「○○さんをご紹介いただき、ありがとうございます」と、
感謝の気持ちを伝えてくださいね。

当たり前のようですが、
紹介したけれども、その後の報告がない。。。というケース、案外多いものです。

 

今回は、治療院さんの事例としてご紹介しましたが。。。
「紹介カード」は、美容室さん、エステやアロマなどのサロンさん、などでも
取り入れやすい方法だと思います。

ちょっとした方法でも、キチンと取り組めば成果がでますよ。
試してみてくださいね(*^-^*)

 

ブログ、フェイスブックで集客できる人・集客できない人

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

女性起業家さんのなかには、
「ブログで、集客したい」と言われる方が多いです。

営業的なことは得意ではない。
対面でオススメするのが苦手。
だから、ブログで集客したいんです、と。

その想いのウラには、
対面よりも、ブログのほうがラク・・・という気持ちがあるのでは?

だとしたら、それは、大きな勘違い((+_+))

 

ブログの集客力は高くない

 

成約率の高い順位・集客力の高い順位をつけるとしたら、

1位 対面(直接会ってお話をする)
2位 電話
3位 個人的なメール
4位 メールマガジン
5位 ブログなどのサイト

となります。

ブログなどの、インターネットを使った集客は、
実は、とってもハードルが高いんです。

 

集客や売上アップの第1歩は、人に会うこと。

 

考えてみれば、当たり前のことで。。。

会ったことがない人、行ったことがないお店やサロン
そういうところに申し込んだり、行ったりするのって、
勇気がいりますよね(*^^*)

ということは、
ブログなどのネットを使って、集客するのであれば、

対面でお話する【以上】に、
「何」を、「どう伝えるか」をしっかり考えて
それを情報発信する必要があるってこと、です(*^^*)

今まで、コンサルなどでお会いした女性起業家さん・・・
ほとんどの方が、対面でお話している内容よりも、
ブログの情報発信が少ない状態でした。

それでは、集客やお問い合わせにつながらないのは、
仕方がないと思いませんか??

 

ネット集客は、自己流でやっても成果が出ない

 

ブログを頑張っているけれど、
集客ができない、お問い合わせが増えないという方には。。。

ネットを使った集客の基本から
めちゃくちゃ外れてて、「我流」「自己流」でされている方が多いです。
あるいは、ネットで見かけたノウハウをちょっと真似したり。。。

そして、そういう方のブログの特徴として、
アクセスの変動が大きいことがあります(^-^;

ブログ更新すると、アクセスがグンっと増える。
ブログ更新しないと、グーーンと減る。
この繰り返し。。。

一方、ブログやフェイスブックが集客につながる方は、
アクセスがある程度安定しています。

毎日、必死に、ブログ更新をしなくても、
検索キーワードからのアクセスがあり、メルマガ登録がある。
こういう状態になっています。

 

インターネットを使った集客は、基本に忠実に・・・

 

ブログを使ってお客さんを増やしたい・・・と、本気で思っている。
対面の営業活動をするのが苦手だから、
ブログをうまく使いたい、と真剣に思うのであれば
ネットを使った集客の「基本」を、キチンと学んでいきましょう。

「何を、どう伝えるか」をしっかり考えて、
【ネットを使った集客の基本】に丁寧に取り組めば、成果は出ます。

ネットを使った集客の基本を知るには、このセミナーがオススメです。
→ ネット集客スタートセミナー

価格設定の重要性、本当に理解していますか?

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

経営のご相談で多いのが、「売上が上がりにくい」というもの。。。

お話を伺っていると、商品やサービスの価格を決める時点でミスをしているケースが多いようです。

特に、ひとりでやっているようなサービス業の方は、
価格設定を間違ってしまうと、そのあとが大変です。。。

サービス業って、たとえば
サロン系(美容室、エステ、ネイルなど)
教室、カウンセリング、セラピストなどなど・・・。女性の起業で多い分野でもありますね。

 

価格設定の重要性

 

価格設定、とても重要です。
という話をすると、皆さん、そうよね。とナットクされるんですが。。。

実際に、自分の商品やサービスに価格をつけるときには、
「相場がこれくらいだから・・・」と、意外に適当につけていたりします(^^;)

重要といいながらも、腑に落ちていないって感じでしょうか。。。

 

価格設定は、あなたの時給を決めること、でもある。

 
特に、サービス業の場合、お金をいただけるのは
「サービスを提供したこと」に対して、ですね。

別の見方をすると、
「サービスを提供する」=「時間を提供する」ということです。
例をあげますね。

ネイルサロンさんの場合、一人あたり、平均2時間程度、かかっています。
そのときの価格が6,000円だとしたら、時間単価は3,000円ということ。

仮に、営業時間が10時間あるとすると、ビッシリと予約を詰め込んだとしても、
1日あたりの売上は、3,000円×10時間で、3万円。

これが上限。

時給3,000円というと、パートやアルバイトの時給よりも
グッといい感じに見えると思うのです。

実は、ここに落とし穴があるんです。。。

実際には、10時間ビッシリと予約を入れることはできないですね。

時間が前後することを考えて、
多少の余裕をとっているのが普通だし、休憩時間も必要です。
また、お店やサロンのお掃除や準備の時間もありますよね。

時間単価や価格設定を考えるうえでは、
「売上が発生しない時間」も考慮する必要があることに気づいてくださいね。

 

 

価格設定で、あなたの収入の上限も決まる

 

先ほど、1日の上限売上をみましたが。。。
価格設定によって、あなたの収入の上限は、ほぼ決まっているのです。

時間単価×仕事につかえる時間=あなたの収入の上限

こういう式が成り立ちます。

ぜひ、今の価格設定を見直していきましょう。

 

売上アップのコツ~たった一言で客単価アップの出来事。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日、3日間、東京に行っていました。行き・帰りともにJALをとりました。

ご存じのように、JAL国内線には、
ファーストクラス、クラスJ、普通席の3種類があります。

今回の出張では、行きはクラスJ、帰りは普通席となりました。

 

たった一言で・・・客単価1,000円アップ

o0480036013520126977

 

実は、最初に予約したときは、行き帰りともに普通席で予約。

福岡空港で、手荷物を預ける際に
「クラスJに空きがございますが。。。」の一言で、
「あ、じゃあ、お願いします」と、変更したのです。

クラスJは、+1,000円。
1,000円の違いですが、かなりお得感があります。
席がゆったりしていて、フットレストもあり、ビジネスマンに人気です。

営業的にみれば、
「空きがありますよ」の一言で、客単価1,000円アップですね。

ちなみに、ファーストクラスは、+8,000円。
白い革のシートで、とってもゆったり。。。なのですが、
出張での移動としては、ちょっと贅沢な感じですね(^-^;

 

言われなかったら、あえて変更しない

 

話を戻すと。。。

帰りは、最初に予約をしたとおり、普通席でした。
クラスJと比べると、ちょっと狭いな~とか思いながら。。。

なぜ、変更しなかったか?というと、オススメされなかったから

空席状況をみていたので、
クラスJに空きがあることは、実は、知っていたのですが、
手荷物を預ける際に、特に何も言われなかったから変更しませんでした。

「空きがありますよ」と言われていたら?
たぶん、「お願いします」と言っていたと思います^^

ということは、
「空きがありますよ」の一言を、言ったか・言わなかったか、だけで
客単価が1,000円違う、ってことですよね。

 

顧客心理から見ると・・・

 

顧客心理の面から考えると、
あえて、自分からは変更する、とは言わないけれど、
オススメされて許容範囲内であれば、アップグレードもありってことです。

実は、こういう話、よくありますよね。

美容室で、2種類のトリートメントを紹介されて、
せっかくだから・・・と、ちょっと高い方を選ぶ。
食事に行ったときに、今日のオススメ食材などを聞いて、
最初に考えていたものとは違うコースにする。

こんな経験、したことがあるんじゃないでしょうか。。。

 

つまり、お客さんに対して、まずは言ってみることが大事ですよね。

  • このような商品がありますよ
  • 今日は、これがオススメです
  • ●●を試してみませんか?

買う・買わないの選択は、お客さん側が判断すること。
提供側としては、まず言ってみる。とりあえず伝えてみる。

モノが売れない、集客できない、の、いちばんの理由は
「知られていないこと」。

だからこそ、
まずは言ってみる、
とりあえず伝えてみる、の姿勢が大事だなと思います。

そんなことを感じた、出張での一コマでした・・・。
もちろん、JALほどの大きな会社にとっては、
客単価1,000円のアップは大した影響ではないのでしょうけどね~(^▽^;)

あなたのビジネスには、「設計図」がありますか?

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

ちょっと想像してみてください。。。

もしも、あなたのご自宅、
実は、設計図がなくて、思いつきで作られたとしたら・・・

安全性は大丈夫?
住んでいる間に傾いたりしない??

そんな心配をしますよね(^^;)

つぎはぎだらけになってしまうし、
電気の配線がうまくいかないかもしれないし、
フロアに段差ができてしまうかもしれない。

設計図がない状態で、家が作られているとしたら
考えただけでもオソロシイ・・・(^-^;

 

起業にも、「設計図」が必要です

 

実は、自分でサロンや教室などを始めるときも同じです。

スタート時点の勢いは大事だけれども、
思いつき、行き当たりばったりだと
あとになって、あれれ??ってことも起こる。

そういうことを避けるためにも、「設計図」が必要なんですよ。

事業での「設計図」は、ビジネスプラン、事業計画といわれますね。

 

事業の「設計図」を考えるうえでの、ポイント

 

「売上設計図」のポイントは、以下の3つです。
———————

・お客さんは誰か?(=ターゲットを決める)

・そのお客さんに何を提供するか
 (=商品・サービスを決める)

・継続的なビジネスにするための仕組みをつくる
 (=集客と継続の仕組み)

———————

この3つを考えて、自分なりの形を整えていきます。

 

ビジネスプラン・事業計画を考えてスタートする
女性起業家は、少ない・・・

 

起業準備中の人や、起業して2~3年たった人の話を聞いていると、
行き当たりばったり、思いつき・・・で進めている人、多いんです・・・(>_<)
女性は、特に・・・。

あんなこと、やりたい、こんなことも、いいな・・・と
アイデアを広げること、夢を描くことは、得意な人が多いのです。

それを、ビジネス、事業という
「形」にする段階になると
考えがまとまらない、ストップしてしまう。

以前、お会いした方のなかには、

「10年後のビジョンは見えているんです。
でも、そこに進むためのステップがわかりません。」と、話をされた方も。。。

あの、これ、「ビジョンが見えている」とは、言えないんじゃ・・・と
コトバを飲み込みましたよ・・・(^-^;

 

設計図を作るには、頭のなかにあるものを
外に出す作業が必要・・・

 

まずは、メンドウと感じたとしても、目標とする数字などを決めていきましょう。
そのあと、具体的な行動に落とし込みをしていきます。

お店をもちたいのであれば、お店のイメージを固めるために、
写真などを集めたイメージボードをつくるのもいいですね。

要は、頭のなかにあるものを、いったん外に出す、という作業が必要なのです。

コトバ、数字、イメージ写真など・・・
第三者に伝わる形にアウトプットをしていきましょう。

それも難しい・・・面倒・・・よくわからない・・・と感じたら(^^;)
こちらの講座がオススメです。
経営実践塾をチェックする♪