集客力アップ の記事一覧

今までと違う成果を求めるならば、まずはココを見直す。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

仕事柄、起業や経営のご相談、お悩み・・・をたくさん聞きます。
売上が増えない、以前よりも減ってきている、
お客さんが減っている、新規が増えない、などなどのお悩み。

悩んでます、困っています・・・と言われるものの、
そういう方に限って、ず~~~っと同じ方法を続けていたり、
そもそも何もやっていなかったり、という方が多いんですよね。

なぜなんだろう???

今までと違う成果が欲しいのであれば、
今までの行動を見直して、今とは違う行動をする。

ただ、それだけのこと、だと思うんだけどな。

たとえば、チラシをポスティングしているけれど、
お問い合わせがない場合の、見直しポイントだって、たくさんありますよ。

  • チラシの内容を見直す
    (キャッチコピー、ビジュアル、文章のわかりやすさ、オファー内容などなど)
  • チラシの形態を見直す(サイズ、紙質など)
  • ポスティングのエリア
  • ポスティングの回数
  • ポスティングの時期と頻度
  • ターゲットに対してポスティングは有効なの??

ザックリあげただけでも、こんな感じ。

検討したうえで修正して、やり方を変えてみる。
いろいろと考えて、試して、検証して、繰り返す。
そのなかで、わたしにとってうまくいく方法を見極めていく。

人がやってうまくいく方法と、
あなたがやってうまくいく方法、が、必ずしも同じとは限らないもの。

今、成果を上げている人、うまくいっている人たちも
あれこれと試行錯誤の時期を通ってますよ。
その人たちは、その試行錯誤の時期に
「や~めた!」をしなかったから、今があるんだと思うの。

一度でうまく進めよう、絶対に失敗をしたくない、と思わずに、
起業してうまくいくには、試行錯誤の時期を通る必要があるのよね、と思っておけば
気持ちにも余裕がもてるんじゃないかな(^_^)

 

 

売れる雰囲気・売れている雰囲気を作りだす。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

少し前まで、夏のバーゲン、クリアランスセール・・・で、とても賑やかでしたね。
バーゲンは、お好きですか?

わたしは、行く時間がなくて行っていないだけで、実は、今でも「セール」の文字にはふらふらと引き寄せられてしまっているかも。。。といっても、さすがに学生時代のようなパワーはありません!(笑)

 

なぜ、バーゲンやセールに引き寄せられる??

 

特に、買いたいものがあるわけではないけれど、
ついつい行ってしまう・・・という女性、多いんじゃないかなぁ。違いますか??

で、ちょっと、バーゲンのときを思い出してもらいたいのです。
同じようにセールをしているのだけど、
人が集まっているお店と、それほどでもないお店があったと思いませんか。

ということは、売れている理由、たくさんの人が集まっている理由は、
バーゲンで安くなっているから、だけではなさそう。

人が集まっているお店は、お店のスタッフさんが大きい声を出していて、
セール、クリアランス!のポスターなどがたくさん貼られています。
そう、めちゃくちゃ、賑わいがあるんですよね!

一方、「賑わい感」がないお店には、セールをしていても
意外に人が集まらないものなのです。

 

・・・ということは!!

 

たんに安くなっているという理由だけで、人が集まっているのではなく、
賑わい感、活気が人を惹きつけて、引き寄せているんです!!

 

人は、感情で動くものだから・・・

 

あ!これ欲しいっ!!と、思ったとき、
その理由を、自分で自分に言い訳していることってありません?
(ちなみに、わたしは、よくありますよ(笑))

あのジャケットにちょうどいいから♪とか、
この色は持っていなかったから・・・とか、なんとか、かんとか・・・。

これって、「欲しいっ!」と、先に感情が動き、
そのあとに理由を後付けしている。
人間は理性的なようで、実は、ちっとも理性的ではないんですよねー。

感情が先、理屈が後。これが、ふつうなんです。

つ・ま・り!!
売れるためには、先に「感情」を動かす必要があるんですね。

 

売れる雰囲気・売れている雰囲気、賑わいを作りだそう!

 

感情を動かすためには、賑わい感や売れている雰囲気が大事。
活気があるところに、引き寄せられるんですもの。。。

これ、反対から考えることも、できますね!!

売れているお店、人気があるサロン・・・にしたければ、
活気があるように見える必要があるってこと。
売れている雰囲気づくり、人気がありそうな空気を先に作ってしまうんです。

たとえば、お店やサロンさんだったら、
人が写っている写真をたくさんブログに載せてみる、
写真のサイズを大きくする、なんていうのもいいですよ。

ブログではなくて、実際のお店やサロンだったら
あまりにも閑散とした感じではなくて、適度な賑わい感を出す。
POPやポスターをうまく使う、音楽を活気のあるものにする。
色遣いを変えてみる・・・などなど。

活気のあるお店を観察して、
お客さんの気持ち・感情が動かす工夫を、取り入れていきましょう♪

起業直後でお客さんが少ない・・・の対処法

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

昨日のブログでは、顧客リストを活用して既存のお客様(特に、最近お見えでないお客様)への働きかけをすることで、売上アップを・・・とお伝えしました。

意外に思われるかもしれませんが、これ、ほとんどの方がされていません。。。モッタイナイですよ。

とはいうものの、起業したばかりで、お客様の数がそもそも少ない・・・という場合はどうすればいいの?と悩まれる方もいらっしゃることでしょう。

 

起業直後の方が、お客様を増やすには・・・

 

起業直後の場合、ほとんどお客様がいないということもありますね。
(起業前に、見込み客を増やすことができれば理想なのですが。。。)

その場合、あなたのビジネスの存在を知ってもらうこと、
認知度を高める活動に集中しましょう。
知らない人・知らない商品・知らないお店・・・にお金を払おうとは思う人はいないですもの。

知ってもらう、認知度を高める活動には、

  • ホームページやブログなどのインターネットを使った情報発信
  • チラシ(折り込み、ポスティング、手渡し)
  • フリーペーパーなどへの広告
  • (お店であれば)看板 
  • 近くのお店などに、チラシを置いてもらう
  • ダイレクトメール(DM)を送る
  • イベントや異業種交流会に参加する
  • 紹介をお願いする
    などがありますね。

一般的な手法ばかりですが・・・
こういう地道な活動を続けることが、実は大事です。

もちろん、それぞれに注意していただきたいポイントやコツもあります。
それについては、実は、このブログのなかで何度か記事を書いています。
下の方でまとめてリンクを貼っておきますので、参考にしてくださいね!

 

「紹介」をお願いするときのポイント

 

わたしも、コンサルタントとして開業した直後は、お客さんゼロの状態。

そのときには、先輩コンサルタントに、
商工会議所さんの担当者さんをご紹介いただきました。

「開業したご挨拶に伺いたいので、担当の方を教えてください」とお願いしました。
(多少の言い回しは違ったかもしれませんが、割とストレートにお願いしました)

実は、起業直後の方とお話していると、
紹介を依頼しているのか、単なる世間話をされているのか・・・
微妙だなと感じることがあります。

お客さんを紹介してほしい、というのであれば
「こういう方がいたら紹介してください」と、
ハッキリと伝えるほうがいいですよ。

こういう方・・・というのは、
たとえば、○○で困っている人がいたら、
△△ができる人を探されていたら・・・など、
あなたがターゲットとするお客さん像を明確にして、お伝えするということですよ。

 

お客さんを持っている人と組んでみるのも・・・

 

ビジネスの内容によっては、
すでにお客さんを持っている人と組んでみるのも、ひとつの方法です。
いわゆるジョイントベンチャー(JV)と言われるものですね。

たとえば、
保険会社の代理店さんと、税理士さんが共同でセミナー開催、
なんていうのを見られたことがあるでしょう?

お客さんを持っているのは、代理店さん。
そこと組むことで、税理士さんは、新たなお客さんと知り合うことが出来るのです。
セミナー前後で名刺交換すればいいですものね。

そのほかにも、美容室さんで、出張ネイルサービスを見かけることがあります。
ネイリストとして開業されているのであれば、
美容室さんにお願いしてみるのも、ひとつの手ですよね。

あなたのビジネスで、誰かと組むことができないかな?と考えてみてください
そういう視点で考えていけば、可能性を広げることができますね。

【関連記事】
集客=インターネットと思いこんでいませんか?
交流会・ランチ会などから次につながる関係をつくる秘訣
名刺も大事な情報発信ツールです
売上ゼロ・顧客ゼロからのビジネスのはじめ方

売上アップのために、今すぐ、できること。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

起業直後の方のお話を伺っていると
お客さんが増えない、お客さんをどうやって見つければいいのかわからない・・・と、集客のお悩みが圧倒的に多いです。

また、すでにビジネスを始めて10年以上経っている女性起業家さんも、お客さんを増やしたい・・・と。

 

新規顧客の獲得は、既存顧客の維持よりも
5倍のコストがかかる

 

コンサルさせていただくと、
ほとんどの経営者さんが新規のお客さんを増やしたいと言われます。

新規のお客さんを増やし続けるのは、かなり大変なことです。

あなたも聞かれたことがあると思うのですが、
新規顧客の獲得コストは、既存顧客を維持するコストの5倍以上かかる。。。

これって、見方をかえれば、
1人の新規のお客様を獲得するために使うお金・手間を
既存のお客様に使えば、5人のお客様に来ていただける。

お店やサロンに来てくれるお客さんを増やして
日々の売上を増やしていきたいのであれば、
1人のお客さんよりも、5人のお客さんに来てもらえるほうがいいんじゃないかな?

 

顧客リスト・顧客名簿は、ありますか?

 

美容室やエステさんなどのサロン系のビジネスであれば、
ほとんどの方が、顧客リストを作られています。
飲食店や小売店さんでは、顧客リストを作っている割合は少ないです。
(顧客リストとして整理できていない・・・という方は、ぜひ作りましょう!!)

では、その顧客リストを活用していますか?と、お尋ねすると。。。

ほとんどの方が、年賀状くらい・・・と回答されます。

美容室さんなどのサロンさんでも、サンキューレターを出される程度。
せっかく顧客リストをもっていても、あまり活用されていないのが現状です。

 

売上アップのために、今すぐ、できること

 

あなたが、すでに顧客リストをもっているのであれば
以前、来られていたけれど、今はいらっしゃっていないお客さんに連絡をしてみましょう。

「キャンペーンのお知らせ」のようなビジネスっぽいものではなくて
そのお客様個人へのお手紙のような感じ、パーソナルな感じのほうがいいですね。
あるいは、どうされていますか?という気軽な感じでお電話してみるのも。

そんなことで・・・と思うかもしれないけれど、
エステサロンさんが、以前のお客様にお手紙を出されたら
再来店&コース申込みという成果もありましたよ。
飲食店さんや美容室さんでも。。。

来店しなくなる理由って、「特にない」ことが多いです。
別の言い方をすれば、あなたのお店・サロン・会社のことを
忘れてしまっていたり、もう一度行くキッカケがない、ということ。

それならば、もう一度、足を運んでいただいたり、
ご利用いただくためのキッカケを、あなたの方から作りましょう♪

集客につながるパンフレットやチラシをつくる5つのポイント

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

業務内容を紹介するパンフレットや会社案内、キャンペーン等を告知するチラシ・・・これらの紙モノの販促ツールもお客様にあなたのビジネスを知ってもらうための大切なツールですね。

 

チラシやパンフレットの必要性

 

パンフレットやチラシなどの紙モノの販促ツールは、
業務内容を詳しくお伝えすることができたり、
言葉だけでは伝えきれないイメージを伝えることができます。

また、お客様の手元に残るので、
記憶に残りやすい、クチコミにつながる可能性もあります。

 

パンフレットやチラシをつくる5つのポイント

 

ポイント1:パンフレットとチラシなどの使い分けを理解する

パンフレットは、業務内容、メニューなどを記載するもの。
比較的、長く使うことが前提です。
少し厚めの紙を使用するなどの工夫をするといいですね。

厚めの紙にすると、コストは多少アップしますが、
その方が捨てられにくいです。

それに対して、
チラシは、キャンペーンやイベントのお知らせなど
スポット的・短期的な使い方をするもの。
紙も、パンフレットと比べると薄めの紙を使用することが多いです。

 

ポイント2:つくる目的をハッキリさせる

特に、チラシの場合は、何のためのチラシなのか・・・の目的をハッキリさせましょう。

ポスティング?折込み?手渡し?配布方法も考えたうえで作りましょう。
それによって全体のレイアウトも変わります。

 

ポイント3:情報を絞る

せっかく作るから・・・と、あれもこれもと情報をたくさん入れてしまいがち。

そうすると、何を知ってもらうための
パンフレットやチラシか・・・が曖昧になってしまいます。

情報を整理し、絞り込むことで、伝わりやすいパンフレットやチラシになります。

 

ポイント4:写真をうまく使う

写真があると、言葉で伝えるよりも伝わりやすいです。

商品やサロンなどの店内など、イメージ写真を使っているのを見かけますが、
そうではなく、実際の商品写真やサロンの店内写真にしましょう。

また、人物写真の場合は、ターゲットとするお客さんのイメージに近い人たち(年齢や雰囲気など)を載せましょう。

以前、ある企業のコンサルをさせていただいたとき、
ご来店いただきたいのは50代以上の人たちなのに、
実際は、ファミリー層(30~40代)の問い合わせが多いというケースがありました。

調べてみると・・・チラシやホームページのトップ画像に、小さな子供さんとお母さんの写真が使われていました。

これではターゲットに合っていないですものね。

 

ポイント5:イメージを統一する

ポイント4と重なる部分もあるのですが。。。
全体の色づかいや、フォント(文字の形、大きさ)などの
統一感をもたせましょう。

やさしい、女性的なサロンであれば
丸い感じのフォントがいいですよね。
太い・ゴツイ感じゴシックではイメージに合いません。

 

デザイナーさんに依頼するコツ

デザイナーさんに依頼する場合、丸投げ、全部お任せでは
あなたがイメージするものにはなりません。。。

写真、紙の材質、形式(二つ折り、三つ折りなど)、ラフスケッチなど、
デザイナーさんに理解してもらえるように準備しておくと、打合せもスムーズです。

パンフレットやチラシなどの制作は
プロに依頼すると仕上がり、見栄えが格段に違います。
予算の関係もあると思うのですが、お金をかけた方がいいところには、
思い切ってかけた方が、結果的に集客につながるケースが多いです。

特に、エステや美容室などのビューティー系などの場合、イメージも大切。
素人っぽい感じだと、お店のセンスも悪いのでは?と思われて、集客しづらいです。

 

パンフレットやチラシは、あなたのビジネスを知ってもらうための大切なツールです。
手に取ってもらいやすく、印象に残りやすいものにしたいですね。

こちらの記事も参考になさってくださいね!
チラシやDMで陥りがちな失敗と、その対策

チラシやDMで陥りがちな失敗と、その対策

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

商品・サービスを紹介し集客を促すためのチラシなどを作られている、女性起業家さんも多いことでしょう。

起業コンサルティングをさせていただくと、チラシを作りポスティングしているが反応がない、ダイレクトメール(DM)を送っているが・・・というご相談も多いです。

 

チラシ(ポスティング)の、一般的な反応率を知らない

 

反応がない・・・といわれる方に、
ポスティングしたチラシを見てお問い合わせがあった件数を質問すると、
ほとんどの方は「数件はありました」と回答されます。

通常、ポスティングは、
1000枚まいて数件の反応があれば成功といわれています。
反応率でいうと、1%未満です

つまり、1000枚ポスティングして、
5件の問い合わせだと、0.5%。
これでも、まずます・・・の結果ということです。

 

チラシの対象者をハッキリさせる

 

チラシやDMで、ついやってしまう失敗が
「たくさんのメッセージを載せてしまう」というもの。

特に、起業直後の女性起業家さんの場合、
せっかくチラシを作るんだから、
いろんなことをやっていることを知ってもらいたい・・・と、
あれも、これものテンコ盛り状態のチラシを作ってしまいがち。

エステサロンさんの場合だと、
痩せる(痩身)も得意、お肌をきれいにするのも得意、
ほかにも・・・のように。

あるいは、学習塾の場合だと
難関校への受験指導が得意、
もちろん、勉強が苦手な子供さんの底上げも得意・・・のように。

となると、このチラシの対象者が誰なのか?がわかりません。

チラシを見た人に、
あ!これは私にピッタリのもの・・・と思っていただく必要があります。

あれも、これも・・・になると、
結局、対象とする人へのアピール力が弱くなります。
その結果、反応率が下がってしまうのです。

対象としたい人(ターゲット)が、複数ある場合でも
チラシでは、1つのターゲット向けに絞り込んだ内容にしましょう。

 

チラシを見た人に、何をしてほしいのかを明確に。

 

通販の折込チラシには、
「サンプルをお申込ください」と書かれていますよね。
通販のテレビ番組では、「今すぐお電話を!」と言っています。

このように、このチラシをみたあと、テレビ番組をみたあとに
どう行動してほしいのかが明確です。

目にされたことが、あるでしょう?

実は、まったく反応がなかったと言われている方の
チラシを見せていただくと・・・
どのような行動を促そうとしているのかが不明のケースがほとんどです。

お問い合わせ、イベントへの参加、ご来店、
資料やサンプル請求、などのうち、
どのような行動をとってもらいたいのか?が書かれていないのです。

正確にいうと、下の方に、小さく
お問い合わせ先(電話番号、メール)などは表示されているのです。
でも、曖昧なんですね。。。
見た人に行動を起こさせることができません。

チラシの対象者を1つに絞り込むのと同様に、
見たあとにとってもらいたい行動も絞り込んで、
チラシを作りましょう。

せっかく、チラシをつくる、ポスティングをする、のであれば
反応がなかった・・・ガッカリという事態は避けたいですよね。

  1. ターゲットを絞った内容にする。
  2. チラシを見たあとに、どのような行動を促したいのかをハッキリさせる。

この2点を意識したチラシにしていきましょう!

事業計画の考え方~お客さんを増やすための方法をいくつ試した?

コンサルティングに入っているとき、
事業計画をつくるのをサポートすることもあるのだけれど、
いちばん、悩むのが「売上計画」。

ある程度は予測ができたとしても、
ほんとうに、この売上を実現できるの?と。

売上計画、最初は仮決め

 

事業計画をつくっているとき、
最初は、あれして・これして・・・
こうやって事業展開をさせていって・・・と
けっこうワクワクしながら、話をしているクライアントさん。

途中から、うううーとなる。。

それは、売上計画を考えているとき。

新商品や新規事業のときは、なおさら。

当然、ある程度のリサーチをして開発したとしても、
最終的には出してみないと、どの程度売れるかわからない。

だから、ある意味、売上計画は仮決め。予測に過ぎない。

 

いろんな策を試す

 

起業したばかりの、女性起業家さんに
どうやってお客さんを増やすの?と質問すると、
ブログで~と言いたがる人が多いけれど。

売上を増やしたり、お客さんを増やしたり・・・の手法。
実は、いくつもあるんです。

業種によっては、ブログやホームページを使わずに、
お客さんを増やしたり、売上を獲得している。

だから、ブログやチラシ・・・などの
たった一つの手法だけでなく、いろんな手法・策を試したほうがいい。

場合によっては、DM(ダイレクトメール)だってあり。

以前、会社員だったとき、
勤務先にグーグルからのDMが届いたことがあったの。
なかには、クーポンが入っていて、
インターネット広告(PPC広告)を出しませんか?って。

あのグーグルが、DM???と思うでしょ?

インターネットビジネスの巨人?王様?のようなグーグルですら、
インターネット以外の手法を取り入れていることに、めちゃくちゃ驚いた。

いろんな手法・いろんな手だてを試したほうがいいって思うでしょ。

そうして、あなたのビジネスや、あなたの商品・サービスに合う方法を確立させていく。

自分のビジネスに合う方法が確立できていれば、
売上計画・売上予測の精度がドンドンあがっていきますよ。

女性対象のビジネスをしているなら、4月はコレをする。

もし、あなたが、女性のお客様を対象としたビジネスをされているならば・・・
今月、あなたのお店、サロン、教室・・・などでは、
どのようなキャンペーンやイベントを企画をしていますか?

 

4月の重点テーマといえば・・・

 

今、4月ですよね?
ということは、今は5月の「母の日」をテーマにした
企画(キャンぺーンやイベントなど)を動かしている必要がありますね。

「母の日」は企画をつくりやすいので
ふだん、あまりキャンペーンやイベントなどをなさっていない方にも
取り組みやすいテーマのひとつです。
(以前、メーカーさんの販促企画をしていたことがあって、
いろんな商品を販売するため、母の日企画をたっくさ~~ん作りました!)

なぜなら、日頃の感謝を形にする「ギフト」だし、女性が対象だから。

そういえば、前に、アンケート調査結果をみたとき、
「母の日」の実施率(プレゼントなどをするかどうか)と
「父の日」の実施率が、かなり違っていて・・・。
お父さん、頑張れ~~と思ったことがあったんですよね。

ま、それくらい、「母の日」企画はお客さんの関心をひきやすいってこと。

最近だと、形のある「モノ」だけでなく
エステなどの体験チケットのような「コト」も、ギフトとして喜ばれていますね。
体験チケットなどだと、母の日当日のご来店でなくていいので、
利用が分散できる効果もありますね。

その発想が、事業成長にブレーキをかける

 

で、ですね。

こんな話をすると、
いえ、うちには関係ないですから・・・と言われる方が
必ず、おられるのです(笑)

  • うちの業種には関係ない。
  • わたしのお店のお客様は、お母さん世代は対象ではない。
  • 以前、やってみたけど、効果がない。

まぁ、こんな話が多いこと、多いこと・・・。

本音をいえば、面倒ってことなんでしょう。

でも、その発想が、事業成長や売上アップのブレーキに
なっていることに気づかれていないんですよね。

 

イベントやキャンペーンの目的は?

 

もちろん、せっかく企画をたてるので、
売上アップ、来店客増加の成果がほしいです。

それは、あくまでも、結果の話。

イベントやキャンペーンをすることで、
「やっていますよ!」のご案内ができますよね?

実は、それが大事なんです。

どういうことかというと。。。
来店機会が減っているお客様や、前回からの期間があいているお客様にも
DMやニュースレターなどを送る「理由」がある、ということ。

ふだん、あまりDMなどに熱心ではないお店・サロンさんは、
何か理由があるほうが、送りやすいでしょう?

つまり、「母の日キャンペーン」は口実^^
お客様との接点をつくる、お客様に働きかける、
キッカケにするんです。

売上が安定している、伸びているお店さん、サロンさんは、
その「口実づくり」が上手ですよ。

面倒だな~~と思わずに、
ぜひ、取り組んでみてくださいね!

こんな話を含めて、この記事の下でご案内している無料ウェブセミナーでは
集客の秘訣をご紹介しています。期間限定公開です。今のうちにぜひご活用くださいね。

春は、新規獲得に力を入れる。その理由は?

4月。進学や異動の季節ですね。

研修帰りかな?の新入社員さん。
まだスーツ姿が板についていなくて、
一目で新入社員さんだな~とわかりますね。

 

「引越の季節」ということは・・・

 

ところで、進学や異動の季節ということは、
お引越しする人も多いということ。
別のことばでいえば、新しい土地で、生活をスタートする人が多いということ。

これ、新規のお客様を獲得する、いい機会だと気づていますか?

美容室、エステ、ネイルなどのサロン系さんや
レッスンなどの教室などなど。。。
引越先の新しい場所で、探す人も多いはずです。

 

春は、新規獲得のチャンス

 

お引越し先での新しい生活に慣れて、生活のリズムが整ってくると、
サロンに行ったり、教室やレッスンに通ったり・・・を考えますものね。

それに、お引越しされていなくても、
春は新しいことを始めたくなったり、
ちょっと別のところに行ってみたくなったり、という人もおられます。

4月~5月は、新規のお客様を獲得する、絶好のタイミングなのです。

今年は何もやっていなかった・・・という方も、
今からでもできることを考えて、
新規のお客様へのアプローチに取り組んでみてくださいね。

 

お客様との関係を長続きさせる。

先日、「創業スクール」の受講生さんたちとの懇親会に参加してきました。

この「創業スクール」は、2014年9月~10月にかけて
商工会連合会さんが主催されたもので、女性限定でした。
わたしは講師として、起業全般について講義をさせていただきました。

10月に終了したあとも、
12月の忘年会、3月の懇親会(ほんとはお花見をする予定だったのですが)と
皆さんとのお付き合いが続いています。

実は、ほかの「創業スクール」で講師をしていた方から、
スクール終了後もその関係が続いているなんて、珍しいですね・・・と、
言われました。

そうなんだ~~と驚き、だったのですが。。。

わたし自身は、受講生さんたちの「その後」も気になるし、
起業したい!という思いをもった女性の集まりなので、
受講生さん同士のつながりを深めてもらえたらいいな・・・と思って
忘年会や懇親会の機会をつくってもらっただけ、なのですけどね^^

ところで、ビジネスを成長・継続するうえで大切なことは
リピートしてもらうことだ、と、あなたも聞かれたことがあるでしょう?

創業スクールの受講生さんたち、
厳密にいうと「お客様」という表現は適切ではないのですが。。。
お客様との関係づくりという点で、参考になれば・・・ということで
ポイントを記事にまとめてみますね。

 

お店やサロンをリピートしない理由

 

お店やサロンをリピートしない理由のトップは、
「なんとなく」とか、「忘れていた」だと言われています。

リピートしてもらう、
言い方を変えれば「お客様との関係を長く続ける」ためには
「忘れられない」ための工夫が必要ということ。

 


「お客様と長く続く関係づくり」のポイント

お客様との関係・・・といっても、基本は人間関係をどう作っていくか?です。

1.共通点を増やす。
共通するもの(人間関係、価値観、趣味etc)が多ければ多いほど、
親密になることができますよね。

先ほどの「創業スクール」の受講生さんたちとは、
スクールでのつながり、人間関係、考え方など、
共通するものがたくさんあるので続きやすいということでしょうね。

2.接触回数を増やす。
お客様とお話する、お会いする回数が増えれば増えるほど、親しくなれますよね。
事業内容にもよりますが、お店でのイベントを企画して参加してもらう、
ランチ会やお茶会などの気軽に参加できる機会をつくる。

3.定期的に、あなたの情報をお届けする。
メールマガジンやニュースレターなどで、
定期的にあなたやあなたのお店の情報をお届けできる取り組みをやっておく。
ご利用が途絶えているお客様には、
「その後、どうされていますか?」など、コンタクトをとってみる。

4.相手の役に立つことを心がける。
当たり前・・・と思われるかもしれませんが、
案外、自分の都合だけで接点をもとうとしているケースも多いのです。
まずは、お客様ありき。
あなたの都合ではなく、お客様が必要としているものは何か?を考えていきましょう。

5.断られても、へこまない。
ちょっと、ヘンな項目なのですが(笑)、あえて、入れておきますね。
断られてしまうと、へこんでしまう。
だから、イベントなどはやりたくない・・・という人もおられます。
お客様には、お客様の都合やご予定があります。
必ずしも、あなたのことを嫌っていて?断っているのではないはず。

 

リピートしてもらいたいな、と思っているだけでなく、
「お客さまとのつながり」を保つ工夫を、積極的に取り入れてくださいね!

あなたのビジネスの参考にしていただけると、嬉しいです!

 

【セミナー開催情報】

わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら→わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会