起業に成功する、の正しい意味。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。
ブログへのご訪問、ありがとうございます!

起業したいんです、というご相談をいただくことが増えてきました。
起業するだけなら、誰でもすぐにでも、できるんです。
(個人事業だったら、税務署さんに「開業届」を出すだけですから~)

起業したいんです、という言葉のウラには、
起業に成功したい、ということですよね。
失敗したくて起業する人はいませんものね。

でも。。。

起業のご相談でお話をしている方々から受ける印象として、
どういう状態になれば、
起業に成功したといえるのか、を意識している人は
とても少ないと感じます。

 

起業に成功する、とは?

 

起業して、うまくいっている。
起業に成功した。といえるのは、どういう状態でしょうか?

テレビや雑誌などで取材されること?本を出版すること?
ブログのアクセスが増えること?
売上や年商が、○億円?○○○○万円を達成すること?

マスコミに取材されたりすると、成功した起業家のイメージをもつかもしれませんね。
そして、売上や年商規模が大きければ、
成功しているように見えるかもしれません。

ですが、ビジネス的にいうと、そうではありません。

 

起業に成功する、を正しく捉える。

 

起業するとは、自分で自分の事業を始めるということ。
スタート時点は赤字であることが、ほとんどです。
売上よりも、経費のほうが多い状態。

だから、スタートした時点では、
売上を上げることが最優先となりますね。

うまくお客さんが増えてきて、売上が増えていけば
経費よりも売上が多く、利益が出ている状態になります。
これを、黒字化といいます。

黒字(=利益が出ている状態)を続けていけるようになれば
まずは起業に成功した、といえます。

ですから。。。

起業したら、できるだけ早い時期に、
黒字化することを目標として、進んでいくことが大事です。

頑張っていきましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*