起業がうまくいかない原因~好きなこと・やりたいこと呪縛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、あるところでお話しした方。
すでに、ご自身で活動をされているけれど、悩んでいらっしゃる様子でした。

  • いくつかやりたいことがあって、そのどれもが好き
  • 人に相談すると、Aがいいとか、Bが向いているとか、いろいろと意見をもらうけれど決めきれない
  • どうしたらいいだろう・・・

そんな話がグルグルと続いていて、ずっとそのことで悩んでこられたんだろうな・・・と感じました。

と同時に、いちばん大事な視点が欠けている、とも思いました。

だから、決めきれない、踏ん切りがつかないのではないかしら?と。

起業分野を決めるときの考え方

起業分野を考える時には、
3つの視点(やりたいこと・できること・収益があがること)が大事です。

 

その方とお話をしていて、いちばん気になったのは
「私が何をやりたいか・好きか」に視点が向かいすぎていること
その方に限ったことではなくて、女性起業家さんにはそういう方が多いです。

上の図でいうと、
「やりたいこと」(黄色の丸)と
「できること」(ピンクの丸)に意識が向いています。

「収益があがること」(水色の丸)を、ほとんど意識されていませんでした。

 

収益があがるのは、
お客さんから「必要」とされるから

起業したいけれど、決めきれない・・・という方の多くは
視点が自分自身の「やりたいこと・好きなこと」に向かいすぎているんです。

お客様から対価をいただくのであれば
相手が必要としているものは何か?

自分ができること、やりたいことで、
お客様が必要としてくれることは
どんなことがあるか?

の、視点に切り替える必要があるのです。

 

 

ですので、起業分野を決めるとき、
ベストは①のところ(3つの視点が重なるところ)。

次が、②または③のところ。
つまり、「収益があがる」と重なる部分

 

「やりたいこと」「好きなこと」は自分視点。
「収益があがること」はお客さま視点。

お客さまが対価を払ってくださるからこそ、
結果的に「収益があがる」。
だから、お客さま視点なのです。

そして、わたしが、その方とお話をしていて
いちばん大事な視点が欠けている、と感じたのも、
まさに、そこ、お客さま視点でした。

自分にできること、やりたいことで
お客さまが必要としてくれること、
喜んでいただけること、お役に立てることは何か?を考える。

もう少し、説明を加えるならば
「そもそも、どんな人に、お客さまになってもらいたいのか?」
その視点をもつことが必要なのです。

 

「起業というほど大げさではないけれど、
好きなことで、お金をいただけると嬉しい」
「金額は多くなくても、いいんです」と、その方は言われていましたが。。。

対価をいただくのであれば、
規模の大小にかかわらず、ビジネス・起業です。

ご自身では、ビジネスや起業というほど大げさには考えていない、と思っていても
その商品・サービスなどの提供には、お客さまへの責任がありますものね。

厳しい言い方になるけれど、
相手が欲しい!必要!と言ってくれなければ
仕事としては成立しなくて、それは趣味の範疇から出られない。。。

そして、残念なことに、
自分のやりたいこと・好きなことに視点を向け続けているから、
仕事や活動の範囲がご自身が理想とする状態に、
近づいて行けていないのでは・・・と感じました。

こういう方、多いですよね。
モッタイナイ。。。

早く気づかれると
グーンと広がるだろうなぁ、とつくづく思いました。

強引ではなく、お客さまの心を動かして 新規のお客さまを増やしたいと思いませんか?



集客に悩んでいます。お客さんが増えなくて困っています。
こんなご相談を聞くたびに、起業の楽しさ、醍醐味をもっと知ってもらいたいと思います。

最近、女性起業家さんのブログなどを見ていると、売上アップ・集客ということをためらっている方、迷っている方、やはり多いですよね。

あるいは、小手先だけのノウハウに振り回されてしまって、時間をムダにしている方が増えているように感じます。

「新規のお客さまを増やしたい、女性のための集客力アップ・メール講座」をお届けしています。このメール講座は、起業相談(有料)や数カ月間の起業サポートのなかでお伝えしていることがベース。無料ですが、集客のために知っておきたいことを、たっぷりお伝えしています。
​​
より多くの女性起業家さんに、役に立つ情報を知ってもらう機会を増やしたい。
​せっかくの起業で、悩んだり、苦労を感じる時間をできるだけ短くしてもらいたい。
​このように考えて、本来は有料でご提供していたものを、今回は、無料・プレゼントとしています。

今すぐ、こちらのボタンをクリックして、メール講座の内容をチェックしてくださいね。


 

集客力アップ・メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*