お客様との関係を長続きさせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「創業スクール」の受講生さんたちとの懇親会に参加してきました。

この「創業スクール」は、2014年9月~10月にかけて
商工会連合会さんが主催されたもので、女性限定でした。
わたしは講師として、起業全般について講義をさせていただきました。

10月に終了したあとも、
12月の忘年会、3月の懇親会(ほんとはお花見をする予定だったのですが)と
皆さんとのお付き合いが続いています。

実は、ほかの「創業スクール」で講師をしていた方から、
スクール終了後もその関係が続いているなんて、珍しいですね・・・と、
言われました。

そうなんだ~~と驚き、だったのですが。。。

わたし自身は、受講生さんたちの「その後」も気になるし、
起業したい!という思いをもった女性の集まりなので、
受講生さん同士のつながりを深めてもらえたらいいな・・・と思って
忘年会や懇親会の機会をつくってもらっただけ、なのですけどね^^

ところで、ビジネスを成長・継続するうえで大切なことは
リピートしてもらうことだ、と、あなたも聞かれたことがあるでしょう?

創業スクールの受講生さんたち、
厳密にいうと「お客様」という表現は適切ではないのですが。。。
お客様との関係づくりという点で、参考になれば・・・ということで
ポイントを記事にまとめてみますね。

 

お店やサロンをリピートしない理由

 

お店やサロンをリピートしない理由のトップは、
「なんとなく」とか、「忘れていた」だと言われています。

リピートしてもらう、
言い方を変えれば「お客様との関係を長く続ける」ためには
「忘れられない」ための工夫が必要ということ。

 


「お客様と長く続く関係づくり」のポイント

お客様との関係・・・といっても、基本は人間関係をどう作っていくか?です。

1.共通点を増やす。
共通するもの(人間関係、価値観、趣味etc)が多ければ多いほど、
親密になることができますよね。

先ほどの「創業スクール」の受講生さんたちとは、
スクールでのつながり、人間関係、考え方など、
共通するものがたくさんあるので続きやすいということでしょうね。

2.接触回数を増やす。
お客様とお話する、お会いする回数が増えれば増えるほど、親しくなれますよね。
事業内容にもよりますが、お店でのイベントを企画して参加してもらう、
ランチ会やお茶会などの気軽に参加できる機会をつくる。

3.定期的に、あなたの情報をお届けする。
メールマガジンやニュースレターなどで、
定期的にあなたやあなたのお店の情報をお届けできる取り組みをやっておく。
ご利用が途絶えているお客様には、
「その後、どうされていますか?」など、コンタクトをとってみる。

4.相手の役に立つことを心がける。
当たり前・・・と思われるかもしれませんが、
案外、自分の都合だけで接点をもとうとしているケースも多いのです。
まずは、お客様ありき。
あなたの都合ではなく、お客様が必要としているものは何か?を考えていきましょう。

5.断られても、へこまない。
ちょっと、ヘンな項目なのですが(笑)、あえて、入れておきますね。
断られてしまうと、へこんでしまう。
だから、イベントなどはやりたくない・・・という人もおられます。
お客様には、お客様の都合やご予定があります。
必ずしも、あなたのことを嫌っていて?断っているのではないはず。

 

リピートしてもらいたいな、と思っているだけでなく、
「お客さまとのつながり」を保つ工夫を、積極的に取り入れてくださいね!

あなたのビジネスの参考にしていただけると、嬉しいです!

 

【セミナー開催情報】

わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら→わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*