スタッフ教育の落とし穴と、ポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、続けて2件、美容室のコンサルティングでした。
地域は違うのですが、スタッフさんの人数などの規模が10人弱と、
ほぼ同じくらいで、相談内容もほぼ同じ。

 

ご相談の内容は?

 

ベテランさんは、自分で売上を作れるのだけれど、
若いスタッフさんは接客技術が低く、売上を作れない。
どうしたらいいか?というものでした。

どちらのお店も、スタッフさんの教育に力を入れておられます。
ですが、経験の浅いスタッフさん・若いスタッフさんは、
売上を伸ばせない・・・。

お話をしたオーナーさんは、
以前は、ベテランの人、売上が作れる人から学ぼうとしたものだけど、
最近はそれを言っても伝わらない・・・と嘆いておられました。

 

美容室に限ったことではなく・・・

 

美容室さんに限らず、スタッフ教育に頭を悩ませておられる経営者は多いです。

アロママッサージのサロンオーナーさんが、
スタッフが担当したお客さんのリピート率が極端に低いと、悩んでいたり。

会社員時代にNo.1営業マンだった社長さんが、
社員の営業力が低い・・・と言われていたり。

 

スタッフ教育のポイントは?

 

サロンオーナーや経営者は、自分自身ができているので、
スタッフも経験を積めば、いずれできるようになる・・・と
思ってしまいがちです。

実は、そこに、落とし穴があります。

こんなことを言ってしまうと、身も蓋もないのですが、
社長やオーナーと同じレベルの接客力、営業力を期待しないほうがいいのです。

もし、同じレベル、それに近いレベルであれば、さっさと独立してしまいます。
特に、美容室、エステなどのサロン系では、
自分のお店をもつ、独立する、のが目標という人が多いですから。

また、「経験を積めば、いずれできるようになる」のを待っていたら、
残念ながら、いつまでたっても売上は伸びません。
それほど悠長にしている時間はないはずですよね?

「同じレベルが期待できない」ことを前提として、
スタッフ教育を考えていただくとして。。。

では、何をすればいいのか?というと、
まずは「売れている人」のマネをさせること。

とはいえ、「マネをしなさい」というだけでは、できませんよね
それでできるようなら、もうすでにやってます・・・(笑)

 

「マネ」をするポイントは?

 

声をかけるタイミング、話の順序・構成、話の内容など、
着目するポイントを絞って、コツをつかむようにします。

ベテランの人に書き出してもらえばいいのでは?と
思われるかもしれませんね。

実は、「できている人」は、
なぜ、自分が出来ているのか?を説明できないことが多いです。

自分でもよくわからないけれど、結果がでているというケースや
もともと、できる人だったというケースが多いので、
自分が出来ていることを、他人が出来るようにするのは難しいのです。

ですから、ひとつひとつのポイントを絞って、
コツを掴ませる必要があるのです。

スタッフ教育の応用として、
あるお店では、接客の様子をビデオ撮影して、
ミーティングの教材にしたということもあります。

あるいは、商品をオススメするときのセールストークのシナリオを作って
お客様に確実に「商品価値」を伝えるトレーニングをしていただくこともあります。

つまり、出来ないことを前提として、
何を学べばいいのか、何をする必要があるのかを
体系的に教えていくということが大切なのです。

コンサルティングの現場では、このようなことをやっています。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*