セミナー集客事例:定員を超えるお申込をいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも、経営に関することなどを書いていて、
ちょっと堅苦しい??ので。。。

今日は少し違った話を書いてみますね。

タイトルに「セミナー集客事例」と書きましたが、
クライアントさんの事例ではなく、わたし自身の話です(笑)

先日、セミナーがありました。
あ、わたしが講師ではなく、講師は別のコンサルタントです。
わたしは、告知・集客をお手伝いしました。

そのセミナー、結果的に定員を超えるお申込をいただき、
キャンセル待ちがでるほど。
(ご参加くださった皆さま、ありがとうございます!)

今回のセミナー告知をベースとして、集客のコツを考えてみたいと思います。

 

テーマ設定・商品の重要性

セミナータイトルは、「ネット集客スタートセミナー」

これが、わかりやすい!!
(ちなみに、このセミナータイトルは講師の方がつけられたものです)

「スタート」とついているので、
これから始めたい方や、あまり知識がないけれど、取り組んでみたい方が
知りたい情報を教えてもらえそう・・・と思いますよね。

この「わかりやすさ」がとても大事なんですね。
特に、セミナーや講座などは、「形のないもの」なので、
何をするのか?何を知ることができるのか?がわかりやすいことが重要です。

とはいえ、実は、このセミナーをやっていただくのは2回目です。
前回もほぼ満席だったのですが、今回はお申込の勢い・反応が違いました。

これ、どうしてかな?と考えると、
理由として、2つあることに気づきました。

 

お知らせした相手の違い

 

前回は、はじめに講師の方が告知をされていて、
そのあとで、こちらで、メルマガなどでご案内をしました。
ただ、講師の方が、セミナー開催地の人ではなく、
そういう点では、「リスト」がズレた状態だったのかもしれません。

今回は、わたしの講座の受講生さんや、以前のスクールの参加者さんが中心。
(「わたしスタイル起業塾」という講座を主宰しています)

そのなかには起業準備中~起業初期段階の方が多いので、
今回のセミナーに参加してほしい人と、ご案内をした人が
うまくマッチングしていたのだろうと。。。

これ、サラッと書きましたが、大事なことです。

必要としている人に、必要なものを届ける。
これが、ビジネスの基本。

必要としていない人に、どれだけオススメしても
振りむいてはもらえませんよね?
(こうなっているケース、案外、多いです)

もちろん、その方々にお知らせをしたのは、
本当に、大切なこと・必要なことだから知ってほしい・・・と思ったから。

少し話が脱線しますが。。。

最近は、起業前後の方々が、
ブログやSNSなどで情報発信をされているケースが多いですね。

でも、スタートアップの段階で、間違った方法で始めてしまうと
時間がかかる、回り道になる、結果的に売上があがりにくい、などの
余計な苦労が増えてしまうのです。

だから、「正しい」方法、回り道にならない方法で
始めていただきたいな~と思って、ご案内をしました。

告知方法・回数の違い

今回、使った方法は、4つです。

  1. 講座内でのお知らせ(対面)
  2. Facebookグループでのお知らせ
  3. メールマガジンでのお知らせ
  4. Facebookでのイベント告知
    ※今回は、ブログや紙媒体などは使いませんでしたが、規模や内容によって方法を変えるといいですね。

これらを同時にやったのではなく、少しずつ時期をずらして行いました。
つまり、複数回、その情報に触れてもらえるようにしたのです。

情報を発信する側は、一度お伝えすると、相手に伝わっていると思いがち。
実は、そうではありません。

後回しにされている、見たけれど覚えてもらえていない、
そもそも見ていない・・・なんてことは、多いです。
あなた自身も、そういうこと、ありますよね?

だから、複数回のお知らせは必要。
最低でも3回は、お知らせする。
1回、情報発信をして終わり、ではなく。←案外、これも多いです

まぁ、こういうことが、うまく組み合わさったことで
定員を超えるお申込をいただけたのだろうと、考えています。

長くなったので、ポイントをまとめますね。

  1. テーマ設定・商品のわかりやすさ。何をするのか?が伝わりやすいこと。
    特に、セミナーは、タイトルが大切。
  2. 参加してほしい人(ターゲット)を明確にし、その人たちに情報を届ける。
  3. 告知は、複数回&手法を変えて行うことで、知ってもらう機会を増やす。

以上、参考にしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*