事業計画、持っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

中小企業の経営者や、女性起業家さんに、
事業計画(ビジネスプラン)を持っていますか?と質問すると・・・

  • つくり方がわからない
  • 作ってもその通りに進まないから、つくる必要がない
  • 銀行からお金を借りるときに作っただけ

と言われることがほとんど。

事業計画の役割

 

事業計画をつくるのは、
銀行からお金を借りるため、だけではありません。

実は、事業計画には、もっと大事な役割があります。

事業計画は、
ビジネスの全体像をハッキリさせるために必要なものなのです。

これから起業するのであっても、
すでに事業を行っているのであっても、
ビジネスを進めるうえで必要となるのが
全体を俯瞰する力・全体像をつかむこと。

事業計画を考えることで、
ビジネス全体を俯瞰する力を鍛え、
起業をうまく進めることができます。

 

事業計画は、自分自身のためにつくる

 

事業計画書には、大きく分けると二つあります。

ひとつは、銀行などの金融機関、あるいは投資家などの
外部の人たちに見せるためのもの。

数値計画(売上や利益などの目標数値)が
メインとなっているもの。

一般的には、事業計画というと、
こちらのほうをイメージされることが多いですし、
本屋さんに並んでいる「事業計画のつくり方」の本も、
ほとんどが、こちらの事業計画について解説されています。

そして、もう一つは、自分自身のためのもの。

創業塾などで、「事業計画・ビジネスプラン」の講義を
担当することがあるのですが、
これは、自分自身のために作ってもらうもの、です。

 

自分のための事業計画・ビジネスプランとは

 

自分のための事業計画では、
数値計画を作ることだけ、が目的ではなく、
あなた自身の起業(ビジネス)の全体像を作ることが目的です。

  • 何のために、起業するのか・ビジネスするのか
  • どこを目指しているのか。
  • あなたのお客さんは、どんな人たちで、
  • あなたが提供する商品・サービスはどんなものか、
  • 商品・サービスには、どんなか特徴をもっているのか。

などなど・・・を一つ一つ、整理していくことで、
ビジネスの全体像を構築していきましょう。
それが、あなた自身の事業計画になっていきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*