起業するとき、簿記の勉強は必要ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。プロフィール写真 ラインなど

女性起業家さんとお話をしていると、お金・数字のことは苦手~~~という方が多いです。

でも、起業すると、「お金」や「数字」の話を避けることができません。。。
これから数回に分けて「お金」のこと、「経理や会計」のことなどをお伝えしていこうと考えています。

 

簿記の勉強をしたほうがいい?

 

これ、意外に、よくいただく質問です。

お金のこと、経理のことが苦手。簿記の勉強をしたことがない。
でも、起業するとなると、やっぱり簿記の勉強をしたほうがいいですか?って。

簿記の知識がない・・・というだけで、よけいに不安が大きくなりますよね。

特に、起業したばかりで、個人事業主で・・・となると、
おそらく、帳簿つけなどを専門の方にお願いするほどの金額ではなく、
自分で帳簿をつけて(会計ソフトに入力して)、確定申告をする・・・ということになると思います。

まったく簿記がわからない・・・よりも、知っているほうがいいのは事実なので、
わたしは、簿記3級の入門書に目を通すことをオススメしています。
ザックリでいいので、簿記とは何か?決算書の構造などを知っておくと、苦手意識が薄れますよ。

もちろん、簿記の検定試験を受けたり、資格をとる、までは必要ありませんよ(^^;)
そこに時間を使うくらいなら、売上アップのための活動をしてくださいねー

 

簿記の原理は、最低限、コレを知っておく

 

簿記の基本構造・簿記の原理として、
最低限、コレを知っておけば、本を読むときに頭に入りやすくなります。

それは、簿記は「2つの視点から取引を記録している」ということ。

複式簿記っていいますよね?

この「複式」というのが、「2つの視点から記録する」ってことなのです。

具体例をだすと・・・現金1万円の売上があった場合
簿記の視点では以下のように考えます。

  • 現金が、10,000円増えた
  • 売上が、10,000円増えた

というように考えるんです。

これを、記録するときには(←これを「仕訳(しわけ)」といいます)
「現金:10,000円/売上:10,000円」という形で記録をします。
(会計ソフトでは、こういう形で記録されています)

ややこしいですか?

まずは、簿記は「2つの視点から、取引を記録している」んだな~と、
頭にいれておきましょう。

これが、頭の片隅にあると、簿記の入門書を読んだときの理解が早まりますよ。
とりあえず、今日はここまでです(*^-^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*