個人事業を始めるときの手続きは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が起業するとき、
個人事業でスタートする方が多い、と前回の記事にも書きました。

今回は、さらに詳しく、個人事業の手続きについて書きますね。

 

個人事業の手続きは、何が必要?

 

個人事業としてスタートすること=開業です。
税務署に「個人事業主として商売を始めました」と届け出をする必要がありますよ。

届け出るための書類が、「個人事業の開業・廃業届出書」です。
一般的には、開業届といわれますね。

開業届のほかにも、青色申告をする場合には
「青色申告承認申請書」という書類を出します。
※青色申告って何?という方もおられるかもしれません。
これはまた、別の記事でご紹介しますね。

また、「開業届」とは別に、
都道府県税事務所へ「個人事業開始申告書」も提出することになっています。
ただし、事業税は、所得(※)が290万円を超えないと発生しないので
「個人事業開始申告書」を提出しないケースも多いです。
※所得とは、ザックリいうと、売上から経費を引いた残りの金額。
売上=所得ではありませんよ~。

ややこしく感じるかもしれませんが。。。とりあえずは、
個人事業のスタートは、税務署に開業届を出す!と覚えておきましょう。

 

開業届は、どこで手に入れる?

 

開業届は、国税庁のホームページからダウンロードできます。
PDFファイル形式の書類が、掲載されていますから、
わざわざ税務署に取りに行く手間が省けて、便利ですね。

青色申告申請承認書類も、
同じく、国税庁のホームページからダウンロードできます。
(最後に、まとめてリンク先をご紹介しますね)

 

開業届は、どこに出すの?

 

開業届は、現住所(ご自宅の住所)の所轄の税務署に提出します。
現住所とは別に、お店や事務所を構える場合には
そのお店や事務所の住所を納税地にすることもできますよ。

ずっと会社員だったり、組織にご勤務されている場合、
所轄の税務署を知らないという方もおられるかも、しれませんね。
所轄の税務署も、国税庁のホームページから検索することができます。
(これも、下のほうにリンクを掲載しますね)

 

開業届は、いつ出すの?

 

開業届は、開業日(事業をスタートした日)から、
1カ月以内に提出することとされています。

また、青色申告承認申請書は、
開業日から2カ月以内に提出することとされています。
ただ、青色申告を選ばれる場合は、開業届と同時に出されることが多いようです。

 

開業届・・・提出に行くと、ポンッとハンコを押してもらうだけ、なんです。
さぁ!起業するよ~~っと、ドキドキしながら持っていったのに、
え?これだけ??と拍子抜けした~~という話は、よく聞きます。

とはいうものの、きちんと「開業届」を出すことで、
事業主として、社会的な信用を得ることになります。
また、これから事業を始めるんだ!と気持ちが引き締まりますよ。
◆国税庁・ホームページ◆
提出書類をダウンロードする
「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」
「青色申告承認申請書」
所轄の税務署を調べる  「国税局の所在地及び管轄区域

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これで安心♪開業手続きの基礎知識

開業届など、基本的なことって、意外に誰にきけばいいのかわからなくて、一人で右往左往している・・・という方
多いですね。さらに。。。この書き方でいいのかな?などなど、初めて起業するときには、ちょっとしたところで悩んだり、迷ったり・・・思いのほか、手間ひまがかかってしまうものです。

・個人事業としてスタートするときに必要な書類関係やその書き方のポイント
・開業にあたって必要となる許認可のこと
・税金(所得税、消費税など)や社会保険関係のことなどなど・・・

お店や教室、サロンなどをスタートするときに必要となる基礎知識を網羅した解説動画と資料を準備しました。

開業手続きのキホンを知る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*