「起業準備が進まないのは、複雑に考えすぎていたからなんですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、女性起業コンサルタントの千葉真弓です。

先日、起業準備中とおっしゃる方とお話する機会がありました。

いくつか不安や疑問をもっていらっしゃるようで。。。
コンサルティングやご相談のシーンではなかったので、
お話されているのを聞いていただけなのですが。

ある起業準備中の方のお悩み

 

「起業すると、帳簿をつけるのはどうしたらいいんでしょうか?
経理の仕事をした経験もないし、簿記も勉強したことがないんです。
大丈夫でしょうか。。。」

「もし、ご近所の人に何か言われたら、どうしたらいいんでしょうか?」
「手続きとか、どうしたらいいのか知らないし。。。」

「事業内容も、○○もやりたいし、△△も取り入れたいし・・・」

なんというか・・・
物事を、複雑に複雑に、ややこしい方向に考えておられる様子

これでは、起業に興味がある、起業したい、と言っていても
なかなか一歩を踏み出せないのも、わかるような気がします。

 

わざわざ物事を複雑にしない。

 

経理や簿記、会計などの知識ゼロでは、やはり不安がありますが、
最低限の知識として「簿記3級の入門テキスト」を読んで、用語に慣れておけばいいでしょう。

帳簿をつける、決算をする、申告手続きをする、などの業務は
会計事務所や税理士事務所などの専門家にお願いすることもできます
税務署でも講習会などを開催しているので、なんとかなります。

手続きはどうするんですか?と、ご質問をいただくこともあるのですが、
そういう事務的なことは、
お近くの商工会議所や商工会などの相談窓口で教えてもらえますよ。

また、ご近所の人に、「何か言われたら」と不安?を口にされているのですが、
いったい、「何」を言われるのでしょう??
まだ、何も言われていませんよね。

ご自分で不安を作りだして、複雑に考えすぎているんですね。

 

カンペキな起業準備はムリ、と割り切る。

 

入念に準備すること、さまざまな角度から考えて手を打つことは大事です。

でも、カンペキに起業準備できた、と思っていても
実際にスタートすると、当初の思惑通りに進まないことはよくあること。
そういうのは不安、完璧に準備したい・・・というタイプの人は
起業されないほうがいいかも、しれませんね。

起業準備をしていると、
知らないこと、わからないことが次々に出てきて、
「わたしに出来るんだろうか?」と不安になるときがあります。

そういうときに大事なのは、
あなたが「知っていること」「知らないこと」の区別をつけること。

自分が何を知っていて、何を知らないのか、の整理が出来ていないことが
不安や迷いのもとになったり、複雑になったりしているのです。

不安を自分で作りださないようにね。気を付けていきましょう。

 

【セミナー開催情報】

わたしスタイル起業塾・第3期【プレセミナー】
「“最小の経費”で、“最大の集客”を実現する5つのポイント」(4月25日・土)
詳しくは、こちら→わたしスタイル起業塾・第3期 プレセミナー&説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*