未経験分野で起業したいときに、やっておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業塾などを担当していると、
未経験の分野での起業を考えている方がいらっしゃいます。

たとえば、

  • 飲食店で働いた経験はないけれど、カフェをしたい
  • 資格があるので、アロマトリートメントサロンをしたい
  • カウンセラーとしての経験はないが、勉強したのでカウンセリングをしたい

こういう方々です。

起業にリスクはつきもの。
よく知っている分野でも、必ずしもうまくいくとは限らないものです。

まして、未経験であれば、なおさら。
とはいうものの、未経験の分野、その業界で働いた経験はないけれど、どうしてもやりたい・・・という方もいらっしゃいますよね。

そんな方が、スタートするまでにやっておきたいことをご紹介します。

 

起業をギャンブル・運任せにしない、と決意する

 

起業にリスクはつきものです。
そのリスクをいかに下げるか。

そのための工夫や準備をすることが、
起業をギャンブルや運任せではなく、
自分でコントロールできる範囲を広げることになります。

 

未経験分野の起業で、やっておきたいこと
その1・可能であれば、その分野・業界で働く

 

できれば半年~1年程度は、
その分野・業界で、アルバイトやパートなどで働いてみましょう。

商品・サービスを提供して、売れていくまでの流れや
顧客獲得の方法など、仕事の全体像を知りましょう。
また、外から見ているだけではわからない、その分野特有のこともわかるでしょう。

知人の野菜ソムリエは、
開業前に半年間スーパーの野菜売り場で
パートをした、と話してくれました。

その結果、野菜の流通の仕組みや
見極めのポイントなどの経験値が上がったと言っていましたよ。

今すぐにでも、起業したいのに・・・と
思われるかもしれませんが、急がば回れ。

よく知っている分野・業界からの距離があるほど、
うまくいく確率は下がります(反対に、リスクは上がります)

だからこそ、その分野・業界で働くことで、少しでも経験を増やしていきましょう。

 

未経験分野の起業で、やっておきたいこと
その2・起業分野の情報を集め、学習する

 

その業界・分野で働くのが難しい場合は、
起業したい分野について、学習する時間をつくりましょう。

以前、カフェをしたいので、カフェめぐりをしている、と
話していた起業準備中の方がいましたが、
それでは、起業分野の情報を集めたことにはなりません。

お店の雰囲気やメニューのような
外から見えること、だけでなく、
事業としてどういう仕組みとなっているか、を知る必要がありますよ。

たとえば、

  • 業界の仕組み
  • 商品やサービスの流通経路
    (どんなところから仕入れて、どうやって売っているか)
  • お客さんの獲得方法
  • 標準的な価格帯 など
    事前に知っておきたいことは、たくさんあります。

このような情報を集めるためには、

  • その分野・業界の人を対象とした専門セミナーに参加する
  • すでに開業している人の体験談を聞く
  • その分野の人のブログやホームページ、メルマガなどを読み続ける
  • その業界の専門誌や業界新聞などを購読する
    など、さまざまな方法があります。きっと、ほかにも方法があることと思います。

そうして、どうすれば、うまくいく確率を上げられるのか、
成功の法則を見つけていきましょう。

少なくとも週5~10時間くらいの時間を確保し、
半年~1年は続けていきましょう。

 

繰り返しになりますが、起業にリスクはつきものです。
未経験分野の起業は、経験のある分野で起業するよりも、
うまくいく確率は下がります。

起業をギャンブルにしないためにも、しっかり準備していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*