会計 の記事一覧

価格設定の重要性、本当に理解していますか?

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

経営のご相談で多いのが、「売上が上がりにくい」というもの。。。

お話を伺っていると、商品やサービスの価格を決める時点でミスをしているケースが多いようです。

特に、ひとりでやっているようなサービス業の方は、
価格設定を間違ってしまうと、そのあとが大変です。。。

サービス業って、たとえば
サロン系(美容室、エステ、ネイルなど)
教室、カウンセリング、セラピストなどなど・・・。女性の起業で多い分野でもありますね。

 

価格設定の重要性

 

価格設定、とても重要です。
という話をすると、皆さん、そうよね。とナットクされるんですが。。。

実際に、自分の商品やサービスに価格をつけるときには、
「相場がこれくらいだから・・・」と、意外に適当につけていたりします(^^;)

重要といいながらも、腑に落ちていないって感じでしょうか。。。

 

価格設定は、あなたの時給を決めること、でもある。

特に、サービス業の場合、お金をいただけるのは
「サービスを提供したこと」に対して、ですね。

別の見方をすると、
「サービスを提供する」=「時間を提供する」ということです。
例をあげますね。

ネイルサロンさんの場合、一人あたり、平均2時間程度、かかっています。
そのときの価格が6,000円だとしたら、時間単価は3,000円ということ。

仮に、営業時間が10時間あるとすると、ビッシリと予約を詰め込んだとしても、
1日あたりの売上は、3,000円×10時間で、3万円。

これが上限。

時給3,000円というと、パートやアルバイトの時給よりも
グッといい感じに見えると思うのです。

実は、ここに落とし穴があるんです。。。

実際には、10時間ビッシリと予約を入れることはできないですね。

時間が前後することを考えて、
多少の余裕をとっているのが普通だし、休憩時間も必要です。
また、お店やサロンのお掃除や準備の時間もありますよね。

時間単価や価格設定を考えるうえでは、
「売上が発生しない時間」も考慮する必要があることに気づいてくださいね。

 

 

価格設定で、あなたの収入の上限も決まる

 

先ほど、1日の上限売上をみましたが。。。
価格設定によって、あなたの収入の上限は、ほぼ決まっているのです。

時間単価×仕事につかえる時間=あなたの収入の上限

こういう式が成り立ちます。

ぜひ、今の価格設定を見直していきましょう。

 

数字が苦手な女性起業家さんのための、プログラム。

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

経営コンサルタント(中小企業診断士)で起業して、5年が過ぎました。

個別相談・アドバイスでお会いした
経営者さんや起業家さんは、のべ2,000人を超えました。

ざっと計算してみたら、
そんな数になっていて、自分でもビックリ・・・

うまく進んでいるからこそ、この状態をさらに伸ばすために、
コンサルティングをご依頼くださる経営者さん。

経営状態が悪くなっていて
現状打破のためのアドバイスを必要とされているケース。

さまざまな経営状態の方と会いました。

特に、経営状態が悪くなっている会社やお店の場合は、
もっと早い段階で、手を打っておけば・・・と思うことが、ほとんど。

 

経営状態が悪くなる経営者の共通点

 

でも、なぜ、早い段階で手を打てなかったのか・・・というと、
経営者・起業家さんの、「現状認識が甘かった」に尽きます。

そういう方々には、共通点があります。

それは、ご自身のビジネスを
「数字でみる」ことをしていないこと。

経理担当者に任せっきり、
税理士さんに任せっきり。

せいぜい売上チェックをする程度。

利益がどれくらいあるのか?
毎月を黒字にするために必要な売上高は、どれくらいか?
を、わかっていない人が多いんです・・・(T_T)

そういう経営者さんたちは、
経理や数字、お金のことは苦手だから・・・で、
避けようとする傾向があります。。。

そして、少しくらい売上が増えたとしても、
実は、経費がザル状態で、お金が流れ出ている。

これでは、経営を改善しようと思っても、なかなか改善しません。

 

起業しているなら「数字が苦手」と
言っている場合ではない、けれど・・・。

 

経理や数字、お金のことは苦手だから・・・と
言っている場合じゃないんですよーーーと
何度、口にしたことか・・・(T_T)

こんな経験があるので
女性起業家さんには、「仕事のお金・数字」の基本を
ぜひ、知っておいてもらいたいのです。

知っていることが、起業の「リスク」を下げることにもなります。

そうはいっても・・・

男性経営者さん以上に、数字が苦手・・・と言っている
女性起業家さんが多いーーー(>_<)

多くの女性起業家さんは、「仕事のお金の基礎知識」がないことが原因で、苦手意識があったり、ストレスになっているだけ・・・。

起業して、自分でビジネスをしている限り、「仕事のお金」を避けて通ることはできませんよね。また、「仕事のお金」の基礎知識が不足していることで、損をしたくないですよね。

数字が苦手・・・、実は、経理や数字のこと「わかったふり」をしていたかも・・・と思われたなら、先延ばしにしないでくださいね。先延ばしにすればするほど、あなたの起業やビジネスの足を引っ張ってしまう、マイナスの影響を与えてしまいますから。。。
(先延ばしにして、経営を悪くしている経営者さんをたくさん見てきました。あなたは、それは避けてくださいね)
数字が苦手な女性起業家さんのために
「仕事のお金・数字」をサクッと理解できるプログラム(動画セミナー)を作りました。
ぜひ、一度、チェックしてくださいね。

『「仕事のお金」がわかれば、あなたの起業はもっとうまくいく!
“数字が苦手”な女性起業家のための、「仕事のお金」図式化メソッド』

基本を知れば、「仕事のお金・数字」の話って難しくないんだな、ってわかります(*^^*)

起業するなら「数字に強い」経営者を目指す。その第一歩はコレを知る。

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

前回の記事で、起業するときに簿記の勉強は必要??と書きました。

簿記って、シンプルに考えれば「帳簿をつける技術」なんです。なので、まったく知らないよりは知っておいたほうが、役に立つのは事実。最低限の知識として、簿記3級の入門書に目を通してほしいな、と思っています。

それに、経営・ビジネスって、結局、すべて数字に集約できるんですね。自分ひとりでやっているサロンさんであっても、スタッフをたくさん抱えているお店であっても、同じです。大きい会社になると取引の数も多いし、子会社があったりして複雑になるだけのこと。

1年間の営業成績(売上・利益)と決算時点での財産状況を、数字で表す。これが、決算という手続き。すべてのビジネスで、この手続きは必要です。

 

数字が苦手な経営者

 

先日、経営状態が悪くなっているお店の経営者さんとの面談で、
「先月の売上はどうでしたか?」と質問をすると、
「たぶん、去年よりも悪かったと思います」という回答・・・。

「悪いのは、どれくらい?」と続けて尋ねると・・・
「ん~~、たぶん●●万円くらい・・・」と歯切れの悪い回答。

こういう計数感覚(数字に対する感覚)では、立て直しが難しいんです・・・(T_T)

まずは、毎日の売上集計、前年同月との比較を記録することから始めていただきました。

 

ベテラン経営者の見事な計数感覚

 

たしかに、数字が苦手な経営者さんは多いです。

とはいえ、そう言われていても、
長年経営をされている経営者さんの計数感覚(数字に対する感覚)は見事・・・なケースもあります。

細かい経理や簿記のことはご存じでなくても、どんぶり勘定での経営に見えても、
これくらいの売上があり、利益率はこれくらい・・・という感覚を持っています。
そして、数字で確認してみると、ほぼ近いんですね。

これ、長年の経営者としての感覚がなせるワザだな~と感心します。

でも、起業したばかりの方は、こういう計数感覚は身についていませんよね。
どんぶり勘定でやっているとキケンです(>_<)

 

起業するなら、数字に強い経営者を目指す

 

数字に強いというと、計算が得意・計算が速い人を想像しがちですが、そうではありません。

先ほどのベテラン経営者さんのように、
自分のビジネスの数字を知り、活かす人が「数字に強い経営者」

少なくとも、売上の状況・毎月の必要経費額・利益率の状態は常に把握しましょう。

 

 

まずは、この3つの理解から。

 

簿記の細かい知識はなくても、数字が苦手であったとしてもこの3つは理解してほしいんです。

  1. 損益計算書:1年間の営業成績を示すもの
  2. 貸借対照表:決算日の財産状況を示すもの
  3. 資金繰り表:お金の出入りの予定を記録し、必要なお金が足りているかをチェックするもの

損益計算書と貸借対照表は、「決算書」といわれるものです。
資金繰り表は決算書ではないのですが、日々の経営のなかで「お金が足りるか・足りないか」をチェックするための書類です。

次回は、損益計算書について、解説しますね。

自宅で起業しているときの、経費の考え方

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

女性起業家さんのなかには、
自宅を事務所としている方、自宅でエステサロンなどのサービス提供(いわゆる自宅サロン)をされている方などもおられますね。

そういう場合、家賃や光熱費の一部を経費にすることができます。
これは、自宅起業・自宅サロンのメリットの一つですね。

 

経費とは・・・

 

経費とは、ザックリというと、仕事のために使ったお金のこと。
ちなみに、収入から経費を引いた残りが「所得」。
(収入-経費=所得)

税金は、所得に対してかかります。(=所得税)
これを課税所得といいます。
税金の対象となる「所得」という意味ですね。

収入(=売上)に対して、税金がかかるのではないんです。
もちろん経費に対しても、税金はかかりません。

とはいえ、税金を少なくしたいから
経費を増やし所得を抑えるというのは、ビジネスの発想としては本末転倒。
必要のないものまで買ってしまって、
結果的に手元にお金が残らない・・・ということにもなりがち。

適正な経費の範囲を心がけましょう。(ちょっと話が脱線したので、もとに戻しましょう)

 

経費の種類には、何がある?

 

  • 交通費:出張や移動にかかった交通費
    (電車、バス、タクシー、宿泊代など)
  • 通信費:携帯電話やパソコンなどのインターネット料、切手代など
  • 新聞図書費:仕事で必要となる本、雑誌など
  • 会議費:打合せのときのお茶代など
  • 事務用品費:仕事で使用する文房具、コピー用紙など
    (消耗品費にするケースもあり)

などなど。。。いろいろなものを「経費」とすることができます。
ただし、経費扱いとするには、その経費を使ったという証明が必要です。
領収証を受け取ることを習慣にしていきましょう。

もちろん、仕事で使ったものが対象ですので、
家計と混同しないように気をつけてくださいね。

 

 

自宅サロン・自宅事務所の場合の家賃・光熱費は?

また、自宅サロン・自宅事務所で忘れてはいけないのが、
家賃と水道光熱費(電気代、ガス代、水道代)。

家賃は、仕事で使用している面積分が対象です。
全体面積と、仕事で使用している面積分の割合を出します。
これを「使用割合(仕事で使用している面積÷全体面積)」といいます。

また、光熱費も、使用割合分を経費扱いとすることができます。

「使用割合」は、むやみに変更するものではありません。
昨年は1/10だったけれど、今年は1/5にしよう・・・なんてことは避けましょう。

起業するときに、価格設定で気をつけたい3つのポイント

プロフィール写真女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。

起業相談やコンサルをしているとき、
価格設定をどうしよう・・・というご相談はよくあります。

  • 最初だから、安くしたほうがいいのかしら・・・
  • まだ自信がないからあまり高くしても・・・
  • 趣味を仕事にしているので、お金をもらうことに抵抗を感じる

その気持ちは、よーくわかります。

でも、価格を安くすることで、いいことは何もないんです。
特に、自分ひとりで事業している、ひとり起業の場合は
価格設定を低くすると、事業全体を伸ばしていくことが難しくなります。

 

起業するときの価格設定のポイント1
プロとしての適正価格を意識する

 

これから起業する方、起業直後の方とお話していると、
まだ経験が少ないから、自信がないから・・・と、
価格設定を高くすることを躊躇する人がおられます。

特に、自宅サロン(ネイルやエステなど)や、
自宅での料理教室をされている方は、
一般的な価格よりもかなり安い価格設定でされている方が多いです。

自宅だし、場所代がかかっていない。
だから、その分を安くする、という発想ですよね?

実は、この発想は危険です。

なぜなら、一度、安くしてしまうと、
それが定着してしまって値上げできなくなってしまいます。

その結果、伸び悩んでいる方、
自宅ではなくて、場所を借りる形に切り替えたいけれど
踏み出せない方が、多いんです。

先日も、自宅でネイルサロンを開業したものの、
お友達価格からの値上げができなくて、
困っているというご相談がありました。

起業して、お金をいただく立場になるということは、
あなたは「プロ」ですよね?

プロとして、適正な価格をいただくのは当然のこと。

そのための、勉強や経験を積んできているからこそ、
その分野での起業を決心されたんですもの。
もっと自信をもちましょう。

 

起業するときの価格設定のポイント2
利益が得られる価格設定にする

 

当たり前のこと・・・に感じるかもしれませんね。

でも、コンサルの現場では、
え?その価格設定では、利益ないんじゃない??と
感じる価格設定となっている場面に出会います。

赤字になる価格設定、利益が少ししかない価格・・・では
ビジネスとして続けることが厳しいですし、
なにより、あなた自身が続けていても楽しく感じられない。

本来ならば、お客さんが来てくれて嬉しい!と思うところなのに、
なんだか嬉しくない、シンドイ・・・なんてことにもなってしまいます。
(これ、実際にあった話です)

これでは、何のために
起業したのかわからなくなってしまいます。

事業をしていると、材料費などの目に見えるものだけでなく、
通信費や光熱費、保険料、交通費などなど・・・の、
さまざまな経費がかかっています。

それらを賄える価格設定をしていきましょう。

 

起業するときの価格設定のポイント3
安くするならば、理由と期間をハッキリさせる

 

それでも、やっぱり、
サロンや教室などのオープン直後の場合、
新商品などの販売直後の場合、
価格を安くしたい・・・という気持ちになってしまうかもしれません。

であるならば、価格を安くしている「理由」と
その価格は、いつまでなのかの「期間」を
ハッキリさせたうえで、安い価格設定を出してください。

具体的にいうと、
「通常価格は1万円。オープンから2か月は、7,000円」
あるいは、「モニターだから、この金額です」。

事前に、きちんと表示しておかないと、
その安い価格が、お客様のなかで定着する可能性がありますし、
そうなってしまうと、なかなか値段を上げられません。

プロとしての適正価格は、
ビジネスを続けるうえで、とても大切なポイントです。
しっかり考えて、価格設定をしていきましょう。

売上アップのためには、売上分析をしてみましょう。

分析をしましょう、というと
難しそう、面倒、と拒否反応を示される方が
少なくないのですが。

売上や利益を増やしていく、
そのための対策を考えていく、には、
現状を知ることが不可欠。

売上分析の基本・1
売上の変化を見る

過去の売上と現在の売上を比較します。

できれば数年分の売上を並べて、グラフ化すると
その変化が一目でわかります。

年単位だけでなく、月単位もグラフにすると
変化をさらに細かく見ることができますね。

そんな簡単なこと?と思われるかもしれませんが、
規模の小さい会社のコンサルの場で、
数年分をグラフでお渡しすると、
「こういう形では初めて見た」と言われるケースが多いです。

売上分析の基本・2
売上構成を見る

売上変化の様子を掴んだら、
次は、売上の「中身」を見ていきます。

最初のステップは、「売上構成」
商品別や取引先別などの売上順位を出します。
エクセルなどの並び替えの機能を使えばカンタンにできますね。

また、その商品や取引先の売上比率(※)も出してください。
※対象商品の売上÷全体売上で計算。

金額だけを見るよりも、比率で見るほうが、
どの商品やどの取引先・お客さんの売上割合が多いのかを把握しやすいです。

また、商品別、取引先・お客さん別の利益率などのデータがあれば
それも順位表をつくりましょう。

売上分析の基本・3
理由を考える

数年分のデータを並べると、変化が見えてくるはずです。

グラフ化したり、順位表を作るだけでなく、
その変化の背景にあるもの、要因を探ることが大事です。

つまり、売上が増えている商品・サービスや、
取引先・お客さんをチェックし、
なぜ、増えているのか?なぜ減っているのか?の理由を考えます。

たとえば、テレビなどで話題になった商品だったから、
お客さんへの提案がうまくできて、来店されることが増えたから。
まとまった注文をいただくことができたから。

そうやって、理由がわかれば、
さらに伸ばす方向で力を入れるのか、
すでにブームが去りつつあるので、他のものに力を入れる
などの判断ができて、売上アップの対策が立てられます。

また、利益率のよい商品などの売上を伸ばしていければ、
全体の利益率を上げていくこともできますね。

売上分析・・・
最初は、面倒に感じるかもしれませんが、
少しまとまった時間をとって、ぜひ、やってみてください。

感覚的に把握していたことと、
実態が違った・・・なんてことは、よくあります。
現状を知ることが、次の一手を考える第一歩になりますよ。

粗利(あらり)を意識していますか?

起業していると、売上を増やすことに目が向きがち。
もっと売上を増やしたい、そのためにも、お客さんを増やしたい。
起業したばかりの頃は、お客さんの数も少ないし、
売上アップ、顧客獲得を優先せざるを得ないのですが。。。

そういうときでも、
気をつけたいポイントのひとつが、粗利(あらり)。

数字が苦手、キライ・・・という方も多いので、
念のため、粗利とは何かを説明しますね。

 

粗利(あらり)とは?

 

粗利とは、商品・製品そのものから得られる利益

カフェなどの飲食店さんで、
ランチを1,000円で提供していて、材料代が300円の場合、
そのときの粗利は、700円。

商品を仕入れて、販売する小売業の場合は、
販売した価格と、仕入価格の差額が、粗利となります。
(厳密にいうと、在庫金額などの話もあるのですが、
ザックリと理解してくださいね)

ちなみに、粗利といったり、粗利益と呼ばれたりしますし、
損益計算書では、「売上総利益」となっています。
どれも、同じ数字のことを指しています。ヤヤコシイですね。

 

粗利が重要な理由

 

事業にかかる経費は、材料代だけではありませんよね。

ほかにも、家賃、水道光熱費、通信費、人件費・・・
さまざまな経費がかかります。
また、お店をオープンするときに、
お金を借りているのであれば、その返済も必要。

さまざまな経費や、借入金の返済資金の源となっているのが、
粗利」なのです。

 

では、もしも、必要な粗利が確保できなければ、
どうなるのでしょう?

手元にお金がある間は支払を続けることができますが、
そのお金がなくなると、事業が続かなくなりますよね。

事業を続けていくための、
原動力となっているものが粗利なのです。

 

粗利を意識するとは・・・

 

まずは、粗利益率を確認しましょう。

粗利益率は、粗利益を売上で割ると計算できます。
(粗利益率 = 粗利益 ÷ 売上 ×100%)

 

この粗利益率が維持できているかどうか、を
定期的にチェックしていきましょう。

たとえば、昨年は50%だったのに、
今は40%になっている・・・という場合、
このまま何も手を打たないと、
ますます下がってしまう可能性があります。

  • 仕入価格があがっている
  • 材料代を使いすぎている
  • 販売価格が下げている
  • 安易に値引きをしてしまった・・・などなど

原因を明らかにすることができれば、その対策を考えることもできます。
そうすると、気が付いたら、
全然、儲かっていなかった!!なんてことにならずにすみます。

倒産する会社の多くは、
その数年前から、粗利益率が低下傾向となっていることが多いです。

定期的にチェックすることで、早め早めに対策をうっていく。
これも、事業を続けていくうえで大切なことです。