セミナーでの学びを、自分のビジネスに活かす3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性起業コンサルタント・中小企業診断士の千葉真弓です。プロフィール写真

セミナーや講座を受講されることは、多いですか?少ないですか?

わたしの場合、講師としてセミナーでお話させていただくこともあれば、自分自身の学びのために受講することもあります。

せっかく時間とお金を使ってセミナーや講座を受講しているのですから、自分のビジネスへの生かし方を知っておきましょう!

 

ポイント1:
受講の目的をハッキリさせる

 

そのセミナーや講座を受けるのは、
何を知りたいのか?何に対する学びが欲しいのか?を
意識して、受講しましょう。

それを意識しておくだけで、学べるポイントや気づきが増えます。

 

ポイント2:
自分のビジネスで実践するには?という視点で聞く

 

セミナーや講座を受講するときに、
「そんなこと、知っている」「知っていることばかりだ」という
態度で聞かれている方がおられます。

とはいうものの、知っていること・聞いたことがあるのと、
実践して成果を出しているのでは、段階が違います。

知っている・聞いたことがあるけれども、
まだ、自分のビジネスに取り入れていないのであれば、
それを実践するには、どうすればいいかな?という意識をもっていきましょう。

 

ポイント3:
学んだことは、即、実践する

 

セミナーや講座をたくさん受講しているけれど、
なかなか成果が出ないという話を聞くことがあります。

いちばんの原因は、実践していないから。

ひとつ、ふたつでもいいので、まずは即、実践しましょう。
実際にやってみないと、うまくいくかどうか・・・なんて、わかりませんもの。

ちなみに、わたし自身が講師をするときには、
学んだこと・気づいたことを、ひとつでもいいので、
48時間以内に実践しましょう!とお伝えするようにしています。

セミナーや講座を受講したら、その日のうちに(←ここポイントです!)
コレとコレをやってみよう!と手帳などに書き出しておくといいですよ。

わたし自身は、セミナーや講座からの移動時間(電車や飛行機の中など)に、
いつも持ち歩いている「ふせん」に
気づいたこと、試してみることを書き出すようにしています。

その日のうちに書き出すと、記憶・気づきが薄れないですものね。

 

セミナーや講座で学んだことを、実行する人は1割くらい・・・と言われています。
せっかく時間とお金を使っているのですから、あなたはその「1割の人」になりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*