起業で、うまくいかない人が陥りがちな3つの勘違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

女性が起業する理由は、さまざまですね。

こういうものがあったらいいのに・・・で、自分で始めた人
せっかく資格をとったので、それを生かして独立したいという人
趣味が高じて、教える側になった人・・・。

生活のために自分が稼ぐ必要があり起業した人は、少数で、
自分の好きなこと・興味のあることを仕事にしたいから起業した・・・という方が多いように感じます。

好きなことで起業したときに、起こりがちな勘違いがあります。

 

「わたしが好きなことは、
お客様も同じように好きである」という勘違い

 

あなたが好きなことを、お客様も同じレベルで好きとは限らないのです。

言葉にすると、当たり前に感じるでしょう?
ですが、ご相談にいらっしゃる方の話を聞いていると、
わたしが好きなこと=お客様が好きなこと、と捉えている印象を受けます。

そして、なんで伝わらないんだろう・・・と悩まれています。

これ、自分LOVE、自分の商品LOVEな人に多い勘違い

 

「一生懸命に続けていれば、なんとかなる」
という勘違い

 

これ、女性に多いです。
男性よりも女性は、こういう思考になりがち。

男性・女性と、性別でひとくくりにすると、
人は一人一人違う!と突っ込まれそうなんですが・・・(笑)

コツコツと努力することが得意な人が、
女性のほうに多いからでしょうか。
学校での勉強だと、真面目にコツコツやっていれば、
それなりに成績が伸びましたよね。

でもね、ビジネスは、
一生懸命・真面目にやるのは当たり前。

それだけでは、誰も評価してくれませんよ。
あなたのビジネスを伸ばす・成長させることが、あなたの仕事ですもの。

 

「やり方を変えない」という勘違い

 

意外に思われるかもしれませんが、
実は、女性のほうが、頑固です。
やり方を変えようとしない人が多いんです。

今のやり方・ビジネスの進め方で手応えがない、
成果が出づらいのであれば
やり方を見直すタイミングがきているサイン。

ですが、自分の好きなことで起業していて、
自分自身としては一生懸命に取り組んでいる気持ちをお持ちで、
やり方を変えようとしない人が多数。

そして、変えようとしない理由として、
今の状態でいい、とか
これ以上、忙しくなるのはイヤなので。。。とか。
(つまり、言い訳、やらない理由を言われるんです)

これ、問題をすり替えているって気づいていますか?

今のやり方で、
期待する成果が得られていないのであれば
やり方を変えることが必要です。

今のやり方が、今の成果を生んでいるですから
今までと同じやり方で、違う成果を得る、のは難しいのです。

いわば、自動販売機で、缶コーヒーのボタンを押しながら
ペットボトルのお茶が出てきて欲しい、と、期待しているようなものです。

ペットボトルのお茶(=成果)が欲しいなら、
ペットボトルのお茶のボタンを押す(=やり方・プロセス)。

あなたは、間違ったボタンを押していませんか?

 

自分一人で、勘違いを修正するのは難しい

 

以上、3つの勘違いをお伝えしましたが。。。

起業に関する勘違いは、かなり厄介な存在です。

なぜなら。

勘違いをしていることに、自分自身では気づきにくいこと。
勘違いを生み出しているのは、
自分の思考クセが根っこにあるので、自覚しづらいんです。

期待した成果になっていないな、と感じたら、
今のやり方・自分の好きなことにコダワリ過ぎず、
違う方法も取り入れる、第三者の意見をもらうなどの方法を試してみましょう。

第三者からの意見をもらうときには、
仲のよい友達や家族などではなく、
専門家からの意見をもらうようにしてください。

お友達やご家族は、
頑張ってね、と慰めたり、励ましたりしてくれますが、
あなたの勘違いを指摘することができません。

必要なのは、プロの視点からの客観的なアドバイスです

せっかく起業しているのに、思うような成果がでなくて、
苦しい思いを続けるのはイヤですよね。
勘違いから抜け出して、
起業してよかった!起業して楽しい!といえる状態になってくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*