女性が起業するときに、家族を応援団にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

女性起業家さんとお話していて、よく出てくるお悩みが、
「家族の協力が得られにくい」
「家族が理解してくれない」というもの。

せっかく起業しているのですから
ご家族(特にご主人!)の理解と協力があると
心強いですよね。

ポイント1
我が家のルールを決める。

 

当たり前、と思われるかもしれませんが、
お悩み中の女性起業家さんの話を聞いていると、
案外、きちんと話をされていないケースが多いです。

なんとなく、なぁなぁになっていて、
わたしばっかり・・・と負担感を募らせている。

そうではなく、一度、きちんとルール設定をしてみてはどうかな?
たとえば・・・

  • 1日に何時間、働くのか
  • 休みはいつとるのか
  • 家事の役割分担はどうするのか
  • 月の売上は、どれくらいか
  • 家賃や家計費の負担などのお金関係 などなど・・・

起業する前と起業したあとでは、時間やお金の使い方が変わります。
そのあたりを、しっかりと踏まえたうえで、
「我が家のルール」を決めることをオススメします。

 

ポイント2
事前に相談する形をとる

 

これから起業されるのであれば、しっかりと話をしてくださいね。

  • なぜ、起業したいのか?
  • なんのために起業するのか?
  • 起業したあと、どうなりたいのか?などなど。。。

いちばん身近な、家族やご主人をナットクさせることができなければ
赤の他人のお客様を満足させたり、ナットクさせたりはできないかもしれませんよ。

そういう意味では、起業に関して、
家族をナットクさせられるかどうかは大きなポイントですね。

起業すると、自分で考えて、自分で決めて・・・ということが増えます。
そのため起業して経験を積むほど、決断力や行動力がアップします。

でもね。
家族に応援団になってもらう・・・という発想からみると、
女性起業家さんに、決断力や行動力がつけばつくほどキケンです。(笑)

パシパシッと自分だけで決めてしまうことが増えると
ご主人やご家族には、事後報告となりがちです。

「それ、ご家族に話をされてます?」と聞くと、
「いいんです、どうせ文句言われるだけなんで・・・」と。

これでは、ご家族やご主人も、面白くないですよね?
やはり、大事な局面では、事前に相談する形をとって
ご主人を立ててあげてくださいね~。
(たとえ、あなたの中では結論が出ていることであっても^^)

 

ポイント3
感謝の気持ちを伝える

 

わたしは頑張っているのに、なんで協力してくれないの??
という思いを持つ人がおられます。
(実際、これに似たようなことを言われる方は多いので・・・)

そう言いたい気持ちは、よ~~くわかります。

でも、それを言ったところで、
あなたを取り巻く状況は、悪くなることはあっても
良くなることはないってことは、
あなた自身も、理解されていると思うんです。

まずは、感謝の気持ちを伝えることから
始めてみてはどうかな?

あなたのおかげで、私は頑張れているのよ、
ありがとう・・・と言ってみて♪

感謝の気持ちをきちんと伝えることができれば、
物事が悪い方向に進むことはないはず。
「ありがとう」と言われて、いやな気持になる人はいませんもの。

 

ご家族・ご主人と、しっかりと話し合って
あなたの起業の応援団になってもらいましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*