経営戦略 の記事一覧

補助金や助成金との正しい付き合い方。

補助金や助成金、たくさんあります。
以前は、起業前後の方が申請できる補助金は見当たらなかったのですが、
今は「創業補助金」という支援策もありますね。

補助金や助成金をもらいたい・・・という起業家さん、
けっこうおられます。お問い合わせをいただくことも、よくあります。

「せっかくだから、もらえるものは何でももらいたい」
が本音かもしれません。
お金に関わることですので、その気持ちはわかりますが。。。

 

その補助金や助成金、本当に必要ですか?

 

実は、補助金や助成金のご相談のとき、
それって、本末転倒では・・・?と感じるケースを見かけます。

補助金や助成金をもらいたいがために、
ご自身のビジネス展開や着手時期などが遅れてしまったり、
特に必要ではない設備を導入したり、従業員を雇用したり・・・。

補助金や助成金など、一時的な資金を獲得するために
設備投資や雇用などをした結果、
補助金や助成金の期間以降の、費用負担(特に固定費負担)が
大きくなり、利益が出ない事業になっている。

あるいは、補助金や助成金をもらうために、
自社のビジネスモデルを変えてしまう、
戦略上、重要度の低い商品の開発に時間をとられてしまって
本来やるべきビジネスが遅れてしまう。

こうなってしまうと、
補助金や助成金などをもらわなかった方が、
ビジネス全体を見ればよかったのでは・・・と思うケースがありました。

補助金や助成金と、正しく付き合う。

 

補助金や助成金。
金融機関さんからの借り入れと違って、返さなくていいお金です。

ですから、ほかの人や会社がもらっている・・・と聞くと、
うちの会社でももらいたい、私も欲しい。その気持ちは、よ~~くわかります。

でも、補助金や助成金の要件に合わせるために、
あなたのビジネスの形を変えてしまうような、無理はしないでください。
補助金や助成金をアテにして、資金繰りを考えることもキケンです。

「ちょうど補助金や助成金の申請要件に当てはまりそうだから、
申請してみよう、書類を出してみよう・・・」
これくらいのスタンスでつき合うのが、補助金や助成金との正しい付き合い方です。

 

 

【セミナー開催情報】

わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら→わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会

 

 

 

 

価格見直しのベストタイミングは、いつ?

以前、書いたこの記事・・・
価格設定のときに、気をつけること

実は、このブログの人気記事のひとつ、です。

価格設定をどうするか・・・は、売上や利益に直結する大切なポイント。

女性起業家が伸び悩む要因の一つは、
提供している商品やサービスの「価値」に対して、
「価格」が低すぎることがあります。

ですので、クライアントさんには、
タイミングを考えたうえで価格の見直しを
していただくことも、あります。

とはいうものの、価格の見直し(値上げ)となると
やはり難しい・・・と感じる方が多いですよね?

お客さんが離れてしまうんじゃないか・・・って。

 

価格の見直しのタイミングは、いつがいい?

 

価格の見直しのタイミングとして
オススメしているのが、1月と4月

1月は、新年。4月は、新年度。
新しい年に切り替わる時期がいいのです。
中途半端な時期にするよりも、
区切りなので、受け入れられやすいです。

日本の場合、4月は、お役所の年度変わりのとき。
入学、新学期、企業の入社式・・・など、
節目の月ですものね。
※昨年のように、消費税率が変更される・・・という
特別なことがある場合は、別ですが・・・

 

値上げのときに、注意すること

 

価格変更のときに、いちばん、注意すべきことは、
突然、「値上げしました!」としないことです。
つまり、価格変更の「予告」をすることが大切

4月から新価格にするのであれば、
遅くとも3月には(←もうすぐですよ!)、
「価格変更のお知らせ」をするのです。

もちろん、理由も説明しましょう。

最近、多いのは、
「原材料費が上がっているので、価格を変更します」
というお知らせ、かと。。。

 

お客様が離れてしまう?

 

価格変更のときに、いちばん、心配なことが
お客さんが離れてしまうのでは・・・ということ。

一部には、そういう方もおられる可能性はあることは否定できません。

しかし、価格変更の予告をし、丁寧に理由も説明するのであれば
あなたの商品・サービスを気に入ってくださっているお客さまが
全員、あなたの元を去ってしまう、
あなたの商品・サービスを使わなくなる、ということは考えにくいですよね。

自信をもちましょう。

自分の目指すところを決める

ビジネスには、成長段階別のステージがあります。

どこを目指すか・・・によって、やるべきことが変わります。
ある段階までは、これまでの延長線上にあるけれど、
その先の段階に進むには、ビジネスの形を転換させる必要があるのです。

ビジネスのカタチを転換させるときには、
仕事の進め方、ビジネスの仕組み、戦略などを
根本的に変化させる必要があります。

ですが、頑張って続けれていれば、
いつかは次のステージに移っていける・・・と
勘違いされている方が多いように感じます。

 

売上・利益の伸びを抑制するもの

 

例として、手作りアクセサリーを販売しているケースで考えてみましょう。

自分で商品をつくり、ネットショップやイベント出展などで売っている。
ネットショップもカンタンに始められるようになったので、
こういう、「手作り」で何かを作って、売るという方も増えていますね。

ただし、手作りできる数には限界がありますね。

1個を作るのに、1時間かかっているのであれば
1日に5時間働いて5個作れます。
それを、いくらで売るか・・・で、収入が決まります。

作る時間をどれくらい確保できるかで、収入が変わるのですが、
時間には限りがあるので、結局、収入はある程度のところで伸び悩みます。

つまり、時間が、売上・利益の伸びを抑制してしまうことになります。

 

2つの方向性

 

手作りアクセサリーを、
「自分でデザインし自分で作り、自分で売る」という
ビジネスの形(ビジネスモデル)では売上に限界がきます。

では、その限界を超えて、
さらに売り上げを増やしたい・・・と考える場合、
どうすればいいのでしょう?

売上の公式(売上=商品単価×販売個数)にあてはめて考えると
目指す方向として、2つの方向があります。

  1. 商品単価を上げる
  2. 販売個数を増やす

 

1つめの方向性:商品単価を上げる

 

「手作り」を重視するのであれば、商品単価を上げるのがいいでしょう。

極端な例をあげれば、
今まで、ひとつ3,000円で売っていたネックレスを
3万円で売れるようにするには、どうするか?を考えるということです。

言い方を変えると。。。
「この作家さんのネックレスだったら3万円でも欲しい」と
思ってもらえる必要があるということ。

つまり、商品単価を上げるということは、
あなたの知名度をあげて、いわゆる「有名作家」を目指す方向ということ。

あなた自身をブランド化するイメージなので、
そのためには、何をすればいいのか?を考えて、
活動内容を変えていく必要がありますね。

 

2つめの方向性:販売個数を増やす

 

もう一つの方向として、「販売個数を増やす」を考えてみましょう。

時間が、売上の限界を決めているのですから
時間を増やせばいいのですが・・・。

あなた自身の時間を増やすことには限りがあるので、
外注・外部委託を考えることになります。
デザインは考えるけれども、
製造そのものは、外部委託するという形です。

これ、今までの
「自分でデザインし、自分で作って、自分で売る」という
ビジネスの形ではなくなったことに、気づきましたか?

これが、「ビジネスの形を変える」ということ。

実は、この段階に進むには、勇気がいるかもしれません。
「変える」という意思をもたなければ、進むことはできないのですから。

 

ここまで、「手作りアクセサリー」を販売しているケースを
例にあげて説明してきましたが、基本的に、どんなビジネスでも同じです。

自分自身ですべてを動かしているビジネスは
あなた自身が活動できる時間によって、売上・収入の限界がきます。

売上、収入の頭打ち、伸び悩みを感じたら、
ビジネスの形を変える段階に近づいたというサインです。
自分自身は、どちらの方向を目指したいのか?を考えてくださいね。

(起業する前の方は、どちらを目指したいのかを考えてくださいね)