成功マインド の記事一覧

「うまくいく方法」を探す前にやるべきこと

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

世の中の多くの方が、
もっと成功したい・・・
もっと収入を増えたら嬉しい・・・と考えていますね。

だから、どうすれば「うまくいく」のだろう、と考え、
もっと「うまくいく」方法を知りたい・・・と行動しています。

具体的にいうと、セミナーや研修に参加する、本を読んで知識を増やす、などの行動をしています。

 

成功のための知識やノウハウを増やしているのに、
うまくいかないのは、なぜ?

 

そうであるにも関わらず、
満足できる状態になれないのには、理由があります。

実は、「うまくいく方法」を探しているから。

皮肉に感じるかもしれませんが、
「うまくいく方法」を探す・・・という行動が、うまくいかない原因となっているのです。

なぜなら、うまくいく方法「だけ」を取り入れる(=追加する)のは、
実は、うまくいきません。

 

新しい「うまくいく」方法を取り入れる前に、やるべきこと

 

あなたが、セミナーや研修、本などで知った、
新しい「うまくいく方法」を取り入れる前に、
現在の、うまくいかない原因、現状を引き起こしている原因を取り除く必要があります。

たとえば、ダイエットをする場面を考えるとわかりやすいでしょう。

これを飲めば、誰でもダイエットできる!といわれるような、
とても効果のあるサプリを新たに見つけたとします。

あなたは、よし、このサプリを飲めば、
ラクラク、ダイエットができそう(*^^)v・・・と思って、そのサプリを飲むことにしました。
※これが、新しい「うまくいく」方法を取り入れるということ。

だけど。。。太ってしまった原因(たとえば、食生活、ライフスタイルなど)を
改善しない限り、そのサプリを飲まなくなったら、
また、元の状態に戻ってしまうだろう・・・と、想像ができますよね?

起業やビジネスも、同じです。

うまくいく方法を探したり、試したりする前に
現状の分析をして、
うまくいっていない原因を取り除いたり、改善できることに取り組む方が大事
なのです。

でも。。。これ、ほとんどの人がやろうとしません。
だって、ワクワクしないから。。。なんか、地道な作業って感じですし。
新しいことをするほうがワクワクするし、ちょっと派手な感じですし。

だけど、ビジネスは、地道が近道ですよ。

オープン直後から絶好調の起業家が、起業前にやったこと。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日、起業前のサポートをしたお店に行ってきました。

開店から約5カ月。
オープンから1週間は、眠る時間もないくらい・・・の繁盛ぶり♪

その後は少し落ち着いてますが、
創業前に作った事業計画を上回る業績を維持されていました。
早々に、単月黒字も達成していて、順調そのもの。
(※単月黒字とは、1カ月の収支が黒字・利益がでているということ)

 

起業した感想は??

 

「念願の、自分のお店をオープンして、どんな感じ?」と質問すると。。。

とっても自由で、とっても刺激的で、とにかく楽しい!!!

と、満面の笑顔で答えてくれました(*^-^*)

いいな~この感じ♪
起業のコンサルをしていて、いちばん嬉しい瞬間です♪

業績も順調だし、楽しいのは当然でしょ・・・と思われましたか?

もちろん、赤字が続いていたり、
思うようにお客さんが増えなかったりしたら、楽しいなんて言っていられないですね。

だけど、大事なことは。。。
その業績だけを見て、うまくいっていていいな~と思うことではないんです。

 

起業直後から絶好調★には、ワケがある

 

なぜ、そのお店が、起業直後から順調なのか。
オープン日から連日、お客さんが大量に来てくださったのか。

これ、単なる、偶然ではないんです。

そうなるように、オープン日までにしっかりと準備したから
その結果として、今の業績があります。

ちなみに、わたしが最初にお話をしたのは、オープンの半年以上前
その後、何回か、アドバイスをしました。
主に、オープン日までの種まきについてと、オープン後の販促活動の考え方についてです。

 

起業準備期間の過ごし方が、起業後の成果を左右する

 

オープン日までの種まきとは、事前の告知活動、見込みのお客さん集め。
オープン日までに、どれだけ多くの人に知ってもらえるか、
応援してくれる人を増やすか、が大事なんです。

起業したけれど、伸び悩む。
集客がうまくいっていない・・・という方の多くは、
オープン後に、広告を出したり、ブログを書いたり、などの活動に力を入れ始めるんですね。

その違いは大きいです。。。

せっかく起業するのであれば、スタートからうまくいくように準備しましょう。

そして、え~~、もう始めちゃったのに・・・(>_<)という方は、まずは、今の活動を見直してください。

ムダな動きをしていないか?
多くの人に知ってもらえる活動ができているか?
どんなお客様が多いか?客単価はどれくらいか?
など、売上アップにつながる活動を中心にチェックし、変えられるところをドンドン変えていきましょう。

特に、サロン・美容室、飲食店、小売業など、
場所が必要なビジネスの方は、家賃などの固定費の負担が大きいので、
できるだけ早く、単月黒字化する必要がありますよ。

起業直後のスタートダッシュ、起業後の見直しでグーンと伸ばす方法を
このセミナーでお伝えしています♪
女性のための起業入門セミナー(東京開催)

自己投資は、自分のためでなく、お客様のために必要なこと。その理由とは?

こんにちは、女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

これ、先日、メールマガジンで配信した内容なんですが。。。
起業している(これから起業したい)人にとって、
とても大事なことだと思うので、ブログでもご紹介しますね。
(メールマガジンの登録フォームは、このサイトの右側または記事のイチバン下にありますよ♪

今まで、何にイチバン
お金と時間を使ってきましたか?

 

起業のコンサルをしていると、
自分の強み、得意なことがよくわからない・・・。
やりたいことがいくつかあるんだけれど、起業分野を絞り込めない・・・
そんな、ご相談をいただくことがあるんです。

そういうときには。。。
——————————
「今までに、イチバンお金を使ったものは何ですか?」
「イチバン、時間を使ってきたことは?」
——————————
を、考えてもらってます。

実は、自覚していないかもしれないのだけど。。。

誰もが、自分自身が興味のあるもの、心惹かれるものに
「時間」と「お金」を使う傾向があるんです^^

だから、今までに、どのような、
「時間」と「お金」の使い方をしてきたか?を
振り返っていただくことで、ご自身で気づいていただけるんです(*^-^*)

 

自己投資は、自分の力に対する信頼と期待の表れ

 

そして、その方が、
どれだけ「自己投資できるか」、で、
どれくらい「自分の力を信頼しているか」も、透けて見えます。

たとえば。。。
「起業したいから、その準備として学びたい。」
「今よりも、売上を増やしたいから、技術を磨きたい」

そのようにお話されていても、実際には、そのための行動をしない、
時間とお金を、そのために使おうとしない、そんな人は、山ほど、います。

おそらく、このような「心の会話」があるんでしょうね。
——————————
これだけのお金を使っても、成果がでないかも。。。
たくさんのお金をかけても、
その分を、売上で取り返すのは難しいかも。。。
——————————

これって、【今、現時点】での「自分の力」を基準としていて
結果的に、成長の機会を逃してしまう考え方ってことに、気づいてほしいな、と、いつも思います。

一方。。。成長の機会を逃さない人は
これによって自分を成長させよう!
せっかく時間とお金を使うんだから、しっかり回収しよう!
そう思って、時間とお金を使います。

つまり、ご自身が、
「自分の力を信頼している」、そして、「自分の将来に期待している」から
思い切った行動ができるのです。

どれだけ「自己投資できるか」、で、
どれくらい「自分の力を信頼しているか」が透けて見える、というのは、そういうことなのです。

自己投資は、自分だけのためでなく、
お客様のために必要

 

そして。。。もっと大事なことは・・・

自己投資をして、自分自身の能力やスキルを磨き、さらによくすることで。。。
「お客さんに喜んでもらえる」ことが、増えるってこと。

お客さんに喜んでもらえることが、増えれば、増えるほど、
経営・ビジネスは、うまく進みます。

だから、

自己投資って、【自分だけのため】にするんじゃなくて、
あなたの現在のお客さんや、未来のお客さんのためにするもの、
お客さんの笑顔を増やすために、するものなんです。

たとえば、エステサロンをしているとして。。。

新しい技術を知って、それを取り入れたら
お客さんをもっとキレイにすることができて、もっと喜んでいただけるとしたら・・・

サロンの経営をうまく進める方法を学んで
スムーズな運営ができるようになり、お客さんとゆっくりお話する時間が増えたら・・・

お客さんの満足度があがって、結果的には、売上・利益も増えますね。

自分だけに目を向けていたら、
——————————
これだけのお金を使っても、成果がでないかも。。。
たくさんのお金をかけても、その分を、売上で取り返すのは難しいかも。。。
——————————
という、発想になってしまう。

そうではなく・・・

あなたのスキルアップや技術を磨くこと、経営を知ること、
そのすべてのことは、お客さんのためにやっていること、と思ってくださいね。

仕事は、
自分のためにするのではなく、
人・他人のためにするもの。

起業していると、自分の好きなようにやっていい・・・と、
勘違いすることがあります。
そのような「落とし穴」には、くれぐれも気をつけていきましょう!

うまくいく人と伸び悩む人、たった一つの違い。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

毎年100人以上の、起業家・経営者と話をしています。
正確に数えた数字ではありませんが、
お会いした起業家・経営者の人数は1,000人近いです。

経営のご相談でお話することが、ほとんどですので、
うまくいっている方、成功している方、伸び悩んでいる方などなど。。。
さまざまな状況を見てきたのです。

そして、常に気になることは、
結局のところ、ビジネス・商売がうまく・うまくいかないの違いを
決定づけるものは何だろう?ということ。

そして、やっぱり、コレだけだな、と思うのです。
聞いてみれば、な~んだ、と思うはずです。

 

うまく行く人と、いかない人のたった一つの違い

 

ビジネス(起業)で設定した目標を、
必ず達成する!と決めているか、どうか。

「決めている」「決意」

突き詰めれば、ただそれだけ、なのです。

そして、目標を達成するために必要なことを
ただ、ひたすら取り組んでいる。行動している。

決めているから、行動できるんです。

決めていなければ、「何を」「いつまでに」取り組むか、
行動の中身も固まらないですものね。
行き当たりばったりになってしまう。。。

ね?
な~んだ、と思ったでしょう?

だけど実際のところ、決めている「つもり」でいるけれど、
決めきれていない人、って多いですよ。

 

 

女性起業家さんの、弱み。

 

特に、女性起業家さんの場合、
あまり無理はしたくない、
頑張っているように見られたくない、
必死で集客しているように思われたくない、とか。

ブログで見かけた●●さん、
そんなに必死に頑張っているように見えないけれど、なんだかうまく行ってそう・・・。
だから、わたしにもできるハズ・・・。

そういうマインドで、ふわっとスタートしている人がけっこういます。

つまり、必ず達成する!と「決めて」、行動していないんです。

 

見えているところだけで、判断しない

 

もしかすると。。。そのブログで見かけた●●さんは、
ブログに書いていないところでは、
めちゃくちゃ必死に頑張っているかも、しれないですよ。

お客さんにお手紙を出したり、挨拶に回ったり。
ご紹介をお願いしたり。。。
とてもきめ細かく、さまざまなことに取り組んでいるかもしれませんよ。

湖をスーっと浮かんでいる、優雅な白鳥は
水面下では必死に足を動かしている・・・なんてたとえ話もありますよね?
(本当に白鳥ってそうなのかどうか・・・はわかりませんけど^^)

 

あなたは、どうしたいですか?

 

 

 

事業をうまく進めるには、コレを意識する。

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

昨日から長崎に出張中です。
昨年11月から今月まで3社のコンサルが進行中。今月が最終回です。

毎月1回2時間程度の面談。
そのときには、現状のヒアリングやデータ分析をして、改善すべき点を抽出し、次回までの取組み内容を決定します。

翌月の面談では、その進捗状況を確認し、さらに改善に取り組む・・・。
この繰り返しです。

言葉にすると、たったこれだけ?って感じなのだけど。。。

あるお店では、平均単価がアップ。
また、別の会社では新規のお客様が倍増・・・と、しっかり成果がでています♪

 

コンサルを受けると、なぜ、成果があがりやすいのか?

 

実は、コンサルを受けていただくと、
どの会社・お店でも、ある程度は成果がでてしまいます(*^^*)
もちろん、程度の違いはあるし、
成果がでるまでに必要となる時間も違いはありますよ。

とはいえ、ある程度の期間でみれば、何らかの成果は出るのです。

そして、ほとんどの方が、
ずーっとやろうと思っていて手をつけていなかったのに、
することができた、終わらせることができた、とお話されます。

この理由、わかりますか?

コンサルタントが優秀だから?
すごいアドバイスをしたから?

・・・というよりも、
次回までにやらなくては!!!と行動が促されるから。

つまり、締切効果が働くんです。

 

行動するときには、必ず期限を設定する

 

成果をあげる、事業をうまく進めるためには、コンサルが必要・・・ということではなく、
締切効果が働くようにするために、
自分で取り組むときにも、必ず期限を設定するといいのです。

  • いつまでに
  • 何をする

これを決める。
そして、自分との「約束」として守る。

 

行動内容は、具体的に決める

 

  • いつまでに
  • 何をする

を決める。。。という話は、
セミナーや講座などでもお伝えしているのですが。。。

ほとんどの方が、何をする(=行動)が
抽象的な内容となっているケースが多いです(>_<)
だから、実際の行動につながらない。。。

例をあげると、
「7月に、チラシをポスティングする」という行動内容。

これ、一見、OKに思えます。
一応、いつまでに(=7月)、
何を(チラシをポスティング)と決めているように思えますね。

でも、実際に行動するとなると・・・できないでしょ?
どのような内容のチラシを、どこの地域に、何枚・・・と
まだまだ決めることが、たくさん残っていますね(^^;

具体的に決める、というのは、
「そのまま、即、行動できるレベル」に落とし込む、ということ。

コンサルのときには、このレベルのところまでお話をするんです。
だから、成果がでやすくなるんですよ~。

とはいえ、「考えを深めること」が苦手な人には、
最初は、とても苦しいんだそうです。
でもね、こういうことは習慣というか、慣れなんです。
続けていけば、ラクラクできるようになりますよ(*^^*)

売上アップのコツ~たった一言で客単価アップの出来事。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日、3日間、東京に行っていました。行き・帰りともにJALをとりました。

ご存じのように、JAL国内線には、
ファーストクラス、クラスJ、普通席の3種類があります。

今回の出張では、行きはクラスJ、帰りは普通席となりました。

 

たった一言で・・・客単価1,000円アップ

o0480036013520126977

 

実は、最初に予約したときは、行き帰りともに普通席で予約。

福岡空港で、手荷物を預ける際に
「クラスJに空きがございますが。。。」の一言で、
「あ、じゃあ、お願いします」と、変更したのです。

クラスJは、+1,000円。
1,000円の違いですが、かなりお得感があります。
席がゆったりしていて、フットレストもあり、ビジネスマンに人気です。

営業的にみれば、
「空きがありますよ」の一言で、客単価1,000円アップですね。

ちなみに、ファーストクラスは、+8,000円。
白い革のシートで、とってもゆったり。。。なのですが、
出張での移動としては、ちょっと贅沢な感じですね(^-^;

 

言われなかったら、あえて変更しない

 

話を戻すと。。。

帰りは、最初に予約をしたとおり、普通席でした。
クラスJと比べると、ちょっと狭いな~とか思いながら。。。

なぜ、変更しなかったか?というと、オススメされなかったから

空席状況をみていたので、
クラスJに空きがあることは、実は、知っていたのですが、
手荷物を預ける際に、特に何も言われなかったから変更しませんでした。

「空きがありますよ」と言われていたら?
たぶん、「お願いします」と言っていたと思います^^

ということは、
「空きがありますよ」の一言を、言ったか・言わなかったか、だけで
客単価が1,000円違う、ってことですよね。

 

顧客心理から見ると・・・

 

顧客心理の面から考えると、
あえて、自分からは変更する、とは言わないけれど、
オススメされて許容範囲内であれば、アップグレードもありってことです。

実は、こういう話、よくありますよね。

美容室で、2種類のトリートメントを紹介されて、
せっかくだから・・・と、ちょっと高い方を選ぶ。
食事に行ったときに、今日のオススメ食材などを聞いて、
最初に考えていたものとは違うコースにする。

こんな経験、したことがあるんじゃないでしょうか。。。

 

つまり、お客さんに対して、まずは言ってみることが大事ですよね。

  • このような商品がありますよ
  • 今日は、これがオススメです
  • ●●を試してみませんか?

買う・買わないの選択は、お客さん側が判断すること。
提供側としては、まず言ってみる。とりあえず伝えてみる。

モノが売れない、集客できない、の、いちばんの理由は
「知られていないこと」。

だからこそ、
まずは言ってみる、
とりあえず伝えてみる、の姿勢が大事だなと思います。

そんなことを感じた、出張での一コマでした・・・。
もちろん、JALほどの大きな会社にとっては、
客単価1,000円のアップは大した影響ではないのでしょうけどね~(^▽^;)

考えを整理するプロセス。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日、2件の起業相談でした。

1件目は、男性。2件目は、女性。

女性起業コンサルタント・・・の肩書きですが
男性の起業相談や、男性経営者からのご依頼も、実は、かなり、多いんです。

美容室やカフェ、飲食店、スイーツショップなど、
「お客さんは女性が多い」というビジネスの場合、
女性のコンサルタント(中小企業診断士)に、ということでご依頼くださっています。

ありがたいです(*^-^*)

 

起業に関する男性と女性の違いとは。

 

で、話を戻すと・・・
1日に2件、でしたので
それぞれの起業に対する考え方というか、
違いが見えて、興味深かったですよ。

男性のご相談者は、
もちろん、起業に関する「熱い想い」もお持ちでしたが、
ご相談の中心は、事業計画をしっかり作ること。

どうやって起業を軌道に乗せていくか、
ビジネスとして成り立たせていくか・・・

具体的なところでいうと、
・資金繰りや開業資金の準備(融資申込み)
・市場調査
・売上や利益計画づくり
など、ザ・経営!!なご相談。

「起業の成功」に向かって
一直線に進む!!って感じですね(*^^*)

女性のご相談者は、ある資格をもっておられました。

それを活かして起業するかどうか・・・
迷っているんですが、というご相談。

やってみたいけれど、どうしよう・・・
やらなければ、後悔しそうだし、やってみたい。
でも・・・・こんな感じです。

実は、女性の起業相談では、
こういうケースがよくあります。

 

男性と女性の思考プロセスの違い

 

男性が、一直線に進む!という感じだったのと比べると

女性の場合は、曲線的に考えているというか、
まるで、らせん階段を上がるように、
行きつ戻りつ・・・少しずつ考えがまとまっていく感じですね。

これは、これで、
わたしは嫌ではないのですよ。

迷う時間・悩む時間も
気持ちを整えて、踏ん切りをつけるうえで、
とても、とても大切な時間ですものね。

ただ、迷ったり、悩んだりする
時間が長りすぎるのは、考えものですね。

おそらく、思い切って、ご相談にお越しくださったのでしょうし、
「背中を押してほしくて」いらっしゃったのだと思います。

ですから、こういうときには
踏ん切りがつかない原因や、
不安を感じていること、を、ひとつひとつ、紐解いて、整理します。

そうすると、
・何をすればいいか、
・どこから始めればいいか
などが、ハッキリしてくるんですよ。

今回、お話した方は、
「あ、これだったら、少しずつやっていけそうです」と
笑顔でお帰りになりましたよ(*^^*)

 

考えを整理するコツ~分解して考える~

 

ひとつひとつ紐解き、整理すること。
まとめて考えるのではなく、分解して考えること。

これって、起業準備に限ったことではなく
さまざまな、悩みや迷い、不安を感じたときにも使える方法です。

例をあげると、
「売上を上げたい」と考えるのではなく・・・
売上を、2つの要素に分解して考えます。

売上=お客さんの数×客単価

つまり、売上をあげるには、
・お客さんの数を増やす
・客単価(お客さん一人あたりの利用額や購入額)
の、いずれかを上げていく方法がある、ということ。

女性の場合は、
目的に向かって一直線に考えるよりも
曲線的だったり、飛躍的に考えてしまったり・・・の人が多いように思います。

ひとつひとつ紐解き、整理すること。
まとめて考えるのではなく、分解して考えること。

ぜひ、試してくださいね。

◆起業サポート、売上アップなどの個別の相談については、ホームページからお願いいたします。
ユアブレイン・オフィス HP

もうひとつの「起業の成功への近道」。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

先日のブログで、「縄文杉ツアー」で学んだ、「起業の成功への近道」について書いたのですが。。。

実は、その記事でお伝えした「3つのポイント」に加えて、
あと一つ、「起業の成功への近道」を進む方法があります。
この方法、メルマガでは、先にお伝えしていたのですが、
ブログにも書いてみようかと。。。

 

起業の成功への近道、その4
成功への道を知っている人に、導いてもらう

 
それは、「起業の成功への近道」のひとつは、
「成功への道を知っている人に、導いてもらう」こと。

先に成功している人、
成功までの道のりをよく知っている人
に、ペース配分をしてもらうのです。

今回の「縄文杉ツアー」では
屋久島に1年半住んでいた経験があり、
縄文杉のルートも何度も通ったことがある、という人が一緒でした。

どれくらいのペースで進み、
何時くらいまでに、
どこに到達できていれば、
大丈夫なのか・・・を分かったうえで、進むことができました。

起業する、ビジネスを立ち上げる、も同じ。

 

起業は、誰にとっても、初めての経験。
だけど・・・失敗したくないですよね?

 
誰にとっても、
起業は、初めて経験することの連続です。

戸惑うこと
迷うこと
悩むこと・・・が続きます。

迷って、悩んで、
回り道をする、時間をロスする、
余計な苦労をする。

よりも。

できるだけ、迷わずに
進んでいけるほうがいいですよね。

一人で悩んだり、迷ったり、
試行錯誤したり・・・の時間を過ごすのではなく

すでに起業している人、起業してうまくいっている人と
話す機会、共に時間をすごす機会をたくさん作っていきましょう。

特に、女性起業家さんは、
自分と同じレベル・同じ段階にいる人との
「つながり」をつくる傾向が強いのですが。。。

それでは、なかなか、次のステップに進む道筋を見つけることができません。

そうではなく、
自分よりも「先を行っている人」との接点を
意識的に、増やしていくといいですよ。

身近に、そういう人がいない場合は
セミナーや講座などに参加してみてください。
講師や参加者との接点をつくることができますよ。

異業種交流会でのつながりは、
その場かぎりになってしまいがち、なのであまりオススメしません。

「起業の成功への近道」のひとつは、
「成功への道を知っている人に、導いてもらう」こと。

ぜひ、意識して、取り入れてくださいね。

起業の成功への近道・3つのポイント

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

屋久島に行ってきました。
経営者仲間とのビジネス・ツアー。メインは、「縄文杉」を見に行く、往復22キロのトレッキングです。

行ったことがある方なら、ご存じだと思いますが、気軽なハイキングコース・・・ではなく、本格的な登山でした((+_+))

日頃の運動不足を嘆いても仕方がなく、ひたすら・ひたすら・歩く・歩く・歩く・・・・

いかに大変だったか・・・の話を書きたいのではなく、このブログは、女性起業家さんに成功への道筋やビジネスがうまくいく方法をお伝えすることを目的としているので、「縄文杉ツアー」で学んだことをシェアしたいと思います。

 

起業の成功への近道・1
目指すところをハッキリさせる

縄文杉ツアーの目指すところは、「縄文杉」があるところ。
登山口から片道11キロ先、標高1300mあたりの地点です。

もちろん、登山の場合は、行って「終わり」ではなく、帰ってこなくてはなりません。
そのためには、往復の距離、それにかかる時間を見越して、計画的に行動することになりますね。

つまり、「いつまでに」「どの地点に」到達している必要があるか・・・を
ハッキリさせることで、ツアーがうまく進むのです。

起業やビジネスも、同じ。

起業して、成功したい。
自分の好きなことを仕事にしたい。

というのは、まだ、何を目指しているのか、ハッキリしていないんですね。

  • あなたにとっての成功とは、どのような状態となることなのか?
  • 好きなことを仕事にすることで、どうなりたいのか?
  • それを、いつまでに達成したいのか?
  • 達成するためのプロセスは、どのようなものか?

などなどを、ハッキリさせておきましょう。
特に、「いつまでに」の部分と、「プロセス」の部分が大事です。

そうすると、あ!遅れている、ペースアップしなきゃ、と気づくことができ、
結果的に、起業の成功に近づくことができるのです。

 

起業の成功への近道・2
「制約条件・ボトルネック」を見つける

 

「制約条件・ボトルネック」とは、
プロジェクトやプロセスの実行に影響を与える制限要素のこと。
(なんて、堅苦しい説明・・・(^^;))

登山では、
いちばん体力があり・いちばん歩くのが速い人に合わせたペース配分ではなく、
いちばん体力がなく・いちばん歩くのが遅い人に合わせたペース配分で進むのが、セオリーです。

そうしなければ、グループがバラバラになってしまいます。

つまり、いちばん体力がなく・いちばん歩くのが遅い人が「制約条件」であり、
その人のペースが、グループ全体のペースを決定づけることになります。

起業やビジネスにあてはめて考えると、
「制約条件」は、ビジネスの成長をペースダウンさせているもの、です。

時間が足りない、お金が足りない、人材がいない、
マネジメントスキルの不足、集客ができない、
商品やサービスの質・・・など、いろいろと考えられます。

そのなかでも、いちばんの要因はどれか?を見つけるのです。

登山の場合は、歩くのが速い人・遅い人、を区別するのはカンタンなので、
「制約条件」もカンタンに見つかります。

ビジネスは、さまざまな要素が絡み合っているので、
「制約条件」となっているものを見つけるのは、登山グループほどカンタンにはいきませんね。

とはいうものの、見つけないまま放置していても、改善されることはなく、
ビジネス全体の「足を引っ張り」、ビジネスの成長をペースダウンさせてしまいます

「制約条件は、これ!」とハッキリさせるのは、難しいかもしれませんが、
「わたしの起業・ビジネスの成長を妨げているものは、何かな?」と、
意識を向けるようにしてみてくださいね。

何を改善する必要があるのか・・・の意識をもつことで、
見えてくるもの、気づけること、があります。
そうすると、起業の成功への道が開けてきます。

 

起業の成功への近道・3
とことん「やり切る」覚悟をもつ

 

え??最後は、精神論なの?って感じですが・・・(^-^;

実は、わたし自身、今回の「縄文杉ツアー」で
学んだというか、体感したことのいちばんの収穫がコレなんです。

実は、「縄文杉」の感動よりも・・・
とことん「やり切る」ことの大切さに、あらためて気づいたんですね。

先ほど、「制約条件・ボトルネック」のことを書きました。
今回のグループで、足を引っ張っていたのは、わたし(>_<)

ヘロヘロ・クタクタ・疲労困ぱい。

正直なところ、
家族や友人たちとのプライベートなツアーだったら、
途中で、諦めていたと思います。

甘えが出るんでしょうね。

でも、今回の屋久島ツアーは、経営者仲間・コンサル仲間。
励まして、支えて、助けてもらっています。
途中からは、少しでもラクになるように・・・と、
荷物を持ってもらったり、休憩時間を多めにとってもらったり。

だからこそ、「ここで、リタイアします」と、言えないし、言わない。
一歩一歩、少しずつでも、前に足を進め、
カッコ悪くても、ガムシャラに進みます。

もちろん、本当に限界だったら、キケンです。

だけど、ふつうは、
自分の限界が来る前に「甘え」が出て、やめてしまっているだけ。
そのことに気づきました。

起業やビジネスも同じ、なんです。

失敗したら、カッコ悪い、とか。
もっとスマートに、オシャレに、とか。

言い訳。
自分の中のコダワリや執着。
ひとの目を気にする気持ち。

そういうものが邪魔をして、
すべてを「やり切る」前に、諦めてしまっていたり。

「やりたいこと」ではなかったから・・・と
出来ない理由・やらない理由を作って、自分を守ろうとしていたり。

 

起業やビジネスって、
うまくいくとき、楽しいこと、ばかりではありません。
うまくいかないとき、苦しいときの方が多いかもしれません。

せっかく、自分の好きなことで起業しているのです。
「やり切る」前に、諦めているのだとしたら、モッタイナイ。
少なくとも、自分のなかで「やり切った」といえるところまでは、やってみる

実は、それが、起業の成功への近道です。

諦めるのは、いつでもできるのですから・・・(*^-^*)

 

女性が起業するときに気を付けたいこと~ビジネスマナーを守る

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

創業塾でお会いした、ある女性のこと。
グループに分かれての自己紹介タイム。お一人が自己紹介を終えられると、即座に「おいくつですか?」と質問をしています。
質問された方も、えっ?(*_*;と困惑顔・・・

めったにしないのですが。。。思わず、注意しました。
「それ、マナー違反ですよ」

続きを読む