売上ゼロ・顧客ゼロからの、ビジネスの始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業準備中や起業直後の方から、
売上をどうやってつくっていけばいいのか?が
そもそもわからない、
と、ご相談をいただくことがあります。

売上ゼロ・お客さまゼロの状態を、
売上あり・お客さまありの状態にもっていく。
この「ゼロ」から「1」を生み出すときがイチバンしんどい。

最初は何からすればいいのでしょうか?

「実績」や「経験」を先につくる

でも、お客様がいないのに、
「実績・経験」なんて作れないんじゃない?と言われそうです。

たしかに、そう思ってしまいそうですよね。

実績・経験をつくる方法としては、たとえば・・・

  • 低価格でのサービス提供で、実績をつくる
  • 友人にモニターをお願いして「お客様の声」をとる
  • 試食や試供品などの配布で「お客様の声」を獲得 などなど

考えれば、あなたのビジネスでもできることがあるはずです。

 

具体的には、どうするの?

実は、ずいぶん前ですが(たぶん20年くらい前)
わたし自身、今の女性起業コンサルタントとは別の活動をしていた時期があります。
(今でいう、自宅サロン・サロネーゼのような教室系の内容です)

当時は、会社員だったので、副業ですが、
最終的には、月10~20万円の副業収入がありました。

最初のステップは、
自分で企画した、低価格でのセミナー開催

当時は、現在のようなインターネットを使っての集客ではなくて、
友人や知人に声をかけて、
さらに、その友人・知人を連れてきてもらい、参加者を増やしていきました。

この段階でのセミナーは、赤字でした。
会場費、チラシ作成・印刷、セミナーでの材料などの方が多くて
正直なところ、何やってんだか・・・とも思いましたが。

でも、当時は、「実績」といえるものがなかったので
その「実績」と「お客様の感想・声」が欲しいなぁと思ったのです。

 

「実績・経験、お客様の声」の生かし方

もちろん、このような低価格での提供を続けていても、
多少の売上があるだけで、利益がでる状態にはなりません。

当時のわたしも、同じように感じていました。

では、どうしよう??

そのときには、他のスクールさんにアプローチしてみよう・・・と考えました。
対象は、わたしがやっていた内容に関連する講座をもっているスクールさんです。
(カラーコーディネートやインテリアなど)

そこで、セミナーの開催実績や写真をつけて、
プロフィールをスクールさんに送ってみました。
もちろん、スクールへのコネはありませんが、ダメモトで送ってみようと。
※当時は気づきませんでしたが、これ、意外に、皆さんやらないんですよね。

そうすると、20数件送ったなかから、3件の連絡をいただくことができたんですね。
(DMの確率としては悪くないでしょ?)

そのうち、2件のスクールさんで、
単発講座を担当し、複数回の講座の形に発展していきました。
そして、最終的には、副業で月に10~20万円くらいの収入になったのです。

そのあと、思うところがあって
中小企業診断士・コンサルタントの方向に進むことになり、
スクールでの講座は、友人に引き継いでもらったのですが。。。

なぜ、以前のわたしの話をお伝えしたかというと。。。

当時も、何人かの方から、どうやってスクールの仕事を受注したの?その秘訣は?と、
聞かれたので、今のようなプロセスをお伝えしていました。
でも、正直なところ、当時のわたしは、
なぜその実績につながったのかが、よくわかっていませんでした。

そのあと、何人かの人にも試してもらうと、
それなりの結果がでることが分かってきて、手順としてまとめていきました。
(コンサルタントとして活動する前のことです)

で、今も、わたしのクライアントさんに実践していただいてます。

もちろん、クライアントの事業内容などで、取り組み方は変わりますが
先に、実績・お客様の声をつくり、
そのあと、大きく展開させていく、という流れは同じです。

売上を早くあげたい、早く安定させたい・・・気持ちはわかります。

でも、そう思えば思うほど焦りがでて、お客様は逃げていきます。
そのため、なかなか結果が出ない・・・というスパイラルに陥ってしまいます。

回り道をしているように感じるかもしれませんが、
いきなり、お客様を獲得しよう!売上をあげよう!とするのではなく、
実績をつくること、お客様の声の獲得、に集中することをオススメします。


売り込まずに「売れる」ビジネスをつくる、7つのポイントを
7日間のメールセミナーの形で、お送りしています。

この記事の下の方に、メールセミナーへの登録フォームがあります。
どうぞご活用くださいね!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*