起業するなら「数字に強い」経営者を目指す。その第一歩はコレを知る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

前回の記事で、起業するときに簿記の勉強は必要??と書きました。

簿記って、シンプルに考えれば「帳簿をつける技術」なんです。なので、まったく知らないよりは知っておいたほうが、役に立つのは事実。最低限の知識として、簿記3級の入門書に目を通してほしいな、と思っています。

それに、経営・ビジネスって、結局、すべて数字に集約できるんですね。自分ひとりでやっているサロンさんであっても、スタッフをたくさん抱えているお店であっても、同じです。大きい会社になると取引の数も多いし、子会社があったりして複雑になるだけのこと。

1年間の営業成績(売上・利益)と決算時点での財産状況を、数字で表す。これが、決算という手続き。すべてのビジネスで、この手続きは必要です。

 

数字が苦手な経営者

 

先日、経営状態が悪くなっているお店の経営者さんとの面談で、
「先月の売上はどうでしたか?」と質問をすると、
「たぶん、去年よりも悪かったと思います」という回答・・・。

「悪いのは、どれくらい?」と続けて尋ねると・・・
「ん~~、たぶん●●万円くらい・・・」と歯切れの悪い回答。

こういう計数感覚(数字に対する感覚)では、立て直しが難しいんです・・・(T_T)

まずは、毎日の売上集計、前年同月との比較を記録することから始めていただきました。

 

ベテラン経営者の見事な計数感覚

 

たしかに、数字が苦手な経営者さんは多いです。

とはいえ、そう言われていても、
長年経営をされている経営者さんの計数感覚(数字に対する感覚)は見事・・・なケースもあります。

細かい経理や簿記のことはご存じでなくても、どんぶり勘定での経営に見えても、
これくらいの売上があり、利益率はこれくらい・・・という感覚を持っています。
そして、数字で確認してみると、ほぼ近いんですね。

これ、長年の経営者としての感覚がなせるワザだな~と感心します。

でも、起業したばかりの方は、こういう計数感覚は身についていませんよね。
どんぶり勘定でやっているとキケンです(>_<)

 

起業するなら、数字に強い経営者を目指す

 

数字に強いというと、計算が得意・計算が速い人を想像しがちですが、そうではありません。

先ほどのベテラン経営者さんのように、
自分のビジネスの数字を知り、活かす人が「数字に強い経営者」

少なくとも、売上の状況・毎月の必要経費額・利益率の状態は常に把握しましょう。

 

 

まずは、この3つの理解から。

 

簿記の細かい知識はなくても、数字が苦手であったとしてもこの3つは理解してほしいんです。

  1. 損益計算書:1年間の営業成績を示すもの
  2. 貸借対照表:決算日の財産状況を示すもの
  3. 資金繰り表:お金の出入りの予定を記録し、必要なお金が足りているかをチェックするもの

損益計算書と貸借対照表は、「決算書」といわれるものです。
資金繰り表は決算書ではないのですが、日々の経営のなかで「お金が足りるか・足りないか」をチェックするための書類です。

次回は、損益計算書について、解説しますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*