商品・サービス選びで、お客様を迷わせていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

今日は、わたし自身の体験を書きますね。

実は、先日、「くるくるドライヤー」が壊れてしまい、
近くの某大手家電ショップに買いに行きました。

が、あまりにも、たくさん並んでいて。。。

 

たくさんありすぎて、選べない。

 

 

価格は、1,000円程度~1万円を超えるものまで、かなり幅広い。
価格帯でいうと、1,000円前後の低価格帯が2種類
3,000~4,000円程度の中間価格帯が、いちばん種類が多く、
8,000円~1万円超えの高価格帯は3種類くらい。

機能の違いも、マイナスイオンがでるもの・でないもの、
「ナノなんとか」という更に高性能っぽいものもあります。

そういう機能がついているものは、
ほとんどが、髪が傷みにくいことを強調しているんですが、
実際のところ、どうなんでしょう???

本当に髪が傷みにくいのか、
何がどう違うのか、説明もされていません。
よくわからない・・・が正直なところ。

 

決め手となったのは・・・

 

で、結局、どうしたかというと、
中間価格帯の、マイナスイオンのものにしました。

判断基準としたのは、
髪が傷みにくいかどうか・・・ではなく、「重さ」でした。

実は、くるくるタイプではないドライヤーで、
某メーカーの高性能タイプのドライヤーも持っているんです。
けっこうお値段も高いタイプ。
たしかにそれを使うと、手触りが違う感じもするのですが。。。

でも、そのドライヤーが重すぎて、使いづらい。
髪を乾かし終わると、腕が疲れてしまうので、
結果的にあまり使わなくなってしまった・・・泣

そういう過去の経験があるので、
最終的には、値段がソコソコ、機能もそれなりで、
あまり重くないものを選んだのでした。

 

お客様を迷わせていませんか?

 

選択肢がたくさんありすぎることが、
お客さんを迷わせてしまっていることはよくあります。

迷ったお客さんは、どうするか?というと、
結局、「価格」で判断して、選ぶことになりがちです。

ひとつひとつ検証して、判断して、選ぶという、
手間をかけることを面倒に感じてしまい、
結果的に、いちばん違いがわかりやすい「価格」で選ぶことなるのです。

せっかくのいい商品・サービスが選ばれないのは、
選択肢がありすぎるなかに埋もれてしまって
その商品・サービスの「価値」が伝わっていないことが原因です。

 

改善するには、どうする?

 

こういう状態を改善する方法として
お客さまが判断できる程度に、選択肢を絞り込むことが有効です。

たとえば、メニューが多すぎる飲食店や美容系サロンさん。けっこう見かけます。
こういう場合、いったんメニュー内容を絞り込むことをオススメしています。

選択肢を絞り込むのとは別の方法としては、
選びやすくなる手助けをするという方法もありますね。

しっかりと商品説明ができて、お客様のニーズに合わせた商品をオススメできる
スタッフさんがいると、ありがたいですよね?
あるいは、スタッフの代わりに、POPをうまく使うという手もあります。

あなたのお店・サロンでは、お客様を迷わせていませんか?
お客様は、どういう基準で商品・サービスを選んでいるのかな?という視点で
ぜひ、見直しをしてくださいね。

 

【セミナー開催情報】

わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら→わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*