起業の失敗を避けるために、考えておくこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

起業したい、起業しよう!と思っているのに、
なかなかその一歩を踏み出せない・・・

そういう話をよく耳にします。
あなたも、そうですか?

一歩を踏み出せない理由、たくさんあると思うのだけど
そのひとつが、失敗が怖い。失敗したらどうしよう・・・というものですよね。

 

あなたが思う起業の失敗って、何ですか?

 

こういう質問をすると、返ってくる回答は、

  • 売上が増えないこと
  • お客さんが来ないこと
  • 利益がでないこと・・・

実は、こういうことは、失敗ではないんです。

そうなることを避けるために
何をすればいいか、を考えて手を打っていけばいいのだから。

はじめに考えていたような売上となっていないとしたら、
それは「失敗」ではなくて、
売上を増やすための活動や工夫が不足しているということ。

その起業が失敗だったかどうかの判断は、続いたかどうか。
続いているのなら、それは失敗ではないのです。。

 

 

起業の失敗を避けるには?

 

ビジネスの形を考える基本は

  1. 誰に
  2. 何を
  3. どのように

の3つの視点です。

せっかく起業したけれど、続かなかった・・・というケースを見ていると
「事前に考えておくべき視点」が抜けていることが多いのです。

それは・・・
「お金を払ってでも、必要」といってくれる人がいるかどうか。
これは、「1.誰に」の視点ですね。

そして、必要としている人とあなたとの接点を、どうやって作っていくのか。
これは、「3.どのように」の視点です。

起業の失敗を避けるためには、
「お金を払ってでも、必要とされているか?」
「その人との接点をどうやって作っていくか?」も考えて、
あなたの起業を組み立てていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*